2/24 2年生合同練習(東淀川、能勢RS)

 2月24日はマルチグラウンドに東淀川RSと能勢RSを招いて、合同練習を約1時間と練習試合を約2時間行いました。参加生徒は豊中RSが22名、東淀川RSと能勢RSが7名、指導員は8名と6名でした。
 朝の気温は低かったのですが、良く晴れて風がなく、どんどん気温が上がって春のように暖かくなりました。暖かい午前中の半日、みなでラグビーを大いに楽しみました。
 東淀川RSと能勢RSの皆さん、ありがとうございました。また、一緒に練習や試合をやりましょう。

1.合同練習
 準備運動を兼ねて次の5種類を行いました。
  1対1で向かい合ってステップで逃げる、それをタッチで止める
  スパイダーウォーク
  ラダーとマーカータッチ
  直線ダッシュでボールキャッチ 1人
  直線ダッシュでボールキャッチとパス&フォロー 2人
 約45人の生徒とコーチが集まると壮観な眺めでした。

2.練習試合
 豊中RS対東淀川RSと能勢RSの連合チームの練習試合を第1、3、5試合で行い、第2と4試合は豊中RSの紅白戦を行いました。
 1月19日の低学年交流大会のあと、練習においてミニゲームは行わずパスの練習と7人制のコンビネーションをやってきたので、久しぶりのゲームとなりました。7人制の準備はまだできていないので、5人制のゲームとしました。
 東淀川RSチームには12月の豊中交流戦で2戦して2敗でしたが大きな差はなかったと思います、今日は豊中が少し優勢だったと思います。

 久しぶりのゲームだったので生徒のみなはたくさん走り回りました。当たってのパスも多くできて、パス先を探すプレーとパスを受ける声掛けも良かったです。第4、5試合になると3人のラインパスからのウイングのトライ、ノーマークへの味方へのラストパスでのトライが生まれました。練習を行ってきたパスがゲームの中でできてきたので大いなる進歩を感じました。
 新しいプレーは数名ができると他のメンバーも刺激を受けてすぐにできることが多いです。いまからさらに練習をしましょう。

3.連絡事項
 3月は4回の練習を行い、21日は修了式と6年生のお別れ試合の予定です。
 新3年生の7人制のための練習をピッチを上げて行います。スクラム、ラインアウト、キックオフ、キックの陣形(フォーメーション)とポジショニング、さらに試合の進め方を覚えていきましょう。4月中旬には大会の予定があります。
 ラグビーノートには試合でできたことやできなかったことなども書いてください。コーチが交代で見てコメントを書いて返します。4月からは全員に書いてもらいます。
 

2/17 2年生練習内容

 2月17日の練習は三中で行い、参加生徒は20名、指導員7名でした。風はなかったですが肌寒い午前でした。パスとランニング(パス&ラン)をたくさん行い、7人制の動きを練習しました。

1.スパイダーウォークと腕回し
 股関節の可動域を広げるスパイダーウォークを前進と後進とで行い、その後に腕回しとダッシュを行いました。

2.アクションとランニング
 いつもとほぼ同じメニューでラダー+ハードル+マーカータッチ4ケを行いました。

3.ランパス
 いつもの4人一組のショートランパス(約7m間でパスを一方向のみ)を行い、次に同じく4人一組でロングランパス(約25m間でパスは往復させる)を行いました。素早くパスを廻して次のグループもボールをもらったらすぐに発進するように、テンポを速くしました。
 最初は良いパス(相手が受けやすいパス)が少なく、キャッチングも簡単にボールを落とすことが多かったので、集中力をもって練習することを注意しました。最後にはパスもテンポもずいぶん良くなりました。たくさん走って少しバテましたね。

4.パスキャッチとダッシュ
 パスをもらうときにダッシュをしていないので、一人で直線をダッシュで走って、コーチからのパスを受けて、そのままダッシュして走り抜ける練習をしました。

5.ラインパス2人
 スクラムからのバックスラインのパスを2名で行いました。パスをもらうときとパスを出すときに斜めに走ることが多いので、直進することを注意しました。サポートラン(パスをしたらボールの後ろを回ってフォローする)は行わず、直進でダッシュすることを目指しました。

6.7人制のコンビネーション
 新3年生の7人制に向けて行っている練習で、フォワード(F)3名、ハーフ(H)1名、バックス(3名)を決めて、スクラムからのラインパス攻撃の展開とモールからの展開を練習しました。
 先週と同じく、スクラムからHがBにパスをして、B3名のラインはボールを外側に順番に廻し(展開して)、Bの一番外側の選手はDfになったコーチに当たってモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって3人(先着3名様と覚える)で押してボールを取ります。モールの近くにいる選手とは、この状況ではBの3名になることがほとんどです。Fの3名はBよりは遅れて走ってくるのでモールには加わらずに、バックスのように3名でラインを作って待ちます。すなわちFとBが入れ替わったようになります。Hは同じ選手に固定しました。Hはパスをラインに並んだ3人に出して、また、展開します。

 その後に初めてDfに生徒がなって、試合形式の練習を行いました(アタックディフェンス練習)。DfはAtのHがパスをしたら走りだします(スタート)。2年生の5人制ではBがボールをキャッチしてからがスタートですから、スタートのタイミングが変更になります。ルールを理解して早く慣れましょう。
 新3年生の7人制では、このほかにラインアウト、キックオフ、キックの陣形(フォーメーション)などが5人制と違います。これから3月末までにポジショニングと試合の進め方を覚えていきましょう。

7.連絡事項
 ラグビーノートはたくさん出してもらいました。コーチが交代で見てコメントを書いて返します。4月から始めてもよいですよ。
 次週24日はマルチグラウンドで東淀川RS、能勢RSといっしょに合同練習と練習試合です。午前9時集合で、12時30分くらいまで活動します。

2/3 2年生練習内容

 2月3日の練習は十五中で行い、参加生徒は19名、指導員7名でした。

1.アクションとランニング
 前半はいつもと同じメニューでラダー+ハードル、後半はタックルバッグ投げを行いました。タックルバッグを両手でつかんで大きく振り回して放り投げました。

2.足回しとスパイダーウォーク
 先週に続いて股関節の可動域を広げる運動を行いました。足回しは片足でハードルをまたぐように廻して歩きます。片足ずつ後ろ回しと前まわしを行いました。
 スパイダーウォークは2回目だったのでずいぶんうまくなりました。ダルマさんが転んだを入れて静止する時間を作ったので体幹も強くなったと思います。

3.7人制のコンビネーション
 これも先週から始めた3年生の7人制に向けての練習です。フォワード(F)3名、ハーフ(H)1名、バックス(3名)を決めて、二つのコンビネーションを行いました。
 スクラムからHがBにパスをして、B3名はラインを作って(3人が横に並んでおくこと)ボールを外側に順番に廻します(展開する)。FとHとパスをしたBの全員がボールを追いかけて外側に走って、ボールに追いついた順番にパスを受けて、次々にパスをつなぎます。このオールメンフォローは4人ないし5人でやったことがあるのでうまくできました。
 次にスクラムからの展開とモールからの展開を練習しました。
 スクラムからHがBにパスをして、Bのラインはボールを展開して、Bの一番外側の選手がDfになったコーチに当たってモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって3人で押してボールを取ります。モールの近くにいる選手とは、この練習ではBの2名になることがほとんどです。Fの3名はBよりは遅れて走ってくるのでモールには加わらずに、バックスのように3名でラインを作って待ちます。すなわちFとBが入れ替わったようになります。Hは同じ選手に固定しました。
 モールからは最初のスクラムからと同じようにHがラインにボールを出して展開します。ラインの一番外側の選手がDfになったコーチに当たって2番目のモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって押します。この2名はFの選手になります。Bは1番目のモールから遅れてくるのでこの2番目のモールには加わらずにラインを作って待ちます。そしてHがボールをラインに出して、3回目の展開をしてラインの一番外側で3番目のモールを作ります。
 ポジショニングがなかなか難しいですね。グラウンドではコーチ達がホワイトボードを使って、あるいは地面に書いて説明をしました。モールに加わるのはボールのそばにいる3名なので「先着3名さま」と覚えてください。残りの3名がラインで並びます。
 3番目のモールに加わる3名はFでしょうか?Bでしょうか?次回の練習で生徒の皆さんから答えを聞きます。
 説明が長くなりましたが、このポジショニングが3年生のラグビーのキモだと思います。

4.カバディのゲーム
 カバディを初めて行いました。ルールは少し変えて5人制で行いました。
 カバディでは、作戦を考えて、状況を判断して、声を出して、アイコンタクトをして、素早く動いて、AtはDfへのタッチをねらい、Dfは協力してAtの選手を捕まえて陣地に返さないようにします。ラグビー的な要素がたくさん含まれています。特にDfはみなでまとまってAtの一人の選手を捕まえますが、そのタックルは良かった。
 
5.連絡事項
 ラグビーノートを書いて提出してください。ノートは2冊を1週間ごとに交代で提出してください。4月から始めてもよいです。
 今日の練習でできたこと、できなかったこと、できるようになりたいこと、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。
 主任コーチが保護者のみなさんに中学年(小学3、4年生)のルールの概要を説明しました。3月のビデオ観賞会などでもまた、行う予定です。 

1/13 2年生練習内容

 1月13日の練習は南丘小で行い、参加生徒は19名、指導員7名でした。2年生は1月から1名増えて総勢23名となりました。今日は風がなくてだんだんと暖かくなりました。

1.アクションとランニング
 いつもとほぼ同じメニューで、ラダー+ハードル+マーカータッチ+ボールのピックアップとダウンボールを行いました。時間を少し長くしたので、ちょっとバテ気味になりましたね。

2.パス
 いつもの4人一組のショートランパスを行い、次に同じく4人一組でサポートラン(パスをしたらボールの後ろを回って3人の外側に行って、パスをもらう。)をやりました。校長先生が一緒に走ってくれて、「パス」「左」と大きな声の見本を見せていただきました。生徒も負けずに大きな声を出しました。

3.当たり
 19日の試合のためにコーチを相手に、①一人で当たる、②当たって後ろを向いてパスをするを行いました。久しぶりの練習だったので、低い当たり、当たった後も押し続けるパワーフット、コーチにボールを取られないように手を伸ばしてボールを下に置くを重点的に復習しました。

4.もぎ取り
 前回の試合で、ボールを持って突っ込むのは良いが、相手からボールに絡まれて(ボールをホールドされて)、モールパイルアップ・モールアンプレアブルになってしまい、相手ボールのスクラムにされたことが多かった。そこで、絡まれたボールをフォロワーがうまく取る練習をしました。
 フォロワーは、前にいる味方の絡まれたボールに①強く当たる、②片手を味方が持ったボールの奥に入れる、③入れた手の肩を下向きに回して体重をかけてボールをもぎ取る。
 1年生の後半でこの練習はしましたが、手を入れて肩を廻せば簡単にボールを取れます。ボールを自分方向に引っ張るだけではなかなか奪えません。
 試合では、フォロワーは味方の後ろに行くが、離れて立っていて何もしないことが多いので、これはミニゲームの中でボールに向かって強く当たることを教えました。まだまだすぐに体は動かないですが、ボールを取りに行くことを意識してくださいね。

5.ミニゲーム
 2本のミニゲームを行いました。当たる前のパスが出るようになり、今日練習した当たってのパスもできました。タックルをされて、あるいはタックルをして地面に寝たままでボールを取りに行くプレー(ノットリリース ザボール)がいくつかあったので、起上ってからボールを取りに行くように注意しましょう。

6.19日の試合
 19日(土)は11時集合で、午後から万博競技場で大阪府協会の低学年交流大会があります。2年生は2チームのエントリーで4試合をします。練習してきたパス、当たり、もぎ取り、抱き止め(ホールド)、タックル、ピラーができるように頑張りましょう。
 靴の注意です。試合は天然芝のフィールドでいつものスパイクを使用しますが、試合前の練習はアンツーカー部分でアップシューズ(運動靴)を穿いて行います。靴は2種類が必要で、シューズケースを準備してください。

7.ラグビーノート
  今日はラグビーノートは9冊を預かりました。来週返します。ノートは2冊を1週間ごとに交代で提出してください。4月から始めてもよいです。
 できたこと、できなかったこと、できるようになりたいこと、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。

12/23、24 2年生練習内容

 12月23日は十五中での練習で参加生徒は18名、指導員5名でした。24日はマルチグラウンドでの年内最後の練習で参加生徒は18名、指導員6名でした。両日ともそれほどの寒さではなかったですが、休憩時間になると手が少しかじかみました。 

23日の練習
1.アクションとランニング
 往路でラダー+ハードル+マーカータッチ、復路はボールのお腹回しと股くぐらせをしながらの前進と後進。

2.パス
 いつもの普通のランパスを4人一組で行いました。
 次に同じく4人一組でサポートラン(パスをしたらボールの後ろを回って、3人の外側に行ってパスをもらう。4人でどんどん外に回る。11月から始めた練習です。)をやりました。

3.肩当てタックル(初めて)
 肩当てタックルを行いました。両手を体の後ろに回して、肩で相手の胸に当てる。これは普通のタックルにおいて足の踏み込みを強く行うための練習です。初めてなので少し難しかったです。

4.肩当てタックルのタッチフットボール
 肩当てタックルでタッチフットボールを行いました。3人対3人で、Df側は肩当てタックルでAtの選手にタッチします。At側の選手はボールを持って5歩までは歩いてよいが、6歩目になる前にはパスをしなくていけない、それで前進してトライを狙う。
 タックルの練習ですが、At側のパス回しの練習でもあります。これも初めてなので少し難しかったです。

5.試合の反省点
 T副主任から16日の試合の反省点を説明しました。
・試合に負けて悔しかったら、できなかったことを練習で克服する。
・練習では、できなかったことを繰り返し行って、マスターする。
・コーチからのアドバイスをしっかりと聞くこと。
・コーチが話をするときは、コーチの目を見て真剣に聞くこと。土いじりをしない。

24日の練習は、23日ほぼ同じ内容でした。
1.アクションとランニング
 往路でラダー+ハードル+マーカータッチ+ボールタッチ。グラウンド状態が悪かったので、このアジリティの練習は、タッチラインの外の芝の状態が良い場所で行いました。ちょっと狭かったです。

2.パス
 いつものランパスを4人一組で約15m往復。みなのパスが悪かったので最初のパス回しは立ったままで行い、次にランパスをしました。
 次は4人一組でサポートランパスです、4人でどんどん外に回ってランパス。

3.肩当てタッチフットボール
 23日と同じく肩当てタックルでタッチフットボールを行いました。4人対4人です。At側がパスを廻せばトライがすぐできると思ったのですが、Dfがしっかりと走りました。
 
4.親子タッチフットボール
 保護者のお父さん、お母さん、お兄さんとコーチを相手にタッチフットボールを行いました。グラウンドの表面が水分を含んで荒れていたので滑りましたが、久しぶりにみなでタッチフットを楽しみました。お父さんのロングパスと猛ダッシュ、お母さんの悲鳴と一緒のパスはすごかったですね。

5.表彰とプレゼント
 年間MVP(4月から12月まで)を2名表彰して、賞状を渡しました。T21は今年1月の入校ですが練習熱心で進歩が早く、試合ではトライをたくさんしてタックルもたくさん決めました。
 Y14は練習をしっかりと行い、試合では確実なプレーで前進して、また相手を止めました。
 次に、全コーチから生徒のみなさんにノートを2冊づつプレゼントしました。これをラグビーノートにして、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。2冊あるのは交互提出用です。1月ないしは4月から始めてください。

 みなさん、1年間お疲れさまでした。どうぞ良い年をお迎えください。Have a happy New Year. 来年もよろしくお願いします。

2年生 交流戦

 16日はマルチグラウンドで我が豊中RS主催の交流戦が行われ、2年生は兵庫県RSと東淀川RSと6試合を行いました。参加者は生徒20名と指導員6名でした。
 風がなくて涼しい程度の気温でした。久しぶりの10分ハーフで6試合あったので、出場選手も応援する保護者もコーチも大いにラグビーを楽しみました。

1.試合の結果
 2年生は、6試合の12ハーフごとにメンバーを組んで、各選手は3ハーフに出場しました。 

 試合の概要は次のとおりです。
第1試合 豊中対兵庫県 負け 7トライ:10トライ(前半3:6、後半4:4)
 豊中はタックルポイントへの集まりとラックオーバーが遅かった。相手は倒された後のピックアップ(ボールを拾う)が早かった。実力差は大きくはないがこのブレイクダウンの差で負けた。
 MOM(マンオブザマッチ)は、DfもAtも頑張ったS3が獲得。

第2試合 豊中対東淀川 負け 9:14(前半2:8、後半7:6)
 豊中の前半はDfが甘くて相手のスピード選手2名を止められなくて大差となった。ポイントへの集まりも遅かった。後半は両チームともにDfが甘くてトライの取り合いとなった。相手に触ったら離さない、一人目が捕まえたら二人目が倒すというDfができていれば締まった試合にできたと思われる。
 MOMはタックルを頑張って、トライを2本決めたS12。

第3試合 豊中対兵庫県 勝ち 20:1(前半10:0、後半10:1)
 豊中の快速ランナーは相手のDfの出足が遅いと、相手のオープンスペースに向かって走りこんでスピードで相手を振り切って前進、トライができる。実力差以上に点差が開いた。
 MOMはDfでタックルをたくさんしたS7が獲得。

第4試合 豊中対東淀川 負け 11:13(前半4:7、後半7:6)
 前半は相手がラックオーバーがうまくてボールをつながれた。後半は走り勝ってトライができた。
 MOMは、Atでのランとステップが良かったT18。

第5試合 豊中A対兵庫県 勝ち 18:1(前半9:1、後半9:0)
 この試合は相手のDfが甘かったので豊中はオープンスペースを見つけて走り回り、実力差以上のトライができた。
 MOMはスピードとチェンジオブペースでトライを重ねたY22。第4試合では初出場初トライをあげた。

第6試合 豊中対兵庫県 負け 3:16(前半0:7、後半3:9)
 豊中はしつこいDfができずに相手の連続攻撃を止められなかった。逆に相手は豊中をしつこく止めていた。豊中は特にこの試合では、片手でボールを持って突っ込んだり一人で無理に前進して、もぎ取られたりモールアンプレアブルになることが多かった。
 MOMはDfもAtも頑張ったS13が獲得。

計6試合で2勝4敗と久々に負け越しましたが、力の差はそれほどないと思います。総得トライ数は68、総失トライ数は55でした。

2.プレーの内容について
 今日の試合では特にDfが良くなかったと思います。
①とにかく相手をつかむ。相手をつかんだら離さない。そうすれば味方の二人目が追い付いて一緒に相手を倒すかボールを押さえることができる。 
 走っている相手の近くにまでは行けているので、もう一歩頑張って前に出て、とにかく相手をつかもう。

②タックルポイントとモール、ラック(いわゆる接点)への選手の寄り・集まりは相手より少しだけ遅く、そして地面にあるボールを拾うのが遅かった。そのため攻撃が継続してできなかった。相手は逆に攻撃が連続した。

 選手の皆さんは着実にうまく、強くなっています。継続して練習をしているパスとピラーは、試合ではなかなかできないが、やろうという意思が見えてきました。
 負けた試合での力の差は小さいです。いくつか気を付けるプレーをすればすぐに逆転できると思います。今から勉強しながら練習をして、来年1月19日の交流戦の試合は頑張りましょう。

12/9 2年生練習内容

 12月9日は南丘小で練習を行いました。参加生徒は20名(うち体験1名)、指導員8名でした。アジリティとパスの練習は先週とほぼ同じですが、12月16日の試合に向けてピラーの復習とタックルの練習をたくさん行いました。気温は約10℃と今年の最低の気温で、寒い午前練習となりました。OGのYさんが来てくれました。

1.アクションとランニング
 往路でラダー+ハードル+マーカータッチ、復路はフライのキャッチとドリブルを行いました。

2.パスランニング 1人対2人
 先週から始めた練習です。パッサー(パスをする人)が縦方向5mおきに3個置いてあるボールを順次拾って右横にパスします。レシーバー(パスをレシーブする人)2名は右横約5m離れた位置で交替にパスを受けます。
 レシーバーは走りこんでボールをもらうようにしたいが(立ち止まってボールをもらわない)、タイミングを取るのが難しく、まだうまくできません。このパスが実戦で使うパスなのでたくさん練習しましょう。

3.ピラーの練習 5人対コーチ
 ピラーの練習は先週行わなかったので、試合に備えて練習しました。モールに3人が入って相手を押し、残りの2名はモールの左横と右横にピラーとして立つことは理解できてきました。
 そのピラーが立つ位置がまだまだ良くなくて、モールの後ろでうろうろしながら立っていることが多い。モールの横でできるだけ前に立ちます。モールを組んでいる味方の一番後ろの選手の足の線がオフサイドラインなので、この位置まで出て並びます。相手にボールが出たら2名が一緒に前に出て相手を止めます。また、「右見た」、「左に行け」、「ボール出た」などの声がまだ少ないです。
 
4.タックル 1対1の生タックル
 ボールキャリアー(タックルを受ける人)がやや斜めにゆっくり走り、それにタックラーがタックルします。
 最初はゆっくり行いました。相手のおへそをめがけてタックルの最初の足を踏み込むこと、両手を廻して相手の太ももを締めること、パワーフットで相手を押すこと、逆ヘッドにならないように気を付けることを注意して、確認しました。
 気温が下がって寒かったので、少し痛かったですね。

5.ミニゲーム
 今日のミニゲームは1年生相手のチームと2年生同士の試合のチームに分けて約30分間行いました。

6.次の試合
 次の試合は、12月16日(日)の豊中RS主催の交流戦です。兵庫県RS、東淀川RSと6試合行う予定です。今まで練習をしてきた、パス、当たり、抱き止め(ホールド)、タックル、モールとピラーができるように頑張りましょう。

10/28 2年生練習内容

 10月28日も先週と同じく十五中で練習を行いました。参加者は生徒19名と体験1名、指導員7名でした。練習の内容は先週とほぼ同じですが、アジリティとパスの練習時間を短くして、11月3日の試合に向けての当たり、タックル、ピラーの練習をたくさん行いました。
 今日はスクール創立40周年記念のストッキンッグを全員に配りました。

1.アクションとランニング
 ラダー+ハードル+ボールタッチを行いました。ボールタッチは地面に置いたボールに腰を落として、おへその下でタッチするのですが、今日は2個連続のタッチを行いました。

2.4人1組のショートランパス 
 今日はまず、走らずに立ったままパスを1回廻して、次にいつもどおりに走りながら1往復のパスを行いました。間隔を7mに短くしました。不安定なパスがまだ多いですが少しづつうまくなってきました。
 パスは重要なスキル(技術)なので毎週練習しますが、家で①ボール回しと②一人パスの練習をしましょう。3年生になったらパスができないと試合になりません。

3.当たりと抱き止めの練習 
 先週と同じく1対1で向き合って当たる練習です。At(アタック)はボールを持ってまっすぐ当たって、押します。今日はその時にボールをDfの選手に押さえこまれないように上半身をゆすって暴れ、そしてボールを胸の前ではなく下側の地面近くに保持することを練習しました。
 Df(ディフェンス)はAtの選手の上半身を抱き止めて(ホールド)まっすぐ押し返します。そしてボールを自由にさせないようにボールの位置をさがしてボールの上から抱きしめます。
 継続して練習しているのでAtもDfもうまくなってきました。試合ではAt側はボールを押さえこまれてアンプレアブルにならないように、Df側はまず相手を抱き止めること、そして次にボールを押さえてアンプレアブルにしましょう。

4.タックル 一人で連続2回
 この練習も先週と同じくコーチとお父さんの2名がタックルバッグを持って縦に並んだものに、連続して左タックル、右タックルを行いました。
 今日は最初のタックルをして地面に寝た後に、素早く回転して起き上がり(ロールアウェイ)、2発目のタックルに行く練習をしました。タックルの最初の足の踏込み、両手を廻して締めること、パワーフットで相手を押すこと、逆ヘッドにならないように気を付けることも行いました。

5.モールとピラーの練習
 Dfのモールの組み方とピラーの位置に立つ練習を行いました。ミニゲームの中では教えていましたが、5人が一緒になって行うのは初めてです。
 モールには3人が入って相手を押します。残りの2名はモールの左横と右横に立ちます(ピラー)。モールを組んでいる味方の一番後ろの選手の足の線がオフサイドラインなので、この位置まで前に出て並びます。相手にボールが出たら2名が一緒に前に出て相手を止めます。
 今日は5人が地面に伏せた状態で待ち、At側のボールがどこにあるかわからない状況でスタートすることとしました。初めての練習だったので少し戸惑いましたが、このDfができれば相手の突破を防ぐことができますので、たくさん練習しましょう。

6.ミニゲーム
 今日のミニゲームは5分間のゲームを3ゲーム行いました。練習してきたことは、コーチの声の指示があってですが、随分できるようになりました。当たってからのパスもつながりました。

7.次の試合
 次の試合は、今週11月3日(土)の大阪府スクール・ミニラグビーフットボール大会です。2年生は2チームが各2試合を行います。練習をしてきた、パス、当たり、抱き止め(ホールド)、タックル、モールとピラーができるように頑張りましょう。

10/21 2年生練習内容

 10月21日は十五中で練習を行いました。参加者は生徒14名、指導員3名でした。鶴見緑地で3、4年生の試合があったため、参加者は少なくなりました。

1.アクションとランニング
 今日は、ラダー+ハードル+ボールタッチを行いました。最後のランでは約7mの距離をジャンプして何歩で走れるかを行いました。6歩が多くて5歩は数名でした。

2.4人1組のショートランパス 
 今日も間隔を10mに広げて行いました。この10mの区間を4人横一列となりパスを1往復させます。毎週行っているので少しづつうまくなってきましたが、まだ試合で使えるレベルではありません。
 先週と同じく、落とさずにできた組はお茶を飲んでよいと言うと、全員がうまくできました。集中力と緊張感を持って練習をしましょう。
 パスは重要なスキル(技術)のひとつです。家で①ボール回しと②一人パスの練習をしましょう。

3.当たりと抱き止めの練習
 7月から始めた練習で、1対1で向き合って当たる練習です。At(アタック)はボールを持ってまっすぐ当たって、押します。その時にボールを押さえこまれないように上半身をゆすって暴れます。Df(ディフェンス)はAtの選手の上半身を抱き止めて(ホールド)、まっすぐ押し返します。まずAtの選手を捕まえることが一番大事です。余裕があればボールを自由にさせないようにボールの位置をさがしてボールの上から抱きしめます。At側がボールを動かせなくなったらアンプレアブルまたはパイルアップとなってDf側のスクラムとなります。
 継続して練習しているのでAtもDfもうまくなってきました。試合では特にDfにおいて相手を捕まえて押し返しましょう。 

4.当たり 一人で連続2回
 コーチとお父さんの2名がタックルバッグを持って縦に並びます。生徒はまず左で当たり、次に前進して右で当たります。片足を踏み込んで当たって前に押します。

5.タックル 一人で連続2回
 この練習もコーチとお父さんの2名がタックルバッグを持って縦に並びます。生徒はまず左でタックルして、次に前進して右でタックルします。逆ヘッドをしない意識を強めるために、左右を交互に行いました。
 タックルも片足を踏み込んで当たって前に押します。両手を広げてタックルバッグと台のコーチをしっかりと抱きしめます。

6.ミニゲーム
 今日のミニゲームはAtとDfの形式で行い、At側の選手がDfになったコーチにボールごと抱きしめられてモールになったときの練習をしました。
 このモールにAtの選手は3名が入って前に押す、そしてボールを後ろ側に動かして、モールの後ろで待っている2名に渡す。この2名はモールの左側と右側に立って(サイド)、出てきたボールを持って突進します。
 Df側も3名がモールに入って前に押す、残りの2名はモールの左横と右横に立って(ピラー)、At側にボールが出てそのボールを持って突進してくるAt選手を捕まえます。状況を理解して、そして有効な動きをする難しいプレーですが少しづつできてきました。

7.試合の予定
 次の試合は、11月3日の大阪府スクール・ミニラグビーフットボール大会です。大阪府内の26のラグビースクールが参加して、2年生は40チームです。我々は2チームが各2試合を行います。次回の練習も今日と同じくこの試合に向けて、当たり、タックル、モールのAtとDfのフォーメーションを中心に練習する予定です。

10/14 2年生練習内容

 10月14日は三中で練習を行いました。参加者は生徒19名、指導員6名でした。

1.アクションとランニング
 今日は、ラダー+ハードル+ボールの拾い上げとダウンボールを行いました。
 ラダーはステップを踏みながら、前面にいるコーチの示したマーカーの色を言う、コーチの指さした方向(右か左)を言う、コーチが出題した足し算や引き算を行う、などをしました。
 ボールの拾い上げ(ピックアップ)は、足を前後に大きく広げて、ボールがおへその下になるように構えましょう。足を広げずにボールが体の前にあるようにして拾うとノッコンします。
 最後に約20mの徒競走を1対1で行いました。対戦相手は生徒に選ばせました。

2.トライゲーム 1対1
 約5mの升目を使って、相手を抜き去るトライゲームです。Dfは両手でタッチします。
 At側の生徒は、最初は自陣の線上を左右に動き、Dfもそれに合わせて自陣の線上を左右に動きます。コーチの合図で二人ともに前に出て、Atは抜こうとし、Dfはそれをタッチで止めます。
 夏合宿から行っていますが、まだステップがうまく切れないので、Dfが有利な結果となりました。

3.家で行うパスの練習方法
 前回、家で行うパスの練習方法を教えましたが、欠席者とやっていない生徒がいたので、再度、やり方を説明しました。毎週2~3回行ってほしいと思います。
①ボール回し
 ボールを胸の周り、おなかの周り、すねの周りを左右2回ずつ廻します。これを2セット行います。慣れてきたらスピードを上げて、3回ずつに増やします。
②一人パス
 ボールを持って、まず右方向に腕を振って右側の上方向に少し浮かして、それをキャッチします。持ち替えないようにキャッチして左に腕を振って左側の上方向に少し浮かしてキャッチして、これを繰り返します。
 慣れてきたら腕を大きく上まで振ってボールを放します。ボールを縦長に浮かすことと持ち直す必要がないようにキャッチすることがポイントです。親指と人差し指の間が狭いとキャッチが難しいので、広げてください。

4.4人1組のショートランパス 
 今日は間隔を10mに広げて行いました。この10mの区間を4人横一列となりパスを1往復させます。①正確で優しいパスを素早くすること、②パスをした後にボールよりうしろの位置に動くこと、この2点をやらないと1往復ができません。
 まだまだパスそのものがうまくつながりません。今日もコーチが4人の中の一人となって一緒にパスをしたり、4人の後ろからパスのテンポを上げるように声かけをしました。
 最後に落とさずにできた組はお茶を飲んでよいと言うと、全員がうまくできました。集中力と緊張感を持って練習をしましょう。

5.ミニゲーム
 今日のミニゲームは、6分のゲームを3試合行いました。地上のボールをできるだけ早く拾うことはできましたが、ラックとモールになるとこれに参加して後ろから押すことは、まだできません。ここは強化ポイントのひとつなので、あと2回練習して試合に臨みます。
 
6.次の試合
 2年生の次の試合は、11月3日のスクール大会です。あと2回の練習でどれだけ強くなれるか、頑張って練習しましょう。

10/7 2年生練習内容

 10月7日は八中で練習を行いました、参加者は生徒17名、指導員4名。先週は雨で練習は休みでした。今日は最初は曇り空でしたが、晴れてきてどんどん暑くなりました。

1.アクションとランニング
 今日はランニングのスキップ、ストレートラン、スラロームラン、スラロームのシャドウランを行い、たくさん走りました。スキップは手と足のタイミングが合わない(右手と右足を一緒にあげる)生徒が数名いましたが、ちょっと注意するとすぐに補正ができました。

2.4人1組のショートランパス 
 8月にマルチグラウンドで初めて行った練習で、約7mの区間を4人横一列となりパスを1往復させます。①正確で優しいパスを素早くすること、②パスをした後にボールよりうしろの位置に動くこと、この2点をやらないと1往復ができません。
 先週の練習が休みで家でパスの練習をしていない生徒が多いようで、最初はパスそのものがうまくつながりませんでした。コーチが4人の中の一人となり一緒にパスをしたり、4人の後ろからパスのテンポを上げるように声かけをしました。時間とともにパスがスムースになってきたので、この練習を長く行いました。

 この練習にはいる前に、2年生ができていないこと2点の特別練習をしました。①パスを受けるとき、キャッチしてからボールを握り直さないこと、②パスを出すとき、相手の受け取る選手は走っているので、パスを出す目標は受け取る選手の胸の前より少し前にすること。①は生徒の手の大きさが3号ボールに比べて小さいので難しい面があります。②はできる生徒とできない生徒で差が出てきました。いずれもまずコーチの説明を聞いて理解して、そしてたくさんの練習が必要ですね。

3.家で行うパスの練習方法
 スクールでの練習は週1回なので、家庭で練習する方法を覚えてもらいました。練習が終わった後にグラウンドに残っておられた保護者のみなさんにもやり方を説明しました。毎週2~3回行ってほしいと思います。
①ボール回し
 まっすぐに立ってボールを胸の前で体に密着して持ちます。ボールを体に触れさせたまま時計まわりに両手を使って廻します。2回廻したら反対まわりに2回廻します。次にボールをおなかの前において2回ずつ廻します。その次は両足をそろえて立って、すねの前において2回ずつ廻します。これを2セット行います。
②一人パス
 ボールを持って、まず右方向に腕を振って右側の上方向に少し浮かします。ボールは縦長になるように浮かして、それをキャッチします。持ち替えないようにキャッチして左に腕を振って左側の上方向に少し浮かします。同じようにキャッチして、また、右側に振って繰り返します。慣れてきたら腕を大きく上まで振ってボールを放します。ボールを縦長に浮かすことと持ち直す必要がないようにキャッチすることがポイントです。親指と人差し指を広げることも忘れずにしてください。

4.ミニゲーム
 今日のミニゲームは、試合の再開をタッチのあとのラインアウトからとしました。
 ラインアウトでは、9月から行っている、At側はF(フォワード)がボールを入れて、H(ハーフ)が受け取り、B(バックス)にパスすること、Df側はFがタッチラインのすぐ横に立ち、その内側にHが立つこと、を行いました。
 攻撃は、Hからパスをもらう一人目のBが突進する形を練習しました。

 9月23日の茨木戦で、タックルのポイントとラック、モールに、横から入るオフサイドが多かったので、ゲームを途中で止めて、オフサイドになるプレーとならないプレーの説明をしました。
 また、モールとラックには近づくが、その後ろで立ったままで見ているだけの選手に、モールとラックを押すことを試合の途中で教えました。これらはもっと練習する必要がありますね。

5.次の試合
 2年生の次の試合は、11月3日のスクール大会です。それまで3回の練習日があるので、パスを使ったライン攻撃、相手を確実に止めること(ホールド)、オフサイドの反則をしないことなどを練習したいと思います。

9/23 2年生 茨木RS定期戦

 23日は、茨木RSとの定期戦で、2年生は5試合をしました。例年どおり万博少年球技場で行われ、参加者は生徒18名と指導員6名でした。
 暑さが和らいで、すがすがしい一日となり、ラグビーをおおいに楽しみました。今年は茨木RSと徳島RSに加えて明石RSとも初めて試合をしました。

1.試合の結果
 2年生は、5試合10ハーフごとにメンバーを組んで、各選手は2ないし3ハーフに出ました。試合の概要は次のとおりです。

第1試合 豊中A対茨木A 勝ち 4トライ:3トライ(前半3:1、後半1:2)
 今までに比べて試合前の練習を少し長くしたので、試合への入りは良くなったが、豊中はタックルポイントへの集まりとボールの拾いが一歩遅かった。接戦となったが何とか逃げ切った。
 MOM(マンオブザマッチ)は、ナイスタックルを決めたT21が獲得。T21は他の試合でもディフェンスとアタックに活躍した。

第2試合 豊中C対徳島 負け 7:9(前半3:4、後半4:5)
 豊中のボールへの寄りが一歩づつ遅くて、相手はラックオーバーが早かった。Dfでモールとラックのサイド(横側)を守る選手がいなくて、そこを相手のエースランナーにつかれ、走られて得点を許した。
 体を張ったタックルで頑張ったT15がMOM。T15はアタックでもスピードを生かしてたくさんのトライをした。

第3試合 豊中B対徳島 負け 6:7(前半4:4、後半2:3)
 この試合も接戦となったが、相手は走力のある選手が2名いて、豊中は止められずにトライを奪われた。タックルポイントとラックに横から入る反則が多かった。
 MOMは相手をたくさん止めてボールを奪い、トライにも結び付けたY11。

第4試合 豊中C対茨木B 勝ち 12:2(前半6:1、後半6:1)
 豊中のペースで試合が進んだ。S8とK19を起点にパスをつないでのトライができた。S7のナイスタックル、S2の走りこんでのトライもあった。
 MOMは、2本のライン攻撃のトライにつながる2回のパスの起点となったS8が獲得した。

第5試合 豊中A対明石 勝ち 13:0(前半6:0、後半7:0)
 この試合の豊中はボールに対しての反応が早くて、素早い展開ができた。S6とT21のナイスタックルがあった。
 MOMはパスをしようと周りをよく見て、2本のナイスパスを通してトライを生んだS13が獲得した。
 
5試合の総得トライ数は42、総失トライ数は21でした。
 
2.プレーの内容について
 この試合で気が付いたことをまとめておきます。
①タックルポイントとモール、ラック(いわゆる接点)への選手の寄りが相手より遅くて、ボールを取れないことが多かった。接点に近づくが立ったままで参加しない選手もまだ多い。特に接戦の試合ではこれらが弱点となっている。ボールを奪うこと、獲得することはラグビーの醍醐味のひとつであるので、今後の練習内容を工夫します。
②モールとラックのディフェンスで、両サイドに一人ずつ立って相手の突進を止めよう。まだ練習の回数が少ないので、今から増やしましょう。これができるようになれば、トライを防げます。
③ボールを持って突き進むのは良いが、相手にからまれてノッコンしたり、モールアンプレアブルとなることがまだ多い。相手にボールを見せない姿勢とからまれたら暴れる練習をしましょう。
④接点に横から入ったり、相手側から入ったりするオフサイドが、まだ多い。試合形式の練習でルールを身に付けましょう。
⑤ゲームの中で何本かのラインパスがつながった。まだまだ動作が大きくてボールスピードが遅いが、練習してきたパスができはじめている。
⑥試合への入りがまだよくない。試合前の練習や集合ではコーチの言うことをよく聞いて、整列を素早くして、気持ちを高めてから試合に臨みましょう。試合の時と休憩の時の気持ちのオン・オフの切り換えも大事です。

 選手の皆さんは着実にうまく、強くなっていますが、他のチームも実力をつけています。今からの練習でプレーとルールを勉強して、11月3日の試合を目指してさらに強くなるように頑張りましょう。

9/16,17 2年生練習内容

 9月16日は三中で練習を行い参加者は生徒18名、指導員7名、17日は八中での練習で参加者は生徒17名、指導員6名でした。23日の茨木RSとの定期戦を控えて2日連続の練習を行いました。16日の練習後は、指導員に対してタグラグビーについて日本協会の導入方針の説明とルール説明の講習がありました。

9月16日の練習
1.アクションとランニング
 往路でラダーの各種ステップ、ハードル5本のジャンプ、ボールの拾い上げとダウンボールを行い、復路を設定してマーカー6個を置いてのスラロームランを行いました。たくさん走りました。
 
2.ボールタッチゲーム
 先々週から3回目のゲームです。約7mのサークルの中でボールを持って追いかける3人が逃げる鬼の3人にボールをタッチします。ボール保持者は3歩まで歩けます。だいぶうまくなったが、ボールを持っていない人が鬼を一人でも追い詰めてから、パスをもらいましょう。

3.パス回数ゲーム
 先週に続いて2回目のゲームで、約7mのサークルの中で、ボールを持ってパスをする3人と、そのパスを邪魔する3人の対決です。30秒間でパスを何回することができるか、パスは前にも投げてよい、邪魔(パスカット)するのは、はたいてもよいルールです。
 パスをもらう選手がもっと動いてフリーな位置にならなくてはいけません。その動きができる生徒とできない生徒の差が少し出て、10数回のパスができるチームと0回のチームがありました。次回は動き方を勉強・理解してからゲームをすることとします。

4.タックル
 新しい練習で、コーチが持ったタックルバッグにタックルする練習です。バッグは空中に浮かせているので、生徒は走りながらバッグを抱きしめて(ホールドして)走り抜けます。
 最初は戸惑いましたが、慣れてきたら早いスピードで走り抜けながらバッグを強くホールドできました。

5.当たりと抱き止めの練習
 7月から始めた練習で1対1で向き合って当たります。At(アタック)はボールを持ってまっすぐ当たって押して、Df(ディフェンス)はAtの選手の上半身を抱き止めて(ホールド)まっすぐ押し返す練習です。
 今日はラックのオーバーの練習ではなく、AtとDfの両方の当たりを強くする練習として行いました。 

6.ミニゲーム
 今日のミニゲームは、試合の再開はタッチのあとのラインアウトからとしました。
 ラインアウトでは、At側はF(フォワード)がボールを入れて、H(ハーフ)が受け取って、B(バックス)にパスすることに変更しました。Df側はFがタッチラインのすぐ横に立つこととしました。これはAtの選手がライン際に走って攻めることがあるためです。そのFの横にHとBの3人が並び、自分がタックルに行くAt側の選手をノミネート(指さし)します。
 攻撃は、Hからパスをもらう一人目のBが突進する形を練習しました。

9月17日の練習
1.アクションとランニング
 マーカーとコーンを使って、各種ステップとランニングを行いました。At側のHのパスをBが受けたときにDfチームはスタートしますが、最近そのスタートが遅く、また、ばらばらなので、コーチ2名がHとBになり、Bがパスをキャッチしたときに素早くスタートする練習をしました。

2.4人1組のショートランパス
 8月26日にマルチグラウンドで行った練習で、約7mの区間を、4人横一列となりパスを1往復させます。正確で優しいパスを素早くしないと1往復ができません。
 中の2人には2歩進むうちにパスをすること、最後にもらう外側の生徒は前に出なくてはいけないので、3歩進んでパスをすること、さらに中の2人はボールをパスしたらボールより後ろの位置にならないといけないので、パスをしたらスピードを緩めて5歩下がることを指示しました。
 長い時間行ったので、随分できるようになり、パスの意識も強くなりました。しかし、パスそのものがうまくなくて受け取る選手の胸の前に行かないことがあり、また、パスをした後にボールの後ろの位置に動くことがまだ少しできません。この2点はパスラグビーの基本なので試合が終わったあとにももっと練習しましょう。
 ひとつのグループだけで、6人で短いパス(フォワードパス)を行い、パスしたらボールより後ろに位置することの練習をしてみました。このような練習も行います。

3.当たりと抱き止めの練習とタックル
 昨日と同じく、1対1で向き合って当たり、AtもDfもまっすぐ押す練習をしました。特にDfはAt選手の上半身をホールドします。最初は昨日と同じく近い距離から、次に2歩離れて当たりました。
 この後にDfは膝をついてのタックルをおこない、Atはタックルを受けて倒れたらジャックナイフでボールを味方側にダウンボールすることを練習しました。
 ひとつのグループで、2対2の押し合いを行い、また、バックスのライン攻撃でBがDfにつかまったときに、後ろからバインドして(ハンマー)一緒に相手を押して前進する(ドライブ)練習も行いました。
 状況のパターンはいくつかありますが、At側は、Dfにつかまってもボールをうまくつないでモールアンプレアブルにならないようにすることは大変重要なので、練習をさらに行う予定です。

4.試合
 9月23日(日)は茨木RSとの定期戦です。2年生は去年も戦った茨木、徳島RSと2試合ずつ、明石RSと1試合を戦います。パスと当たりとホールドはたくさん練習したので、試合前の練習で復習をして、試合でプレーを出しましょう。
 

9/2 2年生練習内容

 9月2日は先週に続いてマルチグラウンドでの練習でした。参加者は生徒19名、指導員5名。未明の雨でグラウンドは柔らかいところが一部ありました。暑さは少し和らいだかなという感じです。

1.アクションとランニング
 ラダーとハードル5本を組み合わせて行いました。ハードルはいつもより間隔を広げてジャンプとスラロームラン、サイドステップを行いました。

2.3人対3人のパス回数ゲーム
 約7mのサークルの中で、ボールを持ってパスをする3人と、そのパスを邪魔する3人の対決です。20秒間でパスを何回することができるか。パスは前にも投げてよい、邪魔(パスカット)するのは、はたいてもよいルールです。
 フリーな位置の味方を探して、自分の思った味方に思ったパスをすばやくする練習です。初めてのメニューなので調子は少し出ませんでした。
 パスそのものは合宿前からたくさん練習をしてうまくなっています。あとはそのパスを意識せずに、思った時に思ったところに良いパスを出せるかです。このようなゲームで実践しましょう。

3.ボールタッチゲーム  
 先週行ったゲームの2回目です。約7mのサークルの中でボールを持って追いかける3人と逃げる鬼の3人のゲームで、鬼にボールをタッチします。ボール保持者は3歩まで歩けます。20秒間で何回タッチできるかを競います。
 ボール保持者の仲間2名が鬼を一人でも追い詰めて、そこにパスをできればよいのですが、逃げ回る鬼の走るスピードがまだまだ速いです。声を掛け合ってパスをするようにはなってきました。

4.当たりと抱き止めの練習
 1対1で向き合って当たり、お互いに抱き止めて押す練習です。まっすぐ押して、投げたりはしません。
 ラックのオーバーの練習を始めて、オーバーに入る形は良いのですが、当たりと押す力が弱いので、その力を増すために行いました。
 合宿ではボールを置いての当たりと抱き止め、また相撲をやったのですが、それと同じです。

5.ミニゲーム
 5人対5人を5分間、4ゲーム行ったので、一人2ゲーム以上できました。ゲームの中でいくつか指導をしました。
①FとHのAtとDfの、それぞれが走る目的とコースを説明しました。
②スクラム開始のポジショニングがAt側もDf側も遅い。もっと早く並びましょう。
③ルールの説明をしました。ひざと手を地面についてたらボールをプレーできない。タックルされたらボールを離すが相手がかぶさってきても離す努力をすること。タックル後のダウンボールされたボールを拾いに行くときは自分の陣地側から(ゲートを通り)進むこと。
④ラインアウトは、ボールの投入役はFに変えました。FからHにパスしてHがBにパスをします。Dfの時はFがライン際に立って、相手がそこに走りこんでくるときは責任を持って止めることにしました。たまにライン際をあっさり抜かれる時があるからです。
⑤ラインパスあるいはパスをしようという意思が少し見えてきました。またラックでオーバーの形がこれも少しだけ見えてきました。もっともっとパスとオーバーをやりましょう。
 
6.今後の予定
 9月23日(日)は茨木RSとの定期戦です。2年生は3チームをエントリーしています。あと3回練習をして試合に臨みます。
 その次の2年生の試合は11月3日(土祝)のスクール大会で、Jグリーン堺で行われます。

2年生夏合宿その1

 恒例の夏合宿を鉢伏高原で8月3日から行いました。2年生の参加者は19名(残念ながら2名は不参加)、指導員は7名全員が参加しました。
 今まで練習したプレー・スキルを復習して、新しいものもいくつか試しました。また、自分の目標などを毎日一人ずつ、はっきりと発表してもらいました。生徒諸君は、4日間の集中した練習を行って、ますます元気でたくましいプレーヤーになったと思います。
 保護者のみなさんには、お手伝いやグラウンド整備など、たくさんのご協力とご支援、大変ありがとうございました。

1.到着ミーティング
宿舎に到着して、A主任指導員から合宿の注意をしました。
・団体生活を4日間おこなう。団体行動をとること。
・コーチが話すことを体育館すわりで、しっかり聞くこと。
・他の人が嫌がることはしないこと。
・体調が悪くなったらコーチにすぐ言うこと。
・その他、室内を走らない、道路に飛び出さない、布団で遊ばない、入浴の準備について、水筒の洗いについてなど、内容は毎年ほぼ同じです。

2.8月3日午前練習
 3年生との試合と1年生との試合が、翌日4日の午前に予定されていましたが、この3週間は高気温対策と台風での練習中止のためにミニゲームをやっていませんでした。それで翌日の試合のためにランニングとコンタクトを行いました。

2.1ランニングの1
 約30m区間で、一人ずつのジョギング、ダッシュ、スローアンドダッシュの繰り返しを行いました。
2.2ランニングの2
 スラロームラン(マーカー3個)とサイドステップ(3回)を使ったランを行いました。次に二人一組で、前の選手がスラロームランを行い、後ろの選手が前の選手のあとをつけて走るシャドーランニングを行いました。最後はパスをして、うまくできれば合格、できなければアゲイン(再度やりなおし)としました。
2.3コンタクトの1
 コーチのコンタクトバッグに当たり、止まらずに前に押す。ドライブすることを練習しました。
2.4コンタクトの2
 二人一組で、前の選手がコーチのコンタクトバッグに当たり、後ろを向いて二人目のフォローワーにボールをパスすることを練習しました。
2.5ランニングの3
 約30m区間を、往路はダッシュ、復路はジョグで、休まずに連続して約8往復しました。
 これで今晩9時にぐっすり寝てもらう計画だったのですが。。。

3.夜のミーティング:個人の目標
 夜のミーティングでは、特に選手個人の合宿の目標(合宿でやりたいこと、できるようになりたいこと)を発表してもらいました。

 この後、4日の練習と試合を終わってから、さらに5日の練習と試合を終わってからも、これらの目標がどの程度、達成できたかなどを発表してもらい、コーチと他の生徒から意見を出しました。この個人の目標と結果、コーチたちの意見をまとめて示します。

T1 目標:3年生に勝ちたい。そのためにラックオーバーをしたい。結果:3年生には勝つことができた。ラックオーバーは練習したが、試合ではうまくできなかった。コーチより:オーバーはこの合宿から練習を始めました。難しいのでたくさん練習しましょう。
S2 目標:タックル。 結果:うまくできた。コーチより:タックルは良くできました。アタックでボールを持って前進をねらうときに、相手につかまってしまいモールアンプレアブルになる ことが多いので、相手にボールを押さえられる前にパスするか、ボールを隠して前進しましょう。
K3 目標:パスがうまくなりたい。結果:良いパスができた。コーチより:パスは大変うまくなりました。もっともっと長くて正確なパスができるように練習しましょう。
T4 目標:タックル。結果:うまくできなかった。コーチより:タックルはなかなか難しいので、みなでたくさん練習しましょう。相手のおへそをめがけていきましょう。
Y5 目標:早いパス。結果:うまくできない。コーチより:手が長いので気持ちを集中してパスをすれば、すぐできるようになるでしょう。練習しましょう。

S6 目標:タックル。結果:タックルができた。コーチより:良いタックルができました。もっと前に出てタックルができるようになりましょう。ゲインラインの前に出ましょう。
S7 目標:早いパス。結果:うまくできなかった。コーチより:パスを受ける人のことを考えて受けやすい良いパスをしましょう。試合のDfで、モールとラックの後ろで待っていることが多いので、モールとラックの横に立つこと。これは難しいのでみなで練習します。
S8 目標:ステップがうまくなりたい。相手を抜きたい。結果:うまくできない。コーチより:サイドステップは練習を始めたばかりで難しいですね。1歩ずらして抜くことと半歩ずらして当たることをみなで練習しましょう。ラダーのステップが基本なので、まずラダーがバッチリできるように練習しましょう。
R9 目標:プロ選手よりうまいパス。結果:まだできない。コーチより:中抜きパスを1月から続けて練習しているのでうまくなりました。良いパスをするぞと強く思って、そしていつもそう 思って練習すれば、すぐにもっと上手になります。
M10 目標:タックル。結果:うまくできない。コーチより:タックルは難しいプレーの一つで  す。7月から相手の上半身をつかまえる練習を始めました。相手をつかまえて離さないことも練習しましょう。

Y11 目標:フォロー。結果:うまくできない。コーチより:フォローがうまくできるためには、次に何がどこで起こるかを考えましょう。合宿から練習を始めたシャドーランニングで、考えながら走りましょう。
S12 目標:タックル。結果:うまくできなかった。コーチより:まず正面のタックルを練習しましょう。相手をよく見て逆ヘッドにならないように気をつけましょう。
S13 目標:タックル。結果:うまくできた。コーチより:Dfを頑張りました。タックルは難しいので、もっとうまくできるように、みなでたくさん練習しましょう。
Y14 目標:試合でトライを6本する。結果:1本できた。コーチより:体が大きいので前に進むのが有利です。スラロームランとサイドステップを練習して、たくさんのトライができるようにな りましょう。
T15 目標:みなより速く走れるように。トライの目標5本。結果:トライは4本できた。コーチより:走るのは早いです。さらに地面のボールを拾うのも早くて、走る場所を見つけるのもうまいです。スラロームランとステップを練習して相手にできるだけつかまらないようにしましょう。

S16 目標:ディフェンス、相手が取りやすいパス。結果:まだうまくできない。コーチより: ディフェンスは、みなで声をかけて一緒に前に出る練習をしよう。パスは、たくさん練習をしている士、考えてパスをしているのでうまくなっています。
K17 目標:当たってドライブしてトライをしたい。結果:うまくできなかった。コーチより:入校して2か月ですがラグビーのプレーが良くわかってきました。練習を続ければ何でもできるようになるでしょう。
H20 目標:タックルで倒す。結果:うまくできなかった。コーチより:いろんなプレーができるようになりました。タックルもみなと一緒に練習しましょう。相撲では皆から声援を受けて頑張りましたね。
T21 目標:トライをたくさんしたい。目標は4本。結果:トライは2本できた。コーチより:スラロームランとステップの練習をみなと一緒にして、相手を抜いて走れるようになりましょう。それからご飯をたくさん食べて大きな体になってください。

 この4日間の合宿で、生徒諸君はうまく強くなりました。でも目標はまだまだ達成できていないので、秋の練習でもっともっといろんなことをやっていきましょう。8月は自宅でボール遊びやパスの練習をしておいてください。