5年生 11/11

マルチグランドでの練習と、6年生との合同の練習と、いい条件が揃いグランドを広く使ったいい練習ができました。前回のスクール大会で色々なチームの戦い方を見せてもらい、豊中5年生として今後どう戦っていくか考えていく上で、有意義な練習になりました。豊中6年生のグランドを広く使うラグビーを経験させてもらい大変勉強になりました。最後は混合チーム5チームで横幅の広いグランドでゲームを繰り返し、みんな何かを感じれたと思います。

練習メニュー
①20秒ラン
②ハンドリングスキルからつなぎのプレースキル
③アンストラクチャーからのライン攻撃
④5チームでの横幅広いグランドでのミニゲーム

ゲームの中でボールをどこに動かして、いかに有利にゲームを進めていくか、しっかり考えていきましょう。その先に今の5年生チームの戦い方が見えてくると思います。全員で真剣に考え、大きな目標に向かって戦い方を見つけましょう。

11/11 小学2年生 練習内容

11/11 小学2年生練習内容 
マルチGにて 参加生徒20名 体験者3名 指導員5名
先日体験で来てくれたYちゃん(女子)が正式に仲間になりました。
又、新たにS君、T君が体験にきてくれました。

1. アクションとランニング
往路ラダー+ハードル+ボールタッチ2か所復路5個の輪っかに足入れステップ
2.4人1組のショートランパス
  4人1組のランパスはパス技術は勿論大切ですが、仲間を思いやる気持ち4人のコミュニケーションやり取りが重要です。今後も繰り返し練習します。
3.アタックAtディフェンスDfゲーム
5mX5m四角のエリアにて
① 四角エリアの中心にAt側4名がそれぞれボールを持って背中合わせになり四隅に向かってセットアップ
② Df側4名はそれぞれタックルバッグを持ちAt側を円状に包囲してセットアップ
③ コーチの笛合図でDf側は一方向に円を描くように回る。2度目の笛で①のAt側4名はそれぞれ四隅のマーカーにボールダウン(トライ想定)に行く
④ ②のDf側はタックルバッグでAt側がボールダウンできないように阻止する
Df側はタックルバッグなしでAt側に生タックルで阻止に行く
4.タックル練習
  ・顔を上げ相手の腰(お腹)を目がけて自分が一番強く当たれる姿勢(低い姿勢)で、   
   次の動きを同時(一瞬)に行う
A) 一歩踏み込んで
B) 肩~胸を相手に当てて
C) しっかりとパックし(手を回して、引く)
D) 次の足を動かし(パワーフット)
E) 相手を必ず倒す
  ・タックル後は、すぐに起き上がり、ボールを取りに行く
5.ミニゲーム
  4チーム編成にて試合時のそれぞれの場面を想定しての実践練習

体験者2名と新加入者については、別メニューでパス練習とボール取り合いゲーム実施

●ラグビー練習中は、ラグビーに集中してください。各コーチがプレーの説明している時は特に集中してください。(集中しいない生徒が多すぎます。
●ラグビーがより上手くなり仲間とより楽しくラグビーをしたいなら、各人練習中の自分の行動を考えてください。

以上  トレンディコーチ記

11/11 1年生練習内容

2108.11.11
マルチグランド
参加生徒:12名

今日も秋晴れ、久しぶりの芝Gで気持ちよく練習を行いました。同時にタッチラグビー体験会もあり、1年生が2名参加してくれました。今後一緒にラグビー出来ればいいですね!

1.アップ
ポールを使ったランニングスキルの練習を行いました。ジグザグに走る時は、ポールを相手だと思って捕まらないようにステップで交わします。スピードを落とさずにステップが切れると相手を交わすことが出来ますよ。

2.目隠し
1人が目隠しをして、残り2人が後ろから声を掛けて誘導し、目的地まで歩くことを行いました。狙いとしては、ボールを持ったプレイヤーに対して、どうしてほしいのか正しく伝える練習です。ラグビーの試合では、右、左だけでなく、当たれ、ボールキープ、短いパス等いろんな指示を出してコミュニケーションをとっています。
まだ1年生は右も左も分かりませんので、うまく誘導は出来ませんでしたが、後ろから見てどちらが右なのか、どれぐらいの距離にフォローしているのかなど、ボールを持ったプレイヤーが耳で聴き分けられるようにすることから始めて行きましょう!

3.パスでTRYゲーム
新たなメニューです。本来のルールではゴールに向かって1方向に攻撃するのですが、今日のゲームは4方向にゴールがあります。パスも前だけでなく、どこにでも出来ます。狙いとしては、視野を広げ周囲の状況を見てパスを繋ぐ、パスをもらえるコースに移動するなどです。これまでどおり手を前に出したまま、パスを待っている生徒が多かったですが、何度か移動してのパスもみられるようになりました。
また、チームで作戦を立てる練習も行いました。話し合うことで、生徒の性格やチームの個性、役割分担も見えてきます。コーチが指示を出すだけでなく、自分たちで知恵を出して、自分達で試してみる事がとても大事なことです。すぐには出来ませんが、辛抱してこのような練習を行うことによって、みんなが考えるようになってくれればと思いました。

ps.今日も体験の生徒が2名来てくれましたが、これから保護者のみなさまに協力頂き、生徒を増やす行動を起こそうと考えております。今日は出来ませんでしたので、次回、作戦会議を行いましょう!目標+7名確保です。よろしくお願いいたします。12/16交流戦(兵庫RS,東淀川RS)が決まりましたので、それを目標に頑張りましょう!

以上

11月3日 スクール大会報告

快晴で暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい季節になりました。

第1試合 VS東淀川 2:3 負け

よく広がってボールを回してくる好チームでした。終了間際に決勝点を献上し、敗戦となりました。まだ、ポジションをはっきりと決めていない中で、試合中に自分や味方の位置を見て広がるというのは相当難しいことですが、練習していきたいと思います。

第2試合 VS南大阪 2:2 引き分け

前半2点のビハインドで折り返しますが、後半登場したH7、K8、K13などの活躍により同点に追いついて終了。試合後のじゃんけんで勝ち、勝ち同士の決勝戦に進むことになりました。S12がやる気を見せたのがこの試合の収穫でした。タックルが怖いのは仕方がないのですが、相手のユニフォームをつかんだら離さないようにしようということで、練習をして試合に臨みました。S12は前に出てよく頑張っていました。また、S4が上に来たパスを片手で捕って前に出たプレーも素晴らしかった。期待の新人です。

第3試合 VS大工大 5:2 勝ち

よく守り、パスもつながり、K13やK8が抜け出し、快勝となりました。

第4試合 VS交野 4:4 引き分け

1回戦で勝ったチームとの対戦となりました。理解度が高く、ちゃんとラインを作って回してくる好チームでした。こちらも総力戦となり、ラストワンプレーで同点に追いつき、両者優勝となりました。1回戦引き分け、決勝も引き分けで優勝という珍事でした。ただ、ここでJ18が覚醒しました。ディフェンスの時には広がろうということを朝から言っていたのですが、J18、K17が広がってディフェンスラインを作っているシーンが何度か見られました。相手が抜け出そうとするところへ、J18が止めに行き、ハンドオフでかわされたものの、その分スピードが落ち、追ってきた味方が止めることができました。見ていたチームメイトもほめていました。また、K17も、大外で相手エースと1対1になるシーンが何度もありましたが、ほぼすべて止めてくれました。抜かれたらトライになるところだったので、トライをとったのと同じ価値があります。素晴らしいプレーでした。

5年生 スクール大会

11/3 JGREEN 堺で5年生の集大成として挑んだ4試合でしたが、2勝2敗と合宿での勢いから考えると残念な結果となってしまいました。特に過去2度の引き分けで勝たなくてはいけない第一試合を、後半はなされてしまったゲームは反省が多いゲームになりました。メンバーをけが等で欠いていた部分もありますが、勝っておかなくてはいけないゲームだったと思います。午後の2ゲームは同時刻の開催になったため、コーチも二手に分かれ片方のゲームしか見れませんでしたが、私が見たゲームは向かうべき方向性が見えたナイスゲームでした。もう片方のゲームもいいプレーがたくさん出たナイスゲームだったようです。まずの目標である6年生での目標を達成するためには、常にベストを出し切れるゲームの入り方、戦い方を考え直す時期に来ていると感じました。各個人はそれぞれのレベルにおいて成長してきています。チームとしてのレベルアップを5年生であるあと5ヶ月で、はかっていきたいと思います。
各選手のそれぞれのレポートです。

1 カンタロウ サポートにまわってくれましたが、チームへの貢献度はいつも以上に高かった。ゲームの中では、彼の重要性を再確認しました。
2 コウダイ 午後からのゲームでは考えたプレーが多く見れました。ラインの裏にでて外でとり切ったプレーが特によかったです。
3 ユイト いつも以上に走っていたと思います。その中で捨てるところと、ポジショニングを考えてのプレーをこれから考えていこう。
4 ヒロト ウィングに入り外からのラインの指示や、ボールを持った時のキープ力の高さは、さすがでした。外でとり切る決定力をつけていこう。
5 ライト 劣勢のゲームではなかなか苦労しての球出しでしたが、ボールへの集中力は高くなってきています。
6 ユウタ ペナルティーからの速い仕掛けや、密集の中でのパワープレーだけでなく技術的に格段に成長しています。第一試合MVP
8 ユウト ポジショニングやオーバーのタイミングなどは、文句なしです。もっとどん欲に前にボールを運ぶプレーに期待
9 マコ 午後のゲームで大活躍(もう片方のゲームで見れませんでしたが)だったようです。激しいプレーに磨きをかけています。
10 カイキ ポイントへの集散の速さと、下のボールにいち早く反応しつねにゲイン出来ていました。 
11 ケイ 期待しているところで、外に振り切りナイストライでした。ラインの中でのパスの精度を上げていければ、もっといきてくると思います。
12 ヒロノリ 特にディフェンスでしっかり前に踏み込めていました。ピックアップからいい前進がありました。
13 タイヨウ アタックだけでなく、前に出るタックルが決まるようになってきました。チャレンジも多くどんどん良くなっています。
14 ヒロノリ 穴のないディフェンスと、一歩でも前に出るボディーコントロールでいいゲインをしていました。6ユウタと第一試合MVP
15 ランタロウ 午前中の反省を午後のゲームでいかせていました。パスの出しどころ、意図のあるパス、エリア別のボールの動かし方全てよかった。第三試合(枚方)MVP
16 トワカ いつもの必ず止めるディフェンスだけでなく、キック処理、ハンドリングも格段にうまくなってきています。
17 マサトシ 密集の中での身体の使い方と、頭脳的なプレーでFWの他なプレイヤーにはない特別な存在になってきています。
20 ヨウスケ 狭いスペースでの突破、ボールコントロールは良くなっています。相手との距離の詰め方を練習していこう。
21 タケヨシ ディフェンスでの不安は全くなくなりました。アタックでも後ろにすぐに向くプレーではなく、前に出るプレーができるようになっています。
24 ユウタ 力での突破だけではなく、ステップでのコース取りとパスのはなすタイミングとどんどんうまいプレイヤーになっています。
26 アヤト ハーフ、ウィング、FWそれぞれのポジションで期待以上の動きでした。各ポジションで可能性を強く感じました。第二試合MVP
27 ゴウシ 何よりも前に出るタックルが一番よかった。24ユウタと同じくらいタックルが決まっていたと思います。
28 ソウジン 今回のゲームにおいて集中が切れることはありませんでした。気迫あふれるプレーでした。
29 タカヒト ナイストライ。そこまでのプロセスも良かったが、きっちり取り切ったトライでみんな盛り上がりました。ラグビーの素晴らしさが詰まったトライでした。

気付けば、6年生までわずかです。ここから今までためてきた能力をゲームの中で出し切るトレーニングをやっていきましょう。さあ、がんばりましょう。

2018.11/3[小学2年生]スクール大会

2018.11/3 大阪府スクール大会 
Jグリーン堺にて 参加生徒17名 指導員7名
 4試合8ハーフ毎にメンバーを組み全員参加とした。
1.試合結果
第1試合 豊中対合同A 10:7(前半5:3 後半5:4)
(寸評)
両チームのDFが甘くトライの取り合いになった。
タックルに行って触っているが止めるまでには至らない。
(MOM)K16 大きな相手にも怯まず率先して前でタックル、最初の3トライで豊中ペースにした。
第2試合 豊中対大阪 12:2(前半5:2 後半7:0)
(寸評)
  豊中のスピードランナーが走り回り6名で12トライ
(MOM)K3 積極果敢にタックルしスペースを見つけ3トライ
  第3試合 豊中対枚方 12:3(前半8:1後半4:2)
(寸評)
  豊中のスピードランナー5名で12トライ。T18がオーバーを決めトライに繋げた。
  (MOM)S6 空きスペースを素早くみつけ5トライして豊中ペースにした。
  第4試合 豊中対四条畷 16:1(前半8:1後半8:0)
(寸評)
  モールで前へ押す、当たって繋ぎパス、地面のボールを素早くピックアップ、前へ出
  てのタックル等々練習の成果が一番現れた試合内容だった。
  (MOM)S8 大きな身体を生かし突進して2トライし繋ぎラストパス1本
 以上4戦全勝で賞状2枚獲得
2.コメント
 ●もう少し頑張ってほしい事
 ・試合前の準備(気持ちのオンとオフ)特に第1試合目の入り方を精神的、肉体的に
  一人一人注意して、試合開始から全力を出せる態勢にしよう。
 ・AT時DF時の各自のポジショニング。相手より早く自分にポジションにつく事。 
  遅い仲間には注意し合う。
 ・モールとピラーのプレーをより素早くより力強くより一歩前へより低く実践しよう。
 ・個人プレーだけに終わらず仲間を常に意識した当たり、繋ぎパス、フォロー、前へ出
  てのタックル等を仲間とコミニュケーションとりながらのプレーを増やしていこう。
 ・トライはチーム全員で繋いでいったプレー(タックルしボール奪取し相手にあたり、繋ぎパスしフォローする)の結果得る事ができます。今一度各人良く考え楽し く仲間とプレーしよう。
 ●良く頑張って素晴らしかった事
 ・各種ステップ、スラロームラン等の日頃の走り方練習の効果が現れ、空きスペース目がけ素早く走り込んでいける生徒が増えてきた。
 ・大きな相手にも怯まずタックルに行ったり、ぶつかったり、前へ押しこんでいったりしていくプレーが数多くできるようになった。
  以上   トレンディコーチ記

4年 スクール大会 

参加いただいた皆様 ありがとうございました。

賞状

全員写真

ご声援ありがとうございました。  試合に出た子 今回は他のゲームとなった子 みんなが「褒め合い」「教え合い」一緒に練習した結果と考えています。
いいトライをした子を みんなで喜んでくれたこと また ケガをしてゲームはできないけど 参加して一緒に声援を送ってくれた子。    
また各自がウォーターボーイズとして、出場してる子を応援してくれたこと。
全員が試合に参加しているのがうれしいですね。   今で言う ”One Team” ですか・・・???

君たちを誇りに思います!!  がはは・・・ 

2018も あと練習9回  声出して練習しようなぁ・・・・

ps  ご声援ありがとうございました 少し ご迷惑もあったようですが・・・・すみません
今回 コイントス(じゃんけん) すべて勝ちました 笑

11/3 1年生スクール大会

2108.11.3
J-green堺
参加生徒:11名(2名欠)

この学年のチームを担当して7ヵ月が経ちました。これまでの成長を4/29のカーニバルと比較してみました。

<前回4/29>
昨日の伊丹での試合に引き続き試合があり、今日は大阪ラグビーカーニバルに参加しました。大阪から多数のスクールが集う大会です。少しあわただしかったですが、前後半全員入れ替えで全員参加で、メンバーを組みました。暑い中、昼食時間が短かったり、グランド、トイレ等移動距離が多かったり、大変でしたが、4試合実施しみんなクタクタになりながらも最後まで諦めずに戦うことが出来ました。

→<今回11/3>
私が朝遅刻したこともあり、1試合目の準備がほとんど出来ませんでした。申し訳ありません。以後、気を付けます。これからはもし遅刻しても試合の準備に影響が出ないように、皆さんにもご協力いただけるように、集合時間には、トイレを済ませて、練習スタイルで集合するようにいたします。2試合目以降は、みなさんの協力もあり、時間を読みながら準備が出来ました。ただ、試合への気持ちの切り替えが出来ていないので、何度も注意する必要がありました。試合は今回も4試合あり、最後の試合ではチーム一体となって挑むことが出来ました。

<前回4/29試合結果>
1試合目 VS大阪中央 4- 9 負け(前半1-2、後半3-7)
2試合目 VSOTJ  8- 6 勝ち(前半6-2、後半2-4)
3試合目 VS東大阪  2- 9 負け(前半2-3、後半0-6)
4試合目 VS箕面   4-10 負け(前半1-6、後半3-4)

→<今回11/3>
1試合目 VS茨木   8- 8 引き分け(前半5-5、後半3-3)
2試合目 VS合同A  1- 7 負け(前半1-5、後半0-2)
   (*摂津、天王山)
3試合目 VS大阪中央 2- 8 負け(前半1-4、後半1-4)
4試合目 VS枚方   6- 6 引き分け(前半3-5、後半3-1)

<前回4/29お願いしたこと>
・チームが試合している時は、砂等を触らず試合を見て応援すること。
→まだ気を許すと遊んでしまいます。継続した注意が必要ですね。応援の声は少し出るようになりました。
・じゃんけんで勝つこと
→前日の予定3名にトスをさせることが出来なかったので、次回に持ち越しです。
じゃんけんに勝つと、マイボールから始められますので、先制TRYして勢いを付けたいです。
・円陣を組んで掛け声を出すこと
→何とか出来ましたが、気合を入れることにはならず、「・・・そだね~」カーリング女子になっていました。そのうち変わるでしょう?
・セット時(相手と向き合った時)に、戦う姿勢をとり、相手をにらむ!
→まだまだボーっとした表情です。

<今回11/3お願いしたこと 前回と比較して>
・チームが試合している時は、砂等を触らず試合を見て応援すること。
 →まだまだ気を許すと遊んでしまいます。継続した注意が必要です。
  応援の声は大分出るようになりました。
・じゃんけんで勝つこと
 →じゃんけんは時の運ですので、しょうがないですね。
・円陣を組んで掛け声を出すこと
 →うまく声が出せるようになりました。ただ円陣を組むまでに少し時間がかかります。
・セット時(相手と向き合った時)に、戦う姿勢をとり、相手をにらむ!
 →あいかわらず威圧感はないですね。

<前回4/29これから練習が必要なプレー>
・走る姿勢、当たる姿勢、押し込む姿勢
・ルールに理解。特にノットリリース、オフサイド。
・相手にボールを取られない。(捕まえられない)取られた時の対処方法。
・ディフェンス時にFW、SHの2人が最初にタックルへ入る意識付け。
・お腹へのタックル。

<今回11/3これから練習が必要なプレー>
・プレー前の姿勢、当たる姿勢、押し込む姿勢
・ルールを理解。特にオフサイド。
・相手にボールを取られない。(捕まえられない)取られた時の対処方法。
・ディフェンス時に足を動かして体を当てる。
・お腹へのタックル。

<前回4/29危険なプレー>
・相手の肩より上(首)にタックルしたプレーがあった。
→今日は危険なタックルはなかったです!

<今回11/3危険なプレー>
・相手の肩より上(首)にタックルしたプレーがあった。
 →今日危険なタックルがありました。

<今回11/3総括>
・試合へ挑む姿勢ですが、他のチームをみてみると、きっちりと出来ているチーム(特に吹田)は、かなりの数ありました。豊中は、最低レベルです。今後も各人が自覚しチーム内での雰囲気作りも必要です。

・最初のセット(キックオフ、スクラム等)が出来ていない。まだ固まりになっており、広がっていない。ディフェンスの体制は出来ていますが、アタック時は自分がボールをもらいTRYすることしか考えていません。最後にお願いしましたが、TRYした人が偉いのではなく、それまでにボールを相手から奪ったり、パスを繋いだりして他のチームメイトもTRYしたことになります。「今日は私は3TRY出来た!」という言葉は自慢にはなりません。

・アタック面ではパスが何度か繋げられるようになりました。ただ相手にボールを奪われることもありますので、当たる姿勢、ボールを持つ姿勢を引き続き練習する必要があります。

・走るコースはまだ横に走るプレーが多いので、前に出てステップ、前に出て当たる等、横に走る前に一歩縦に走るクセ付けが必要です。

・敗因の原因はディフェンスなので、来年はタグになりますが、当たる練習は引き続き必要ですね。

以上 

ps.このように比較してみるとあまり成長していないように感じますが、その時点でのプレーのレベルがあがるので、内から見ているとこのような感じは6年まで続きます。客観的にみるとすごく成長していると感じることも出来るので、周りのコーチ、保護者等にも聞いてみて下さい。いろんな気づきがあれば私まで教えて下さいね。

茨木定期戦と体育協会長杯の報告

ここのところ報告ができていませんでした。9月23日の茨木定期戦と10月21日の体育協会長杯の報告をしておきます。

9月23日茨木定期戦

VS徳島 4:3 勝ち

VS茨木 1:5 負け

相手は、攻撃でも守備でも周りを見て、すばやくラインを作っていました。すばやいパス回し、ラインをつくってのディフェンスなど素晴らしいチームでした。こちらも個人個人はよく頑張ったのですが、2次攻撃、3次攻撃となったところで、お団子になってしまい、空きスペースをつかれました。完敗でした。

VS明石 6:5 勝ち

VS徳島 8:5 勝ち

この試合の収穫としては、K8が突破してあと少しというところで止められたのに対し、外側にY6がフォローに入っていて、パスを受けてトライというシーンが2本ありました。このプレーはパスをした方も受けた方も二人とも素晴らしかった。K8はこの試合5トライといつもながらの大活躍なのですが、こういうプレイも出てくるともっと楽に勝てると思いました。

VS明石 4:2 勝ち

全体としては勝ち越したものの、個人技で少しだけ相手を上回っただけで、いまひとつチームプレーにはなっていなかったという印象でした。また、試合に出ている7人のうち4人くらいしか試合をしていない、という印象もありました。もちろん怖いのも分かるので、怖くないように体を当てるのに慣れるような練習も必要かと思いました。

10月21日体育協会長杯(ここからはKIコーチによる報告です)

VS OTJ 5対2 勝ち

VS 合同A 7対1 勝ち

VS 大工大 6対1 勝ち

VS大阪中央 4対3 勝ち

以上4連勝でした。第二試合と第四試合は前の試合の勝者チーム(勝勝)同士の対戦でした。どの試合も出席12人が交互に参加して、チーム一丸となって勝ち取った試合でした。今後もチーム全員が協力しあって、仲間と共に練習するようにしましょう。特に第四試合は、コーチのゲーム表変更への認識不足があり、子供たちや応援保護者の皆様の緊急協力がなければ試合不成立になるところでした。(ごめんなさい)。