5年生 1/13

2019年再始動した5年生です。先週の練習からFWはスピードとテクニックで押すモール、BKは長い距離のパスに特に力を入れていきました。今週も引き続きそこに力を入れていきました。最後にアタックディフェンスをしたのですが、倒れずに立ってボールをつなぐ意図をもってプレーしてもらいました。もちろんラックでの球出しも必要ですが、出来るだけボールを相手に触られず、地面につけず、継続してつないでトライまでくせをつけていきましょう。
練習メニュー
① ラインアタック
② FW モール  BK ロングパス
③ アタックディフェンス

練習前のタッチフットですが、5回の攻撃権を有効に使うために1回目はどうするべきか、2回目はどうするべきかと考え声に出し指示をできるプレイヤーが増えてきました。同じ人数で同じサイドで戦い続けても抜けることは個人技以外ではありません。いかに人数を余らせる動きをできるかを数名ではなく全員で考え共有できるようになりましょう。ゲームの流れを共有するためにはやはり声が重要になってきます。今週の練習でもずっと「こうしたい」「ここにいる」「あまっている」「うら空いた」など具体的な指示の声を出していきましょう。
今週の練習も声が飛び交う、うるさいくらいの練習スタートをきりましょう。

5年生 1/6

2019年、勝負の年が始まりました。選手それぞれ経験年数は違いますが、小学生のミニラグビーとしては、集大成の1年がスタートです。低学年の時には、瞬発力や身体の動かし方などのトレーニング中心、4年生から判断力をつける練習を中心にやってきたつもりです。ここからは、そこまで培ったテクニックや判断力、体力をゲームの中でどう出していくか、戦術を理解し、どう戦うかを考え、じっせんしていく時期です。幸運なことに明確な勝ちたいライバルもいます。明確な目標もあります。そこに向け1回1回の練習を大切にしていきましょう。

練習メニュー
① ライン攻撃
② ライン攻撃 ショート&ワイド ウィングの外へのスワーブ
③ FW,BK 分かれての練習 FW モール  BK ハンドリングスキル+ライン攻撃の判断
④ ミニゲーム

今のチームにおいては、FWやBKの縦に強いプレイヤーの個の力に頼るゲームになりすぎています。特にBKのプレイヤーのパスの技術、キックの技術の向上が必要です。練習中何度も伝えたようにボールを思った場所にいかに早く正確に動かすためには、すばやいパス、キック、ランニングが必要です。自主練習でそこを磨いてください。15ランタロウ、24ユウタ、11ケイには自主練習の成果が特に出ているように感じました。特に夏合宿で力を入れた長い距離のパスを身につけてください。FWは、力ではなくスピードとテクニックでゲイン出来るモールを身につけてください。そこができてくると、現5年生が、6年生になったときの戦術の基本の部分が決まってきます。
さあ、がんばっていきましょう。

5年生 11/11

マルチグランドでの練習と、6年生との合同の練習と、いい条件が揃いグランドを広く使ったいい練習ができました。前回のスクール大会で色々なチームの戦い方を見せてもらい、豊中5年生として今後どう戦っていくか考えていく上で、有意義な練習になりました。豊中6年生のグランドを広く使うラグビーを経験させてもらい大変勉強になりました。最後は混合チーム5チームで横幅の広いグランドでゲームを繰り返し、みんな何かを感じれたと思います。

練習メニュー
①20秒ラン
②ハンドリングスキルからつなぎのプレースキル
③アンストラクチャーからのライン攻撃
④5チームでの横幅広いグランドでのミニゲーム

ゲームの中でボールをどこに動かして、いかに有利にゲームを進めていくか、しっかり考えていきましょう。その先に今の5年生チームの戦い方が見えてくると思います。全員で真剣に考え、大きな目標に向かって戦い方を見つけましょう。

5年生 スクール大会

11/3 JGREEN 堺で5年生の集大成として挑んだ4試合でしたが、2勝2敗と合宿での勢いから考えると残念な結果となってしまいました。特に過去2度の引き分けで勝たなくてはいけない第一試合を、後半はなされてしまったゲームは反省が多いゲームになりました。メンバーをけが等で欠いていた部分もありますが、勝っておかなくてはいけないゲームだったと思います。午後の2ゲームは同時刻の開催になったため、コーチも二手に分かれ片方のゲームしか見れませんでしたが、私が見たゲームは向かうべき方向性が見えたナイスゲームでした。もう片方のゲームもいいプレーがたくさん出たナイスゲームだったようです。まずの目標である6年生での目標を達成するためには、常にベストを出し切れるゲームの入り方、戦い方を考え直す時期に来ていると感じました。各個人はそれぞれのレベルにおいて成長してきています。チームとしてのレベルアップを5年生であるあと5ヶ月で、はかっていきたいと思います。
各選手のそれぞれのレポートです。

1 カンタロウ サポートにまわってくれましたが、チームへの貢献度はいつも以上に高かった。ゲームの中では、彼の重要性を再確認しました。
2 コウダイ 午後からのゲームでは考えたプレーが多く見れました。ラインの裏にでて外でとり切ったプレーが特によかったです。
3 ユイト いつも以上に走っていたと思います。その中で捨てるところと、ポジショニングを考えてのプレーをこれから考えていこう。
4 ヒロト ウィングに入り外からのラインの指示や、ボールを持った時のキープ力の高さは、さすがでした。外でとり切る決定力をつけていこう。
5 ライト 劣勢のゲームではなかなか苦労しての球出しでしたが、ボールへの集中力は高くなってきています。
6 ユウタ ペナルティーからの速い仕掛けや、密集の中でのパワープレーだけでなく技術的に格段に成長しています。第一試合MVP
8 ユウト ポジショニングやオーバーのタイミングなどは、文句なしです。もっとどん欲に前にボールを運ぶプレーに期待
9 マコ 午後のゲームで大活躍(もう片方のゲームで見れませんでしたが)だったようです。激しいプレーに磨きをかけています。
10 カイキ ポイントへの集散の速さと、下のボールにいち早く反応しつねにゲイン出来ていました。 
11 ケイ 期待しているところで、外に振り切りナイストライでした。ラインの中でのパスの精度を上げていければ、もっといきてくると思います。
12 ヒロノリ 特にディフェンスでしっかり前に踏み込めていました。ピックアップからいい前進がありました。
13 タイヨウ アタックだけでなく、前に出るタックルが決まるようになってきました。チャレンジも多くどんどん良くなっています。
14 ヒロノリ 穴のないディフェンスと、一歩でも前に出るボディーコントロールでいいゲインをしていました。6ユウタと第一試合MVP
15 ランタロウ 午前中の反省を午後のゲームでいかせていました。パスの出しどころ、意図のあるパス、エリア別のボールの動かし方全てよかった。第三試合(枚方)MVP
16 トワカ いつもの必ず止めるディフェンスだけでなく、キック処理、ハンドリングも格段にうまくなってきています。
17 マサトシ 密集の中での身体の使い方と、頭脳的なプレーでFWの他なプレイヤーにはない特別な存在になってきています。
20 ヨウスケ 狭いスペースでの突破、ボールコントロールは良くなっています。相手との距離の詰め方を練習していこう。
21 タケヨシ ディフェンスでの不安は全くなくなりました。アタックでも後ろにすぐに向くプレーではなく、前に出るプレーができるようになっています。
24 ユウタ 力での突破だけではなく、ステップでのコース取りとパスのはなすタイミングとどんどんうまいプレイヤーになっています。
26 アヤト ハーフ、ウィング、FWそれぞれのポジションで期待以上の動きでした。各ポジションで可能性を強く感じました。第二試合MVP
27 ゴウシ 何よりも前に出るタックルが一番よかった。24ユウタと同じくらいタックルが決まっていたと思います。
28 ソウジン 今回のゲームにおいて集中が切れることはありませんでした。気迫あふれるプレーでした。
29 タカヒト ナイストライ。そこまでのプロセスも良かったが、きっちり取り切ったトライでみんな盛り上がりました。ラグビーの素晴らしさが詰まったトライでした。

気付けば、6年生までわずかです。ここから今までためてきた能力をゲームの中で出し切るトレーニングをやっていきましょう。さあ、がんばりましょう。

5年生 10/28

久々の投稿で失礼します。仕事でなかなか参加できず、みんなのプレーが見れずにいましたが、しばらくの間に5年生は驚くほどの成長をしていました。来週のスクール大会も楽しみです。オータムチャレンジでは、勝ちきれない悔しい試合もありましたが、だいぶ修正されて、チームとして上向きになってきています。
2人の体験入校のプレイヤーも参加してくれて、活気のある練習になりました。
試合前ということもあり、実戦的なアタックディフェンス中心の練習になりましたが、
その中で27ゴウシが、攻守ともに成長を感じるプレーを何度も見せてくれました。来週のスクール大会での活躍を期待させるナイスプレーでした。ここから、どんどん急成長するプレイヤーが毎回出て来る予感がします。今まで身体の動かし方や、感覚を磨いてきたプレイヤーが、実際のゲームの中でその成果を出していく段階に入ったと感じました。全員にチャンスと可能性があります。
来週のスクール大会は今年の5年生にとって一番の勝負どころです。そのつもりで集合してください。

5年生 夏合宿

まずは、ご協力いただきました保護者の皆様ありがとうございました。毎回たくさんの方の参加をいただき、子供達がラグビーに打ち込める環境を作っていただき、感謝しかありません。今年も朝早くから、グランドの準備、毎回の食事の準備、あらゆることのサポートありがうございました。
5年生は、今回の合宿は「考えるラグビー」「スキルアップ」の2つのテーマで練習時間だけでなく、ミーティングの時間、自由時間含めラグビーについて考える時間に費やしました。酷暑のため、走り込み等の練習はあきらめ、スキルアップに特化した練習メニューを中心に構成しました。まず初日に個人スキルのチェックシート、ラグビー英語50問を渡し頭で理解をし、そこからそのあとの練習で頭に入れた情報を体に落とし込んでいき、その後宿舎で、頭で復習をしてもらうつもりで、資料を配布しました。
練習では、特にワイドのパスを強化すべく時間をかけました。外で取り切る為に重要なスキルです。6年生を見本にグランドを広くつかうラグビーをものにしていきましょう。
夜のミーティングは、初日に選手全員に1分間スピーチをしてもらい、それぞれの夢や目標を発表しました。二日目のミーティングは、中学コーチでOBのOコーチに今までのラグビーでの経験談を話をしていただきました。飾ることなく今まで感じたことや、子供達へのメッセージを語ってもらい、子供達は今まで見たことのないような真剣な表情で話を聞き入ってました。すばらしいラガーマンであり、すばらしい青年だと思いました。子供達の憧れの存在です。その後、ここ数年熱くなってしまうミーティングでの、目標に向かっての具体的行動を話し合いました。最終日は恒例のラグビー英語テストです。今回は問題をだいぶ難しくラグビーのルールについてのものが多く、去年の100点3名も大苦戦でした。今年のトップ3は1位6ユウタ、2位13タイヨウ、3位11ケイ、3位26アヤトでした。

各選手のレポートはこちらです。

1 カンタロウ 生活面、プレーにおいてもみんなに信頼されていました。パススキルも急激に向上してます。
2 コウダイ 土曜日の6年生戦でのナイストライ直後の怪我で日曜日の試合は出れませんでしたが、抜群の突破力でした。
3 ユイト 合宿への取り組みが今年は真剣でした。試合でも集中できていました。
4 ヒロト 気迫と声でチームを引っ張ってくれました。悔しかった思いを忘れずに。選手間投票で合宿MVP
5 ライト ラグビーに対しても上手くなりたい気持ちが出ていました。気持ちが強くなっています。
6 ユウタ パワーだけでなく、スキルが急激に向上しています。強くて上手いプレイヤーになっています。ラグビー英語テストトップ、追風賞
8 ユウト 理解度、献身的プレーでゲームでも宿舎でも、チームキャプテンとしても的確な指示をしていました。太郎正成賞
9 マコ いい声が出るようになってきました。ハンドリングもだいぶ向上してます。
10 カイキ ゲーム中はよく走って良くボールの絡んでいました。食事もだいぶハイペースになりました。
11ケイ パススキル、ランニングコースもよくなってます。トライゲッターとしてとりきるプレイヤーに成長を期待
12 ヒロノリ ナイストライでした。前がよく見れています。下のボールへの反応も良かった。
13 タイヨウ いつもみんなの中心で元気にすごしていました。プレーでもいいタックルがありました。ラグビー英語テスト、トップ
14 ヒロユキ ピンチを何度も救ったタックルは、さすがです。体調が良くない日もありましたが、頑張っていました。
15 ランタロウ 日曜日のゲームでのトライへのパスは、今回のベストプレー。才能に加え、チームをリードする覚悟が出てきました。石原賞
16 トワカ タックルだけでなく、パスを受けるタイミングと、前に出る気持ちが今回光ってました。
17 マサトシ 前に前に出るプレーでチームを引っ張っています。冷やっとするプレーもありましたが、大事に至らなく安心しました。金山賞
20 ヨウスケ 体調面でしんどい時間があって、大変でしたが、最終日までよく頑張りました。プレーでもハンドリングスキルが上がっています。
21 タケヨシ アタック面で急成長しています。合宿でひと皮むけました。
23 タカシ ハーフとしてボールへの反応が格段に良くなりました。全体も見れるようになってます。
24 ユウタ 全てのプレーで、小学生トップレベルです。今回はランタロウ同様、それ以上の課題を与えましたが、見事にクリアして行っています。
25 リンタロウ いるだけでみんなを和ます存在です。練習でも一生懸命取り組んで走っていました。
26 アヤト ヒロトと同様、一番声を出して指示できていました。ディフェンス、アタックともにキープレイヤーです。三栖賞
27 ゴウシ 走り込んでのプレーが抜群でした。宿舎でもみんなと仲良く楽しそうにしていました。
28 ソウジン 試合では何度もサイドアタックで前進できていました。積極的プレーが多かった。
29 タカヒト 宿舎でも、グランドでも常に真剣に取り組んでいました。手を抜かない姿勢はみんなの見本です。林賞

合宿参加コーチにそれぞれ個人賞を決めてもらいました。

合宿ご苦労様でした。ここで感じたこと、プレーを具体的に自分なりに分析して、ラグビーノートに書いて、上に向かっていきましょう。気持ちを持ち続けよう。

5年生 7/8

色々なことが重なり、なかなか練習ができなかった豊中ラグビースクールでしたが、通常の練習ができることの喜びを感じながら、豊中市立南丘小学校で猛暑の中いい練習ができました。大阪府下の強豪チームとの対戦で課題を見つけ、合宿に向け一つ一つクリアしていきたいと思って練習に取り組みました。FW陣の踏ん張りで前に出て、ディフェンスのプレイヤーを真ん中に集めながら外で余らせる攻撃の戦術の中、BKで外でとり切ることができなかったことが、一番の課題と感じ選手にもそれを伝え、パワーで勝負ではなく、テクニックで勝負していくことを再確認しました。FW陣はそこを最後のアタックディフェンスでもカンタロウ、ユウタが中心になりボールを活かす前への動きができていました。BK陣もロングパスを含めた攻撃のバリエーションを増やす練習に時間を使いました。グランドを大きく使う展開の大きいラグビーをするためには、接点でのボールのつなぎと、パススキルを上げていく必要があります。ここからもっと目標に向かって努力していきましょう。
自主練習もかかさずに。パススキルの向上と試合の最後まで走り切る体力をつけていきましょう。

5年生 東大阪交流試合

東大阪交流試合にお招きいただき、合宿前の課題を見つけるには絶好のチャンスを良い相手とゲームができました。4試合挑戦しまいたが、課題が、明確になり合宿に向け更に前進していけます。5年生はドンドン成長し、前に向かっています。自信を深めたプレイヤーも多かったのではないでしょうか。良いプレーがたくさんありました。各選手のレポートはこちらです。

1 カンタロウ リーダーシップと、さらに良くなっているサイド攻撃は、この1年で本当に成長しました。必ずボールをキープし、安定感も出てきました。
2 コウダイ ケガあけとは思えない、プレーでした。2つのポジション、両方うまくこなしていました。特に前に出るアタックがよかった。
3 ユイト ルールへの理解度が高まっており、よく走っていました。ペナルティーの反応も早くなって一段上のプレイヤーになっています。
4 ヒロト ウィングでのプレーが光っていたと思います。球際の強さと下のボールに対しての反応の速さがチームを助けています。
5 ライト こちらもケガあけで難しかったと思いますが、ハーフとして速い球出しができていました。
6 ユウタ チームに無くてはならない活躍でフル稼働でした。体の大きさ、強さだけに頼らないうまいプレイヤーになっています。
7 タイチ 久しぶりのゲームで感覚が戻り切っていなかったかもしれませんが、力強いプレーは健在でした。
8 ユウト 相変わらずのポジショニングの良さと献身的なプレーで、速い展開に欠かせないプレーでした。
9 マコ 前に出るディフェンスができていました。劣勢の試合でのディフェンスコントロールが難しかったかもしれませんが、次回期待。
10 カイキ ゲームの流れをよく見て、何度もビッグゲインをしていました。密集の中でも貢献しています。第三試合MVP
11 ケイ ボールをもらうタイミング、トップスピードで入ってくるプレーがすごくよかった。次回は外でとり切りましょう。
12 ヒロノリ 今回特にボールを持ったプレーで、確実に味方にボールを出せていました。さらなる飛躍を期待
13 タイヨウ 突破力に加え、今回はディフェンスにおいてもビッグタックルを連発していました。カイキとともに第三試合MVP
15 ランタロウ ハーフに入った時のゲームコントロールは、抜群でした。ゲームプランができています。第二試合MVP
16 トワカ ナイスファイトです。どんな時でも前に出て相手を止めるプレーは、チームナンバー1でした。第一試合MVP
17 マサトシ ハーフ、FWどちらのポジションでも下のボールの反応のよさと、突破力、走力が抜群です。
20 ヨウスケ なかなかウィングまでチャンスが回ってこなかった今回のゲームですが、ディフェンスでいいプレーがいくつかありました。
21 タケヨシ よく走って、よく前に出ていました。劣勢の中でのタックルはしんどかったと思いますが、がんばっていました。トワカとともに第一試合MVP
23 タカシ ハーフとしていいポジショニングで、いい球出しができています。全体を見れてきていると思います。
24 ユウタ タテへのスピード、確実なタックルに加え、パスの技術が格段にうまくなっています。日々の努力だと思いますが、レベルアップしています。第二試合MVP
25 リンタロウ ゲームキャプテン任命され、責任感をもったプレーをしていました。走っていました。
26 アヤト ボールを持っていないときのウィングからの声が一番出ていました。指示の声を出していこうとゲーム前のミーティングの話を一番できていました。
27 ゴウシ ディフェンスアタックともに、急成長中です。合宿でもっと伸ばしていきましょう。
28 ソウジン 密集でボールに集中できていました。ゲームの流れを読むことによってもっと活躍できると思います。

ここから目標に向かってさらにチームになっていきましょう。もう一つ上のステップにチームをもっていきましょう。

5年生 6/2・6/3 記念交流戦

これ以上ない晴天の中、さぬきラグビースクールさんとの交流、豊中ラグビースクール40周年記念交流戦を、迎えることができました。さぬきラグビースクールさん、本当にすばらしいチームでした。学ぶべきところがたくさんありました。5年生としても参加させていただきました懇親会、交流試合では特に5、6年生の小学生トップチームの試合に対する姿勢は、見習うところだらけでした。チームメイト同士声をかけ会いながら、ゲームで挑んでいる姿は大変立派でした。すばらしいチームでした。今後もよろしくお願いいたします。
豊中5年生も熱い中5試合よく戦い抜きました。ごくろうさまでした。めざすべきチームのカタチを今の段階ではじゅうぶんに出しきれていると思います。チームでトライが取れるようになってきています。ただ、最後に伝えたようにもっと上を目指します。合宿までに、今の時点での戦い方をまず完成させていきます。そこから、次へのステップに行きます。ここからが勝負です。頭と体をフルに使う豊中5年生の必勝パターンをつくっていきましょう!

今回の各選手のレポートはこちらです。
1 カンタロウ 今回もフォローの速さと速い球出しで、チームの流れを作ってくれました。第2試合MVP
3 ユイト 出場時間が長くなりましたが、ボールへの集中力を切らさず、ペナルティでのディフェンスの反応も良かった。
4 ヒロト 密集でのボールに対する反応の速さは、あいかわらず良かった。ヒロトらしいプレーが、チームを引っ張っています。
6 ユウタ 身体の大きさだけにたよらないスキルを身につけて行っています。ここは、君の将来にとってプラスになります。摂津天王山6年生戦MVP
7 タイチ ゴウシとともによく守り抜きました。モールの中での動きもチーム大貢献です。
8 ユウト いつもながら、ここにいてほしいポイントに全ていてくれます。ゲームの流れを理解し常にその先に動いてくれています。
9 マコ 泣きながら退場の場面は心配しましたが、その後は強気なプレーの戻って安心しました。
10カイキ ケガあけで不安でしたが、あいかわらずの運動量でFWの中心でした。
11 ケイ 突破力を活かしたプレーが多くありました。トライ量産でした。
12 ヒロノリ ペナルティからのずらしての前進はいいプレーでした。続けていこう。
13 タイヨウ 前回に反省である外の押し出されるプレーをキッチリ修正できていました。
14 ヒロユキ おそらく倍ほどの体重差があるプレイヤーに果敢に挑んでいました。次回はケガしないスキルを身につけていこう。6ユウタとともに摂津天王山6年生MVP
15 ランタロウ 北摂大会に続き絶好調、ゲームプランを作れています。そこだけでなく、今まで課題であったタックルでも大活躍。
16 トワカ ディフェンスでの活躍だけでなく、ボールを持ってのプレーでもいいゲインが多くありました。
17 マサトシ アタックディフェンスともに、出だしの速さでチームに大貢献。前に出れています。
20 ヨウスケ 第三試合、れっせいのゲームではありましたが、BKを引っ張っていました。
21 タケヨシ いい前進とボールを活かすボディーコントロールができていました。
23 タカシ 良くボールに反応できていました。球出しのタイミングもすごく良かった。第1試合MVP
24 ユウタ タックルはもちろん、突破力に加え、パスを放すタイミングも完ぺきでした。カンタロウとともに第2試合MVP
25 リンタロウ 密集での突破だけでなく、モールでの強さもはっきしていました。
26 アヤト トライゲッターとして大活躍。懇親会でも1番の大活躍。2日間のMVP
27 ゴウシ ここ1ヶ月で大成長。一番伸びているプレイヤーです。23タカシとともに第1試合MVP
28 ソウジン 試合に対しての取り組み方が積極的にかわってきました。次はもっといけます。

豊中6年生の試合に参加したプレイヤーは特に感じたかもしれませんが、ボールをうごかすパススキルに今の5年生との差を感じたと思います。ここの差をうめていくことで、5年生はもっとよくなります。ここからの練習で上手くなって行きましょう。

北摂大会 5年生

真夏日の中、21名参加の6試合、よくがんばりました。結果は、5勝1敗で目標の全勝まではいきませんでしたが、各選手ベストはつくせたと思います。みんながんばりましたが、特に吹田戦、東淀川戦のプレーは良かった!
でも目指す目標は、もっと上です。合宿をふくめ豊中5年のスタイルで勝ち切るチームにしていきましょう。
各選手のレポートはこちらです。
1 カンタロウ 高槻戦、吹田戦いずれもFW陣の中心で、特に密集まわりでの速い攻撃が効果的でした。
3 ユイト 東淀川戦での、低いあたは良かった。ボールキープも出来ていました。
4 ヒロト 接戦の時に、かれの負けずきらいの気持ち全面に出たプレーが、チームを盛り立てます。摂津天王山戦MVP
6 ユウタ 全てのブレイクダウン、ユウタが支配していました。本当にご苦労様です。みんながユウタに感謝してます。高槻戦MVP
8 ユウト ここにいて欲しいと思うところに全ていてくれました。
9 マコ 身体の柔軟性、強さでガンガン行ってました
11 ケイ 突破力とやわらかいステップ、積極的なディフェンス、全て良かった!
12 ヒロノリ モールラックへの早いつきはドンドン良くなってます。
13 タイヨウ 自分の身体の強さを活かしてプレー出来始めてます。第一試合箕面戦MVP
14 ヒロユキ 絶対に抜かれないディフェンスとボールを活かし続けるアタックで、今日も存在感がありました。
15 ランタロウ ついに才能大爆発です。全てのプレーに大興奮しました。ゲームを全てコントロールしていました。今日一番輝いていました。東淀川MVP
16 トワカ 常に相手をとめてくれる安心感があります。攻撃にもからんでいました。
17 マサトシ 一番最初にタックルにいき、一番最初にモールラックに入っていました。ランととも東淀川戦MVP
20 ヨウスケ ウィングに入った時の身体の強さを活かしたボールキープは、すごく良かった!
21 タケヨシ ナイスタックルでした。前にでるプレーがすごく良かった。
23 タカシ いつも以上に速い球だしで、ゲームに集中していました。
24 ユウタ 必ずとめるタックルと、突破力。今日は、それ以上に周りを活かすナイスパスが特に良かった。
吹田戦MVP
25 リンタロウ ボールを持った時の爆発力と、今回は粘り強いディフェンスも良かった。第四試合箕面戦MVP
26 アヤト 決定力を持ったウィングに成長しています。今回もチャンスを活かしきっています。24ユウタと共にMVP
27 ゴウシ 気持ちが前に出てきています。ここからもっと伸びます。ナイスタックル!
28 ソウジン サイドアタック、タックル、めちゃくちゃ伸びています。

今回は、特に15ランタロウのプレーに驚きました。ハーフの時に特に良いと思ってましたが、スタンドオフでもめちゃくちゃ良かった!ゲームをコントロールしていました。もちろんみんながんばりましたが、何人かに引っ張られ、みんなでレベルアップしていこう!
来週からの練習で。もっと上手く、強くなっていこう。

少し残念だったこととしては、一生けんめいにプレーしている相手プレイヤーに対して、観ている選手がバカにするような態度がありました。あれは、絶対によくない。次からはやめましょう。

豊中5年生みんなで、強くなっていきます。ゲームに勝つだけでなく、本当に強いチームはどういう態度をとるべきか、みんなで考えていこう。

5年生 5/20

先週の練習が雨で中止だったので、久しぶりの練習です。また、次週北摂大会ですので感覚をもどす事と、試合でのそれぞれのポジションにおいてのやくわりの確認をしました。今回は体験でR君が参加してくれました。初めてとは思えないボールへの反応や、全体の動きをわかっているプレーが多く期待大です。

今回の練習メニューは
① 体幹トレーニング
② インターバルラン
③ ライン攻撃
④ ディフェンス2 アタック1 の時のボールキープ、前進
⑤ FW,BK別れ  BKは3対3での前に出るディフェンス
⑥ 紅白戦

⓸の練習において、相手のディフェンスに対し正面に当たりに行くのではなく、ずらして前に出るプレーを練習しました。パスがもっとうまくなっていくと相手とのコンタクト(ぶつかる)をできるだけ少なくしトライまでボールをつなげていきたいのですが、相手ディフェンスも出てくるので、そのなかでいかに前に出ながらボールを味方に渡していけるかを考える練習です。できるだけ少ない味方の人数でボールを展開していけるかを北摂大会でも出していきましょう。紅白戦でもいくつかそのプレーが出ていました。7タイチ、4ヒロトあたりが前に出ながらボールを味方に出せていたと思います。

5年生へ

ディフェンスでまってしまうと、今の5年生では勝てません。まずは、前に出るプレーを

5年生 5/3

連休初日ということもあり、少なめの人数で、6年生と合同での練習をしました。6年生は、一つ一つの練習に対して、手をぬかずに声をだしながら、積極的に練習をしていました。5年生も見習うべき点が多かったと思います。

練習メニューは
①体幹トレーニング
②インターバルラン
③2対1.3対2
④FW.BK別れ
⑤ミニゲーム

②インターバルランでは、6年生は、さすがに自分に厳しいプレイヤーが多かった。5年生は、まだ自分のための練習という意識が低かったのでは、ないでしょうか?
自主練習含め、目標に向かって自分自身で努力して行こう。次の北摂大会に向けて気を引き締めていきましょう。

5年生 伊丹交流戦 ラグビーカーニバル

まずは、吹田戦の勝利おめでとう!仕事で早退してそのゲームだけ見れませんでしたが、ビデオで見てもこうふんしました。ナイスゲームでした。この時点でのひとまずの目標としていたところまでは、いっていると思いました。ただ、ここからです。その試合に出ていたメンバーも出ていなかったメンバーも、ここからもっとうまくなってどんどん上を目指していこう。課題もたくさんあったので次回の練習からもっとしんけんになってうまくなっていこう。
各選手の良かったところを書いてみました。

1 カンタロウ 出場したすべての試合でボールにからみ、まえにでるFWらしい選手に成長しました。努力のせいかが結果として出てきています。
2 コウダイ スタンドオフとしてディフェンスラインをまとめていました。自分でもしっかりとしたタックルで相手の攻撃を止めていました。
3 ユイト 強い当たりでサイドをよくゲイン出来ていました。最後まで集中してゲームに入っていました。勝利にこうけんしていました。
4 ヒロト ウィングでの出場では、スピードに乗ってボールをキャッチできていました。ディフェンスでも前に出れていたと思います。
5 ライト ハーフとして、長い距離のパスが投げれるようになってきています。ゲームの流れもつかんできています。
6 ユウタ ダントツの突破力と、モールラックでのボール獲得力の高さはNo1。吹田戦でもつねに前に出て、チームを引っ張ってくれました。吹田戦MVP
7 タイチ 力強いタテへの突破と、ラックにおけるオーバーに数多く入って、ボールキープをしてくれました。
8 ユウト 伊丹戦におけるもっともチームにこうけんしたプレイヤーでした。ポジショニングと速い反応はすばらしい。伊丹戦MVP
9 マコ ステップとボディバランスで、スタンドからゲインして、ラインを引っ張っていました。
10 カイキ 病み上がりで少ない出場時間でしたが、前に出るプレーを見せてくれました。
11 ケイ 24ユウタとはまた違った、スペースを見つけての身体をずらしてのゲインはよかった。タックルも安定していました。三田戦MVP
12 ヒロノリ 前に出るプレーが数多くあり、積極的にプレーできていました。ボールを持った時のプレーがよかった。
13 タイヨウ センターに入った時にしっかりと踏み込んだタックルがいくつかありました。
14 ヒロユキ トライゲッターとして、スピードにのったライン参加がよかった。流れの中でのいいトライがいくつもありました。吹田戦6ユウタとともにMVP
15 ランタロウ 伊丹戦、吹田戦でのゲームは、ランタロウのゲームプランだったと思います。展開やボールだしのタイミングなどカンペキでした。茨木戦MVP
17 マサトシ 何度もタックルでチームを助けてくれました。アタックでも次につながるしっかりとしたジャックナイフができていました。
20 ヨウスケ 二つのポジションをしてもらいましたが、落ち着いてプレーできていました。ディフェンスでもプレッシャーを与えていました。
21 タケヨシ 何よりも前に出るディフェンスをじっせんしていました。アタックはここからうまくなります。
23 タカシ つねにハーフとしてのポジショニングに気を付けてプレーできていました。速い球出しをできていたと思います。
24 ユウタ 確実なタックルとスピードに乗った突破、チームの柱です。吹田戦もユウタのタックルなしでは勝てませんでした。尼崎戦MVP
25 リンタロウ ナイストライです。強い当たりと器用なプレーを使い分けてできています。
26 アヤト FWとして参加したゲームも良かったですが、BKとしてでた吹田戦のプレーは理想のトライパターンでした。
27 ゴウシ アタックのチャンスは、あまりありませんでしたが、根気強く前に出るディフェンスができていたと思います。
28 ソウジン キックオフの反応でいいプレーがありました。集中してゲームに参加できていました。
29 タカヒト 積極的なゲーム参加と今回はボールをもってのゲイン、味方へのボールの供給が確実にできていました。

2日間よくがんばりました。接戦をものにできるようになってきました。豊中5年生全員でうまく、強くなっていきます。相手も強くなるのでそれ以上の努力をしていこう。

5年生 4/22

入校式から最初の練習が雨で中止になってしまい、来週の試合前の一回の練習になってしましました。ですので、試合形式の練習を多めにとって来週に試合に向けての練習中心になりました。今までよりグランドが広くなりよりチームとしてのプレーが重要になってきます。そこをわかって来週の試合にのぞんでください。セットプレーに入る前にグランドをひろくみわたすくせをつけてみてください。きっと今自分はなにをするべきかがわかってくると思います。
今回の練習メニューは
① 体幹トレーニング
② ライン攻撃 
③ FW BK別れ 
④ アタックディフェンス

③においてBKはおもにディフェンスの練習をしました。ディフェンスラインでつめのディフェンス、サイドタックル、相手がボールを持ったタイミングでのタックル、このあたりに注目しての練習になりました。BKのプレイヤーにはどうやったら、こわいと思う気持ちをもちながらもタックルへ行けるかを場面場面ごとに説明をしたつもりです。もちろん自分より大きくて速くて、強いプレイヤーが突進してきたら誰でもこわいはずです。その時にどう相手を止めるかを根性ではなく、テクニックとしてどう止めるかをおぼえていきましょう。気合だけでは止まりません。そこではBKで7タイチ、24ユウタが特にいい動きをしていた。
④のアタックディフェンスでも、広いグランドにおいてそれぞれが、それぞれの場面でどう動くとトライに結び付くかを、かんがえながらプレーをすることを意識してもらいました。

5年生へ

試合では、熱くなる自分と、れいせいな自分、二つをもってください。まずは、前に出る。

入校式 5年生

豊中15中で入校式でした。新5年生27名でここから、今まで以上にがんばっていきましょう。4年生の後半で希望ポジションをききましたが、9人制に入ったこのタイミングで、ひとまずポジションを固定します。ただ、特にバックスのプレイヤーは、2つ以上のポジションをできるように、練習中も他のポジションでのプレーにも積極的に参加してください。

今回の練習メニュー、1番のテーマは「ボールのつなぎ」です。
① 体幹トレーニング
② タックル後のボールのつなぎ
③ フォワード、バックスポジション別練習

②の練習では、フォローのプレイヤーとのきょり、タイミングでつなぎのプレーを4段階に区別し、フォローのプレイヤーの声ではんだんするところまで行きました。
1・モール
2・オフロードパス
3・たおされたあとのポップパス
4・ジャックナイフでのダウンボールからの片手でのピックアップ

このプレーを試合のいろいろな場面で、声での指示で出せるようにして行きましょう。

③の練習では、バックスのプレイヤーには、それぞれのポジションでのまずの課題(宿題)を出しました。
SH 左のスクリューパス
SO SHからのパスを前に出て1歩でCTBに正確なパス
CTB ストレートランを意識したクイックパス
WTB 1対1で抜き切るスピードに乗ったボールキャッチとランニングコース取り

まずは、自主練でこの部分を特にやっていってください。一人でやる場合もこのプレーをイメージしながら進めてください。
5年生になりました。高い目標をしっかり立てて、それに向かって努力をしていこう!