6/30 3年生練習内容

 6月30日はマルチグラウンドでの練習でした。参加者は生徒18名と指導員6名。朝まで降った雨のせいでグラウンドは水たまりができていました。芝の状態が良い南西部分で練習を始めましたが、40分くらい経った時点で雨が降ってきたので、残念でしたが、中止としました。練習は2コマ行うことができました。

1.アジリティとランニング
 マーカーを使って、5mダッシュ、10mダッシュ、ステップとクランク走り、腕立て伏せ、伏せた状態での前進などを行いました。

2.パスの練習
 ハーフ(H)から先に3人がスタンドオフ(SO)、センター(C)、ウイング(W)と並んで、素早くラインパスを回して外側にフォローする練習を行いました。3本のポールを相手のDF選手に見立てて行いました。
 いつも注意していることですが、次の人が取りやすいところにパスをする、早く回す、落とさない、落としたらすぐに自分で拾う、ほかの選手が落としたら拾いに行くなどに気をつけました。
 今日は雨と風のせいでボールをつかむのが難しかったですが、パスは大変うまくなっており、家で練習をしている選手は特に練習の成果が出ています。

3.連絡事項
 7月7日(日)の練習は場所と時間が変わって、十五中で8:00から9:20の予定です。7月14日(日)は、服部緑地公園の人工芝サッカー場で西宮ラグビー少年団、能勢RSと合同練習(約1時間)と練習試合(2試合程度)の予定です。
 合宿の申し込みを早めにしてください。締め切りは7月14日です。

6/23 3年生練習内容

 6月23日は八中での練習でした。参加者は生徒18名と指導員6名。曇り空で気温はさほど高くない天気でした。

1.アジリティとランニング
 いつもと違いマーカーを使ってジャンプ、5mダッシュ、10mダッシュ、5mバック走などを行いました。次にポールを立ててステップ、ジグザグ走り、クランク走りを行いました。

2.パスの練習
 先週の試合の反省点のひとつが、アタックATの時に外側の広いスペース(オープン側)に相手ディフェンスDFがいない場合でも、ラックやモールのすぐ横(サイド)の相手がたくさんいる場所に突進して相手につかまっていたことです。
 白板を使ってサイド攻撃のデメリットとオープン攻撃のメリットを説明して、実際の練習を行いました。起点ポイントに3人が伏せて待ち、コーチの笛の合図で起上ってオープン側に走って3人のライン(スタンドSD、センターC、ウイングW)を作ります。並んだところで起点ポイントからハーフがボールを出してラインに回す。素早く回せばWはノーマークで前進できます。DF側はポール3本をDF選手に見立ててラック近くに立て、外側はアキとしました。
 3人が並んでパスを回すことの他に、ボールを落とさないこと、落としたらすぐに拾う、外側にフォローすることも注意しました。練習の終わりには随分とできるようになりました。
 このオープンに回すことを次のアタックディフェンスで、実際の相手がいる場面でやってみました。

3.アタックディフェンス(AD)の1
 今日は7人のチームに分かれて、試合形式のADをたくさん行いました。良くないプレーがあれば笛を吹いて動きを止めて解説をして、その後に再開しました。
 その1はキックのフォーメーションです。AT側はゴール前のスクラムからSDが陣地を前進させるキックを行い、全員がボールを追いかけました。DF側は、HがSDのチャージに行き、SDはCをマークしてCがWをマークします。Wは後ろに下がってフルバックとしてキックに備えます。
 キッカーの動作が大きくてキックの長さと方向がまだ不正確です。キックディフェンスの走り出すスタートが遅い、皆で網のようになること、DF側はFBのポジショニング、FBからボールをもらうコースへの走りなど、もっとたくさん練習して覚えていきましょう。

4.ADの2
 ADのその2は、スクラムやラックから3人ラインでオープンにボールを回す練習です。2項の練習でだいぶできるようになりましたが、実際にゲーム形式の中でボールを持つとオープンにパスをせずにまっすぐに突っ込む生徒が多く、プレーを止めて注意をしました。
 AT側はモールとラックで一度ポイントを作って相手をひきつけておき、オープンにラインで並んでパスを回してトライを取る、DF側はモールとラックの周りでうろうろせずにオープンに並んで一斉に前に出て前で相手を止める。この練習をもっと行います。

5.連絡事項
 7月14日(日)は、服部緑地公園の人工芝サッカー場で西宮ラグビー少年団と合同練習(約1時間)と練習試合(2試合程度)の予定です。今日のADの内容を相手をつけて行いたいと思います。

6/16 3年生 東淀川RS交流会

 6月16日は東淀川RSの交流会に招待されて舞洲のセレッソ大阪のグラウンドで試合をしました。東淀川RSの皆さん、ありがとうございました。
 参加者は20名と指導員6名でした。気温はそれほど高くはなかったのですが直射日光をたくさん浴びて暑い一日でした。3年生は単独チームで4試合を行い、東淀川RSとの合同チームで2試合、能勢RSとの合同チームでも2試合しました。

1.試合の結果
 試合の概要は次のとおりです。単独チームは試合ごとにメンバーを組みました。4戦して3勝1敗でした。
第1試合
豊中A 対 西宮甲東A  2トライ:1トライ(前半0:1、後半2:0)
出場選手 前半T15、Y5、K3、S16、S13、T21、R9、後半T12、S7、K3、S16、S13、T21、R9、交替Y5
 お互いに相手の前進をよく防いだナイスゲームだった。実力差はないがチャンスをトライに結びつけた豊中Aが勝った。3年生になって人数が7人に増えてグラウンドも広くなったので、簡単に抜けてトライをすることは難しくなった。

第2試合
豊中B 対 能勢豊中合同チーム  9トライ:2トライ(前半4:1、後半5:1)
出場選手 豊中B 前半M18、Y11、K19、T12、M10、Y5、H20、後半K17、Y11、K19、T12、S8、S7、S16
     能勢豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半T4、S22、後半S2、Y14
 能勢合同チームに豊中から前後半2名ずつが参加した。豊中Bの実力が上であった。

第3試合
東淀川豊中合同チーム 対 能勢豊中合同チーム  10トライ:2トライ(前半4:1、後半6:1)
出場選手 東淀川豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半H20、後半S8
     能勢豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半K17、M10、後半M18、Y5
 東淀川合同チームの実力が上であった。

第4試合
豊中 対 西宮甲東A  0トライ:10トライ(前半0:3、後半0:7)
出場選手 前半T4、Y11、S22、T12、T15、S2、Y14、後半M18、K17、K19、M10、S13、S8、H20 
 豊中はボールへの寄りが一歩遅く、タックルも甘くて相手のランを止められなかった。相手は第1試合と同じメンバーだったが豊中の動きを着実に止めて自分たちのペースにして、あいているスペースを見つけて走った。豊中の完敗であった。相手のエースを止めてトライを一つでも少なくする、何とかボールをつないでひつでもトライをする、このようなチームをめざして練習をしよう。
 
第5試合
豊中B 対 東淀川豊中合同チーム 4トライ:0トライ(前半1:0、後半3:0)
出場選手 豊中B 前半K19、Y14、S22、M10、T21、K3、R9 後半H20、T4、M18、S2、T15、Y5、S13
     東淀川豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半S16、後半S7 
 豊中Bはあきらめないディフェンスで相手を着実に止めて自分たちのペースにした。
 
3.感想
 本日は単独チームの他に合同チームへも参加して、豊中対合同チームの試合、合同チーム同士の試合もあったので、少し混乱したようです。
 以下に気が付いたことをまとめておきます。
・本日のMOMの選出基準は、試合の前に「声を出して、固まらずに広がってポジショニングをする選手を選ぶ」と説明した。結果、第1試合でR9が選出された。他の試合では選手はそのようにしようとはしていたがまだまだ不十分だったので、該当なしとした。
・合同チームに参加した選手は、きちんと自己紹介をして、自分のやりたいポジションを言って、試合の中で声掛けをしていた。良い武者修行になったと思う。東淀川RSと能勢RSの皆さん、ありがとうございました。
・第1項に書いたとおり、人数が2人増えてグラウンドが長くなったので、抜けたと思ってもその後ろに相手DFがいて、ゴールまで遠いので捕まってしまうことが多い。ATは相手のいない方向を事前に考えておいてそちらに走って攻める、そして他の選手は外側にフォローしてパスをもらえばトライになる。DFは今まで以上に全員があきらめずに追いかけること、そうすればトライを防げる。
・地面のボールへの寄りが遅い、これは2年生時からの課題だ。
・スクラムからのバックスの一次攻撃とモールの形成、モールからのフォワードの二次攻撃は、もっともっと練習してトライができるようになろう。
・第5試合の前に、モールにおけるDFラインの並び方と一斉に前に出る練習をした。モールの味方の一番後ろの足の線まで出て並び、皆が同時に前に出て出来るだけ前で相手を捕まえるようにしよう。

6/9 3年生練習内容

 6月9日は南丘小での練習でした。参加者は生徒17名と指導員8名、3年生は6月から1人少なくなって21名となりました。気温はさほど高くなかったですが風がないせいか暑い午前でした。

1.アジリティとランニング
 いつもとほぼ同じメニューでラダー+ハードル+マーカータッチを行いました。

2.ステップの練習
 サイドステップ、足さばき(コーンの周りを一回転してからダッシュ)、タックル(アップの声を出してコーチにタッチ)、生徒同士でお姫様抱っこして前進(体幹の強化)の練習を行いました。
 
3.パスの練習
 ハーフ(H)からスタンドオフ(SO)、センター(C)、ウイング(W)と並んで、3人が素早くラインパスを回す練習を行いました。ポールを新しく購入したので、このポールをDFの相手選手と見立てて行いました。
 途中、水を飲んでたくさん練習しました。相手の取りやすいところにパスする、早く回す、落とさない、落としたらすぐに拾う、ほかの選手が落としたら拾いに行くなどに気をつけました。パスそのものは大変うまくなっており、家での練習の成果が出ています。

4.タックルの練習
 4人が横一列のDFラインに並び、相手Hがボールをパスするのを見て「出た。」と声をかけて一斉に飛び出してATの4人のコーチのタックルバッグにタックルをしました。タックル後はボールを見ながら下がって一つ隣のポジションに移り、再び4人一斉にタックルに出ます。
 試合でもこのように皆が一斉に前に出るようにしましょう。

5.ミニゲーム
 今日は8人の2チームに分かれて、10分ハーフのミニゲームを2回行いました。途中にウォーターブレイクを入れました。ラインパスの攻撃がまだできず、ラック周辺への集まり過ぎがなかなか解消できませんでした。次の試合の前には、練習で取り組んでいるプレーを思い出して、それらができるようにしましょう。 
 
6.連絡事項
 次回の6月16日(日)はセレッソ大阪の舞洲のグラウンドで東淀川RSの交流会です。3年生は2チームを登録しており、ほかのスクールとの合同チームにも参加します。試合の他にもいくつかのイベントがあるようです。
 練習したプレーを思い出して、声を掛け合って、たくさんトライができるように、たくさんタックルができるようにがんばりましょう。帽子をかぶって水分を取って暑さに気をつけましょう。

6/2 3年生練習内容

 6月2日はマルチグラウンドでの練習でした。参加者は生徒19名と指導員8名、曇り空で温度も低く、先週と打って変わって過ごしやすい午前でした。生徒には夏合宿用のTシャツが配られました。

1.アジリティとランニング
 いつもと同じメニューでラダー+ハードル+5mダッシュ+腰を落としてボールタッチを行いました。いつもは3列でやることが多いですが、今日は4列で行ったので回転が早くて息が上がりました。

2.ステップの練習
 サイドステップの練習を行いました。
 アタック(AT)のステップ:前方のコーチ(DF側)をサイドステップでかわして走りぬける。
 ディフェンス(DF)のステップ:前方のコーチ(AT側)がサイドステップを踏んで抜けようとするので、その方向に足を動かして両手で止める(タックルの代わり)。
 サイドステップでは、右に抜ける時は左足を左外斜め45度に踏み込んでからその反動で右側に走ります。その左足の踏込み方がまだ難しいですね。この練習は今後も行いますが、一人ででもできるので個人練習をやりましょう。
 次にスパイダーウォークと手押し車(腕力と体幹の強化)も行いました。 

3.パスの練習
 ラインパスの練習をフェンスに向かって行いました。ハーフ(H)、スタンドオフ(SO)、センター(C)、ウイング(W)がフェンスまでの短い距離の中で素早くパスを回す練習です。
 SOのパスとC・Wのパスは異なることを指導しました。SOはHがボールをパスしてから動き出して、ボールをキャッチしたら素早く外側の足を1歩踏み込んでCへパスを出します。Hがボールを出す前に動きません。また、立ち止まったままパスを出しません。1歩踏み込んで出せばCは走り込んでくることができます。
 CはSOが動き出したら一緒に走り出して3~5歩でパスを受けて、外側の足を軸にWにパスを出します。SOからボールを受ける時はトップスピードになっています。WはCと同じです。
 HのパスはBの3人とは違うので、Hのパスを指導しました。

4.ラックの練習
 スクラムからのバックスラインの一次攻撃で、ラックとラックオーバー(スイープ)の練習をしました。
 ラインでパスを廻してセンター(C)がゲインラインの突破をねらって前の相手にあたりに行き、倒されてジャックナイフ、近くにいる残りのバックス2人は直ちにボールの上に行って2人で、ボールを拾おうとする相手を向こう側に押しやる(ラックオーバーする)。そしてハーフはボールを拾って後ろの味方にパスを出す。
 DFの台は最初はコーチがなりましたが、途中から生徒になってもらい、DFもラックを押すことを覚えてもらいました。
 試合ではラックのボールのそばにいるが何もしないで立っていることが多いです。ボールの近くにいたら、ボールを拾うかボールを拾おうとする相手をオーバーするかしましょう。その判断と動きは難しいので練習をもっとやっていきます。 
 試合ではDFもラックのそばで何もしないで立っていることが多い。DFもラックに入って押すか、ラックの横のピラーの位置に立つかします。これも難しいので練習をしていきましょう。

5.ミニゲーム
 今日は3色のチームに分かれて、5分ハーフのミニゲームを4ゲーム行いました。 
 スクラムからの一次攻撃のラックの基本練習をこの前に行ったので、倒されたらダウンボールしてジャックナイフ、周りの味方はボールの上にすぐに集まってラックオーバーをすることを特に注意しました。
 ボールを持って突っ込むがボールを上に持ったままの姿勢なので相手にボールを押さえられてモールアンプレアブルになることが多く、ラックの横から入るオフサイドもまだ多かったので注意をしました。
 
6.連絡事項
 3年生になってから、3チーム(レッド、グリーン、イエロー)を編成しています。フォワード(F)、ハーフ(H)、バックス(B)のポジションも固定しています。自分のチームとポジションは覚えましたか。
 6月16日(日)はセレッソ大阪の舞洲のグラウンドで東淀川RSの招待試合です。練習はあと1回ですがもっとうまく、強くなりましょう。 

4/28 3年生練習内容

 4月28日はマルチグラウンドでの練習でした。参加者は生徒20名と指導員8名、体験のコーチ1名でした。 
 朝は少し肌寒かったのですが、だんだんと暖かくなりました。今日は先日の試合の反省を中心に2.5時間の練習をしました。平成最後の練習となりました。

1.アジリティとランニング
 いつもと同じメニューでラダー+ハードル+マーカータッチ+ボールのピックアップとダウンボールを行いました。最近、慣れてきたせいか、あるいは速さを競うせいかひとつひとつの動作が確実ではないようです。目的と効果を書いておきます。

 ラダーはコーチの指示したステップを間違いがないように踏みましょう。できないなら最初はゆっくりで良いです。(機敏さが増してすばしっこい動きができるようになります。)ハードルもコーチが指示した片足とびや両足とびをやりましょう。(ももを上げて走ると早く走れます。)マーカータッチは、両足を伸ばしてくっつけてマーカーにタッチしている生徒がいますが、両足のひざを曲げて腰を落としておへその下でマーカーに触るようにしましょう。(地面のボールをサッと拾えるようになります。)ボールのダウンボールはボールを地面に放らないで地面に押し付けるぐらい押さえて置きましょう。足の形はマーカータッチと同じです。(トライをするときにノッコンすることがなくなります。)

2.タックルの練習
 先日の試合ではナイスタックルが多かったですが、逆ヘッドのタックルもありました。タックルをする人(タックラー)の頭は相手のお尻側に行くようにします。そうすると相手は前に倒れるのでタックラーの頭は相手の上になります。逆にタックラーの頭が相手のお腹側に行くようにタックルすると相手が前に倒れた時にタックラーの頭は相手の体の下になって、大変危険です。

 生徒たちに逆ヘッドの形とその危なさを質問すると、およそ皆が知っていて正解を答えてくれますが、実際にタックルするときは、頭が相手のお尻側ではなくてお腹側に行ってしまことが、まだあります。
 逆ヘッドの他に、タックルに行くときには体をひねらず進行方向にまっすぐにして、片足を一歩前に出して、相手にぶつかったら終わりでなく足を回転させて押し続けて(パワーフット)、両手で相手の足を絞ることも練習しました。今日はタックル用パッドを持ったコーチを相手にしました。逆ヘッドをしないことと、タックルそのものに慣れていない生徒の練習になったと思います。

3.パスの練習
 組織としてパスを廻してトライするための練習を行いました。 最初は約30m間隔の5人でのランパス、パスは最初は片道しかできなかったが、テンポを速めて往復できるようになりました。
 次は、パスの途中で、コーチの笛の合図でダウンボールしてその地点でモールができたとして二人でボールを出す。残りの三人は約3m下がってラインを作ってパスを廻す、そして全員がボールをフォローして走る。
 パスそのものは随分とうまくなりましたが、試合の中でパスを意識して使ってトライができるまでにはなっていないです。もっと練習してトライがたくさん取れるようになりましょう。
 
4.モールとラックの練習
 今日はフォワードもバックスも区別なく、一緒になって練習しました。
 4.1 一次攻撃
 スクラムからのバックスラインの一次攻撃の練習をしました。ラインでパスを廻してセンター(事前に決めておく)がゲインラインの突破をねらって前の相手にあたりに行き、残りのバックス2人は直ちに両サイドに入って3人でモールを作り前進して、モールからボールをハーフに出します。 

4.2二次攻撃の練習
 フォワードのスクラムからの二次攻撃を練習しました。すなわち、上記のバックスの一次攻撃のモールのボールをハーフがもらい、フォワードの一人(事前に決めておく)にパスをして、その選手は前の相手に当たって残りのフォワード2人と一緒にモールを作って前進します。そしてモールからボールをハーフに出します。
  
5.アタックディフェンス(AD)
 2年生時は練習の最後の約30分は紅白の練習試合(ミニゲームと言っていました)を行っていましたが、1月からは試合形式のADを行っています。このADでは、適宜、ゲームを止めて、試合再開時のポジショニング、その後の動き方、反則への注意などを説明しています。7人制の動きもおよそ理解できてきたと思います。花園での試合でもポジショニングは他のチームより速かったです。

 今日は、スクラムからの一次攻撃と二次攻撃の基本練習をこの前に行ったので、これらの攻撃を連続して行う練習をしました。ディフェンス側も動きを確認しながらゲームを行いました。ラインアウトとキックオフからの試合再開もやりました。
 スクラムとラインアウトからの攻撃では、初めてキックを使った攻撃を行いました。これからキックを落とす場所やフォロー、オフサイドへの注意、ディフェンス側の動きなどをたくさん練習していきます。

6.連絡事項
 3年生になってから、3チーム(レッド、グリーン、イエロー)を編成しています。ビブスも3色がそろいました。フォワード(F)、ハーフ(H)、バックス(B)の選手の動きが少し異なりますので、当分の間、F、H、Bのポジションを固定する方針です。ただし、試合では区別のない同じ動きもたくさんありますので、いくつかの練習はフォワードとバックスが分かれて行いますが、一緒にやる練習も多いです。
 5月26日(日)は服部緑地人工芝サッカー場で毎年恒例の北摂大会です。3年生は6試合を行う予定です、あと4回の練習でもっとうまく、強くなりましょう。 
 ラグビーノートは、4月からは全員が書いてくださいね。
 

4/21 大阪府ラグビーカーニバル報告

 4月21日は第43回大阪府ラグビーカーニバルに参加して、久しぶりに花園ラグビー場に行き、第2グラウンドで4試合をしました。本日の参加者は新3年生20名と指導員5名でした。 
 朝は厚い雲があって涼しかったのですが、試合開始時には太陽が照りつけて夏日になろうかという天気でした。お昼過ぎまで試合を行って、そして中学と大学、社会人のラグビーも観戦して、楽しい一日でした。

1.初めての7人制の大会
 本日のカーニバルは、新3年生は7人制の初めての大会なので、初めての内容がたくさんある試合となりました。
 すなわち、グラウンドの長さも幅も今までの二倍ほど長くなること、試合中はコーチはグラウンドの中に入れないので選手同士の声掛けが重要であること、今年度から3チームを編成しており第1から第3試合の3試合はそのチームごとに出場すること(2年生までは試合の前後半で選手を入れ替えていましたが、今回は7人が一試合を全部戦いました。欠席者の代替え、負傷者の交代はあります。)、第4試合は選抜チームを編成すること、などです。
 新年早々から7人制の試合に対応できるようにたくさんの練習をしてきましたので、あわてることなく、仲間同士で声を掛け合って試合を行ったと思います。特に試合再開時のポジショニング(スクラムの組み方とバックスの並び方、ラインアウトのフォワードの並び方とボールの投入など)はきっちりとできました。

2.試合の結果
 試合の概要は次のとおりです。4戦して4勝できました。
第1試合
豊中レッドチーム 対 守口  5トライ:3トライ(前半1:2、後半4:1)
出場選手 S8、Y11、S22、S16、K3、Y5、T15、S6
 最初は、相手にパスをつながれ、また、独走されてトライされた。相手が一歩ずつ早くて豊中は受け身だった。後半は豊中がチャンスを作り、K3のトライ、S6の3トライなどで逆転できた。

第2試合
豊中グリーンチーム 対 枚方B  2トライ:1トライ(前半2:0、後半0:1)
出場選手 Y14、K19、T12、S2、S13、T21、T4、K17
 点差は小さいが豊中ペースで試合ができた。ナイスタックルが多くできたが逆ヘッドがあったので注意しよう。パスはできたが立ったままのパスなので、スピードをつけて走りながらのパスを練習しよう。

第3試合
豊中イエローチーム 対 生野  7トライ:2トライ(前半3:1、後半4:1)
出場選手 T4、K17、H20、S6、M10、S7、M18、T15
 豊中はナイスランでのトライ、ナイスパスでのトライができた。Dfで相手の近くまでは行けるがタックルができないことがあるのでたくさん練習をしよう。

第4試合
豊中選抜チーム 対 吹田B  4トライ:3トライ(前半2:1、後半2:2)
出場選手 Y5、S8、Y14、S16、K3、S13、T15、S7、S6、T12、T21
 小点差だが豊中ペースで試合ができた。ナイスタックルとナイスラン、ナイスキックができた。後半の最後はディフェンスが甘くなって相手を捕まえることができず、走られて同点に追い上げられた。相手は地面のボールに近づいて拾うのが早かった。豊中もこれは見習いたい。
 第4試合の選手選抜は、試合と練習でのタックル、練習に取り組む姿勢、教えたことを実践している生徒、家での自主練習、積極性などをもとに行いました。

3.終わっての感想
 新3年生は、初めての7人制の試合を、広いグラウンドで、1試合の前半と後半に連続出場してプレーをしましたが、十分できていたと思います、今年の今までの練習の成果を発揮できました。
 以下に気が付いたことをまとめておきます。
・豊中はポジショニングが良かった:相手より早く並んで構えていた。ただし、キックオフ、キックフォーメイションはまだまだ練習が必要。
・自分たちで声をかける:コーチはグラウンド内にいないので、自分たちで、「前に行け、右に行け、オフサイドに注意しろ」などの声掛けをもっと行うこと。練習の時から声掛けをしよう。
・簡単に抜けない:人数が2人増えてグラウンドが長くなったので、Atで抜けたと思ってもその後ろにDfがいて捕まってしまう。Atは相手のいない方向に走って攻める、そして他の選手はフォローしてパスをもらう。Dfは今まで以上に全員があきらめずに追いかけること。
・地面のボールへの寄りが遅い:これは2年生時からの課題だ。
・攻撃力のアップ:スクラムからのバックスの一次攻撃とモールの形成、モールからのフォワードの二次攻撃は、もっともっと練習してトライができるようになろう。

4.試合前の練習
 今日の4試合の前には、時間を長く取って、出場するチーム主体に、スクラムとラインアウトからのAtDf練習をしました。バックスの一次攻撃とフォワードの二次攻撃はまだまだ成果は出ていませんが、動き方が少しずつ分かってきたと思います。
 新人たちのために、地面に寝たままプレーをしないこと、地面のボールは自分の陣地側から拾いに行くこと、当たってのパス、モールを組んで一緒に押すことなどを練習しました。

5.連絡事項
 5月26日(日)は服部緑地で北摂大会です。3年生は6試合を行う予定です、たくさん練習をしましょう。 
 ラグビーノートは、4月からは全員が書いてくださいね。

4/14 新3年生 練習内容

 4月14日は新年度の開校式が十五中で行われました。みなさん、2019年度もどうぞよろしくお願いします。
 本日の参加者は新3年生18名と体験1名、指導員は6名でした。生徒は、昨年度末で2名が転出しましたが、本日の体験生徒が入校したので総勢22名となります。指導員は変更ありません。
 
 雨がぱらつきましたが傘がいらない程度だったので、開校式のあとに約1.5時間の練習を行うことができました。21日の試合を控えているので、攻撃の基本方針の理解と試合再開時のポジショニング確認を行いました。練習の途中では今年のTシャツの採寸をしてもらいました。

1.ランニング
 いつものアジリティ練習は行わず、スキップランなどのランニングをやって体を温めました。

2.フォワードとバックスに分かれての練習
 フォワードとバックスに分かれての練習を初めて行いました。

2.1 バックスの練習
 スクラムからのバックスラインの一次攻撃の基本を練習しました。ラインでパスを廻してスタンドオフまたはセンター(事前に決めておく)がゲインラインの突破をねらって前の相手にあたりに行き、残りのバックス2人は直ちに両サイドに入って3人でモールを作り前進して、モールからボールをハーフに出します。 

2.2フォワードの練習
 フォワードはスクラムからの二次攻撃の基本を練習しました。すなわち、上記のバックスの一次攻撃のモールのボールをハーフがもらい、フォワードの一人(事前に決めておく)にパスをして、その選手は前の相手に当たって残りのフォワード2人と一緒にモールを作って前進します。
 また、スクラムの組み方、特にレフリーのコールに合わせて、クラウチ(腰を落として相手の目を見て構える)、タッチ(左右の外側の選手同士は上腕に軽く触れる)、ホールド(しばらくそのままの状態で)、エンゲージ(穏やかに組み合う)を練習しました。

3.7人制のコンビネーション
 新3年生は7人制となり、フォワード、ハーフ、バックスの選手の動きが異なります。そこで3チーム(レッド、グリーン、イエロー)を編成して、当分の間、ポジションを固定する方針です。

 試合再開はキックオフ、スクラム、ラインアウト、ペナルティなどがあります。各試合再開時のポジショニングとその後の動き方をアタック(At)ディフェンス(Df)の試合形式の練習で確認しました。At側とDf側それぞれにコーチがつきっきりで説明をしました。スクラムからのスタートが基本となるので、これは1月から練習を行っており、随分と理解ができています。一次攻撃と二次攻撃をこの前に行ったので、これらの攻撃を連続して行う練習をしました。動き方に注意がいって当たりが弱かったです。
 その他の試合再開も2月からやっており、今日は特に最初の動きはじめ(スタート)と走るコースをゲームを止めて説明しました。ラインアウトでもスローワーと並ぶ2人を事前に決めておきます。キックオフはキッカーがうまくなくてボールはどこに飛んでくるかわからないので、Atは6人が、Dfは7人が広がって立つようにしました。自分のところに飛んでくると思って構えておかないと、ボールが急に飛んできてノッコンをしてしまいます。

4.連絡事項
 21日は花園ラグビー場で大阪府協会のラグビーカーニバルです。新3年生は初めての7人制の大会で4試合を行う予定です。大きな声を出してプレーしましょう。
 
 ラグビーノートは、4月からは全員が書いてくださいね。

3/24 2年生練習内容

 3月24日はマルチグラウンドで追加の練習を行いました。参加生徒は17名、指導員は4名と体験コーチのKさんでした。
 朝から思ったほどは寒くなく、ただ、時折風が吹くとひんやりとしました。前半の約1.5時間は通常の練習を行い、後半の約1時間で中学と小学の卒業試合、修了式でした。

1.アクションとランニング
 いつもと同じメニューでラダー+ハードルを行いました。今日は特に片足上げのランをやりました。
 次にスパイダーウォークを行い、足でボールを押さえて運ぶこともしました。

2.パスの練習
2.1 一人で直線ダッシュでボールキャッチ
 一人が直線を走りこんで来て、トップスピードでボールを受け取る練習です。斜めに走らない、ゆるいスピードで走らないことを注意しました。次の二人の練習において外側の選手はこの走りをします。
2.2 二人でラインパス
 バックス(B)の二人がスタンドオフ(SO)とセンター(C)の位置に立って、ハーフ(H)からパスをもらってH-SO-Cとボールを廻します。
 Cの動きだし(スタート)とパスのもらい方(トップスピードで直線)は先の練習と同じですが、SOはHがボールを出すときにスタートして、1歩だけ前に出てCにパスをします。2歩や3歩と前に走ってはいけません、すばやくパスを出します。
2.3 ハーフのパス練習
 ハーフ(H)のS2、S6、S16、T18は、これらの練習でボールを出してハーフの練習をしました。ハーフはパスを出すときは、SOに向けて片足を大きく出して両手もひじを伸ばします。そうすると伸びのある良いパスができました。
2.4 皆ができるように
 HとSOとCのパスは少しずつ違います。Cとウイング(W)は同じです。これらのパスはバックスだけでなくフォワード(F)もできるように練習をします。試合になったらいろんなポジションになることがあるので、全員がうまいパスができるようになり、パスを廻してトライを取りましょう。

3.7人制のコンビネーション
 新3年生の7人制に向けて行っている練習で、F3名、H1名、3名を決めて、キックオフからのアタック(At)・ディフェンス(Df)の練習を行いました。特にAtとDfそれぞれの最初の立ち位置(ポジショニング)を説明しました。
 At(キッカー)側は、キッカーの左右にFが手を広げて並び、HとBはFの外側に並びます。左右3人ずつです。キッカーより後ろに立ってキッカーが動くと同時に皆で前に走り出てボールを追いかけます。キッカーが蹴る前にキッカーより前に出たらオフサイドです。
 キッカーは事前に、右にけるのか左にけるかを皆に言っておきます。
 Df側は、前の列にFが、後ろの列にBが並びます。まだキッカーがうまくなくてボールはどこに飛んでくるかわからないので、7人が広がって立つようにしました。自分のところに飛んでくると思って構えておかないと、ボールが急に飛んできてノッコンをしてしまいます。
 キックを使った一般のプレーについては、オフサイドの説明を21日のビデオ観賞会で行いましたが、グラウンドでのポジショニングを次回以降、練習します。

4、おわかれ試合の応援と修了式
 中学3年生と小学6年生のおわかれ試合を応援しました。試合は21日は雨で出来なかったので、今日できてよかったですね。そのあと修了式がありました。修了証と記念のタオルは17日にもらっており、今日はT4、S7、S13が精勤賞のクッションをもらいました。

5.連絡事項
 3月31日は臨時練習を南丘小で9時30分から行います。急に決まりましたが、4月の試合の準備のためです。4月7日は新3年生の自主練習の予定です。14日は十五中で開校式と練習、そして21日は花園ラグビー場で大阪府協会のラグビーカーニバルです。新3年生は初めての7人制の大会で4試合行う予定です。
 ラグビーノートは、4月からは全員が書いてください。

6.2018年度の最後に
 生徒の皆さんは、1年間、よく頑張って練習と試合をしました。皆が、早くて、強くて、そして賢いラガーマン・ラガーウーマンになったと思います。保護者の皆さんには、たくさんのご協力とご支援をいただき、大変ありがとうございました。
 
 我々は練習を43回行いました(3月31日も含む)。地震や雨、猛暑の影響があったのですが、ほぼ前年度に近い回数の練習ができました。
 1日の練習は、およそ20分をひとコマとして4コマ程度行い、最後にミニゲームを約30分行いました。練習の内容は、アジリティとランニング、パスとハンドリング、キック関連、コンタクト(当たり)とモールとラック、タックルとブレイクダウン、トライゲーム、チームスキルなどであり、ルールの勉強もしました。カバディとスパイダーウォークも初めて行いました。
 新3年生の7人制に向けて、パスの練習は年間を通じて行い、2019年になってからは7人制のAt・Dfを行ってポジショニングとゲームの進め方を理解しました。
対外試合は9大会に参加して47試合を行い、25勝1分け21敗、総得トライ数は407、総失トライ数は292でした。設立40周年の記念試合もあって、前年度の6大会、26試合から増えました。 
 
 我々指導員もさらに勉強と工夫を重ねて活動していきますので、皆さん、2019年度もどうぞよろしくお願いします。4月から、また、皆で楽しくラグビーをやりましょう。

2/24 2年生合同練習(東淀川、能勢RS)

 2月24日はマルチグラウンドに東淀川RSと能勢RSを招いて、合同練習を約1時間と練習試合を約2時間行いました。参加生徒は豊中RSが22名、東淀川RSと能勢RSが7名、指導員は8名と6名でした。
 朝の気温は低かったのですが、良く晴れて風がなく、どんどん気温が上がって春のように暖かくなりました。暖かい午前中の半日、みなでラグビーを大いに楽しみました。
 東淀川RSと能勢RSの皆さん、ありがとうございました。また、一緒に練習や試合をやりましょう。

1.合同練習
 準備運動を兼ねて次の5種類を行いました。
  1対1で向かい合ってステップで逃げる、それをタッチで止める
  スパイダーウォーク
  ラダーとマーカータッチ
  直線ダッシュでボールキャッチ 1人
  直線ダッシュでボールキャッチとパス&フォロー 2人
 約45人の生徒とコーチが集まると壮観な眺めでした。

2.練習試合
 豊中RS対東淀川RSと能勢RSの連合チームの練習試合を第1、3、5試合で行い、第2と4試合は豊中RSの紅白戦を行いました。
 1月19日の低学年交流大会のあと、練習においてミニゲームは行わずパスの練習と7人制のコンビネーションをやってきたので、久しぶりのゲームとなりました。7人制の準備はまだできていないので、5人制のゲームとしました。
 東淀川RSチームには12月の豊中交流戦で2戦して2敗でしたが大きな差はなかったと思います、今日は豊中が少し優勢だったと思います。

 久しぶりのゲームだったので生徒のみなはたくさん走り回りました。当たってのパスも多くできて、パス先を探すプレーとパスを受ける声掛けも良かったです。第4、5試合になると3人のラインパスからのウイングのトライ、ノーマークへの味方へのラストパスでのトライが生まれました。練習を行ってきたパスがゲームの中でできてきたので大いなる進歩を感じました。
 新しいプレーは数名ができると他のメンバーも刺激を受けてすぐにできることが多いです。いまからさらに練習をしましょう。

3.連絡事項
 3月は4回の練習を行い、21日は修了式と6年生のお別れ試合の予定です。
 新3年生の7人制のための練習をピッチを上げて行います。スクラム、ラインアウト、キックオフ、キックの陣形(フォーメーション)とポジショニング、さらに試合の進め方を覚えていきましょう。4月中旬には大会の予定があります。
 ラグビーノートには試合でできたことやできなかったことなども書いてください。コーチが交代で見てコメントを書いて返します。4月からは全員に書いてもらいます。
 

2/17 2年生練習内容

 2月17日の練習は三中で行い、参加生徒は20名、指導員7名でした。風はなかったですが肌寒い午前でした。パスとランニング(パス&ラン)をたくさん行い、7人制の動きを練習しました。

1.スパイダーウォークと腕回し
 股関節の可動域を広げるスパイダーウォークを前進と後進とで行い、その後に腕回しとダッシュを行いました。

2.アクションとランニング
 いつもとほぼ同じメニューでラダー+ハードル+マーカータッチ4ケを行いました。

3.ランパス
 いつもの4人一組のショートランパス(約7m間でパスを一方向のみ)を行い、次に同じく4人一組でロングランパス(約25m間でパスは往復させる)を行いました。素早くパスを廻して次のグループもボールをもらったらすぐに発進するように、テンポを速くしました。
 最初は良いパス(相手が受けやすいパス)が少なく、キャッチングも簡単にボールを落とすことが多かったので、集中力をもって練習することを注意しました。最後にはパスもテンポもずいぶん良くなりました。たくさん走って少しバテましたね。

4.パスキャッチとダッシュ
 パスをもらうときにダッシュをしていないので、一人で直線をダッシュで走って、コーチからのパスを受けて、そのままダッシュして走り抜ける練習をしました。

5.ラインパス2人
 スクラムからのバックスラインのパスを2名で行いました。パスをもらうときとパスを出すときに斜めに走ることが多いので、直進することを注意しました。サポートラン(パスをしたらボールの後ろを回ってフォローする)は行わず、直進でダッシュすることを目指しました。

6.7人制のコンビネーション
 新3年生の7人制に向けて行っている練習で、フォワード(F)3名、ハーフ(H)1名、バックス(3名)を決めて、スクラムからのラインパス攻撃の展開とモールからの展開を練習しました。
 先週と同じく、スクラムからHがBにパスをして、B3名のラインはボールを外側に順番に廻し(展開して)、Bの一番外側の選手はDfになったコーチに当たってモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって3人(先着3名様と覚える)で押してボールを取ります。モールの近くにいる選手とは、この状況ではBの3名になることがほとんどです。Fの3名はBよりは遅れて走ってくるのでモールには加わらずに、バックスのように3名でラインを作って待ちます。すなわちFとBが入れ替わったようになります。Hは同じ選手に固定しました。Hはパスをラインに並んだ3人に出して、また、展開します。

 その後に初めてDfに生徒がなって、試合形式の練習を行いました(アタックディフェンス練習)。DfはAtのHがパスをしたら走りだします(スタート)。2年生の5人制ではBがボールをキャッチしてからがスタートですから、スタートのタイミングが変更になります。ルールを理解して早く慣れましょう。
 新3年生の7人制では、このほかにラインアウト、キックオフ、キックの陣形(フォーメーション)などが5人制と違います。これから3月末までにポジショニングと試合の進め方を覚えていきましょう。

7.連絡事項
 ラグビーノートはたくさん出してもらいました。コーチが交代で見てコメントを書いて返します。4月から始めてもよいですよ。
 次週24日はマルチグラウンドで東淀川RS、能勢RSといっしょに合同練習と練習試合です。午前9時集合で、12時30分くらいまで活動します。

2/3 2年生練習内容

 2月3日の練習は十五中で行い、参加生徒は19名、指導員7名でした。

1.アクションとランニング
 前半はいつもと同じメニューでラダー+ハードル、後半はタックルバッグ投げを行いました。タックルバッグを両手でつかんで大きく振り回して放り投げました。

2.足回しとスパイダーウォーク
 先週に続いて股関節の可動域を広げる運動を行いました。足回しは片足でハードルをまたぐように廻して歩きます。片足ずつ後ろ回しと前まわしを行いました。
 スパイダーウォークは2回目だったのでずいぶんうまくなりました。ダルマさんが転んだを入れて静止する時間を作ったので体幹も強くなったと思います。

3.7人制のコンビネーション
 これも先週から始めた3年生の7人制に向けての練習です。フォワード(F)3名、ハーフ(H)1名、バックス(3名)を決めて、二つのコンビネーションを行いました。
 スクラムからHがBにパスをして、B3名はラインを作って(3人が横に並んでおくこと)ボールを外側に順番に廻します(展開する)。FとHとパスをしたBの全員がボールを追いかけて外側に走って、ボールに追いついた順番にパスを受けて、次々にパスをつなぎます。このオールメンフォローは4人ないし5人でやったことがあるのでうまくできました。
 次にスクラムからの展開とモールからの展開を練習しました。
 スクラムからHがBにパスをして、Bのラインはボールを展開して、Bの一番外側の選手がDfになったコーチに当たってモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって3人で押してボールを取ります。モールの近くにいる選手とは、この練習ではBの2名になることがほとんどです。Fの3名はBよりは遅れて走ってくるのでモールには加わらずに、バックスのように3名でラインを作って待ちます。すなわちFとBが入れ替わったようになります。Hは同じ選手に固定しました。
 モールからは最初のスクラムからと同じようにHがラインにボールを出して展開します。ラインの一番外側の選手がDfになったコーチに当たって2番目のモールを作ります。このモールには近くにいる2名が加わって押します。この2名はFの選手になります。Bは1番目のモールから遅れてくるのでこの2番目のモールには加わらずにラインを作って待ちます。そしてHがボールをラインに出して、3回目の展開をしてラインの一番外側で3番目のモールを作ります。
 ポジショニングがなかなか難しいですね。グラウンドではコーチ達がホワイトボードを使って、あるいは地面に書いて説明をしました。モールに加わるのはボールのそばにいる3名なので「先着3名さま」と覚えてください。残りの3名がラインで並びます。
 3番目のモールに加わる3名はFでしょうか?Bでしょうか?次回の練習で生徒の皆さんから答えを聞きます。
 説明が長くなりましたが、このポジショニングが3年生のラグビーのキモだと思います。

4.カバディのゲーム
 カバディを初めて行いました。ルールは少し変えて5人制で行いました。
 カバディでは、作戦を考えて、状況を判断して、声を出して、アイコンタクトをして、素早く動いて、AtはDfへのタッチをねらい、Dfは協力してAtの選手を捕まえて陣地に返さないようにします。ラグビー的な要素がたくさん含まれています。特にDfはみなでまとまってAtの一人の選手を捕まえますが、そのタックルは良かった。
 
5.連絡事項
 ラグビーノートを書いて提出してください。ノートは2冊を1週間ごとに交代で提出してください。4月から始めてもよいです。
 今日の練習でできたこと、できなかったこと、できるようになりたいこと、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。
 主任コーチが保護者のみなさんに中学年(小学3、4年生)のルールの概要を説明しました。3月のビデオ観賞会などでもまた、行う予定です。 

1/13 2年生練習内容

 1月13日の練習は南丘小で行い、参加生徒は19名、指導員7名でした。2年生は1月から1名増えて総勢23名となりました。今日は風がなくてだんだんと暖かくなりました。

1.アクションとランニング
 いつもとほぼ同じメニューで、ラダー+ハードル+マーカータッチ+ボールのピックアップとダウンボールを行いました。時間を少し長くしたので、ちょっとバテ気味になりましたね。

2.パス
 いつもの4人一組のショートランパスを行い、次に同じく4人一組でサポートラン(パスをしたらボールの後ろを回って3人の外側に行って、パスをもらう。)をやりました。校長先生が一緒に走ってくれて、「パス」「左」と大きな声の見本を見せていただきました。生徒も負けずに大きな声を出しました。

3.当たり
 19日の試合のためにコーチを相手に、①一人で当たる、②当たって後ろを向いてパスをするを行いました。久しぶりの練習だったので、低い当たり、当たった後も押し続けるパワーフット、コーチにボールを取られないように手を伸ばしてボールを下に置くを重点的に復習しました。

4.もぎ取り
 前回の試合で、ボールを持って突っ込むのは良いが、相手からボールに絡まれて(ボールをホールドされて)、モールパイルアップ・モールアンプレアブルになってしまい、相手ボールのスクラムにされたことが多かった。そこで、絡まれたボールをフォロワーがうまく取る練習をしました。
 フォロワーは、前にいる味方の絡まれたボールに①強く当たる、②片手を味方が持ったボールの奥に入れる、③入れた手の肩を下向きに回して体重をかけてボールをもぎ取る。
 1年生の後半でこの練習はしましたが、手を入れて肩を廻せば簡単にボールを取れます。ボールを自分方向に引っ張るだけではなかなか奪えません。
 試合では、フォロワーは味方の後ろに行くが、離れて立っていて何もしないことが多いので、これはミニゲームの中でボールに向かって強く当たることを教えました。まだまだすぐに体は動かないですが、ボールを取りに行くことを意識してくださいね。

5.ミニゲーム
 2本のミニゲームを行いました。当たる前のパスが出るようになり、今日練習した当たってのパスもできました。タックルをされて、あるいはタックルをして地面に寝たままでボールを取りに行くプレー(ノットリリース ザボール)がいくつかあったので、起上ってからボールを取りに行くように注意しましょう。

6.19日の試合
 19日(土)は11時集合で、午後から万博競技場で大阪府協会の低学年交流大会があります。2年生は2チームのエントリーで4試合をします。練習してきたパス、当たり、もぎ取り、抱き止め(ホールド)、タックル、ピラーができるように頑張りましょう。
 靴の注意です。試合は天然芝のフィールドでいつものスパイクを使用しますが、試合前の練習はアンツーカー部分でアップシューズ(運動靴)を穿いて行います。靴は2種類が必要で、シューズケースを準備してください。

7.ラグビーノート
  今日はラグビーノートは9冊を預かりました。来週返します。ノートは2冊を1週間ごとに交代で提出してください。4月から始めてもよいです。
 できたこと、できなかったこと、できるようになりたいこと、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。

12/23、24 2年生練習内容

 12月23日は十五中での練習で参加生徒は18名、指導員5名でした。24日はマルチグラウンドでの年内最後の練習で参加生徒は18名、指導員6名でした。両日ともそれほどの寒さではなかったですが、休憩時間になると手が少しかじかみました。 

23日の練習
1.アクションとランニング
 往路でラダー+ハードル+マーカータッチ、復路はボールのお腹回しと股くぐらせをしながらの前進と後進。

2.パス
 いつもの普通のランパスを4人一組で行いました。
 次に同じく4人一組でサポートラン(パスをしたらボールの後ろを回って、3人の外側に行ってパスをもらう。4人でどんどん外に回る。11月から始めた練習です。)をやりました。

3.肩当てタックル(初めて)
 肩当てタックルを行いました。両手を体の後ろに回して、肩で相手の胸に当てる。これは普通のタックルにおいて足の踏み込みを強く行うための練習です。初めてなので少し難しかったです。

4.肩当てタックルのタッチフットボール
 肩当てタックルでタッチフットボールを行いました。3人対3人で、Df側は肩当てタックルでAtの選手にタッチします。At側の選手はボールを持って5歩までは歩いてよいが、6歩目になる前にはパスをしなくていけない、それで前進してトライを狙う。
 タックルの練習ですが、At側のパス回しの練習でもあります。これも初めてなので少し難しかったです。

5.試合の反省点
 T副主任から16日の試合の反省点を説明しました。
・試合に負けて悔しかったら、できなかったことを練習で克服する。
・練習では、できなかったことを繰り返し行って、マスターする。
・コーチからのアドバイスをしっかりと聞くこと。
・コーチが話をするときは、コーチの目を見て真剣に聞くこと。土いじりをしない。

24日の練習は、23日ほぼ同じ内容でした。
1.アクションとランニング
 往路でラダー+ハードル+マーカータッチ+ボールタッチ。グラウンド状態が悪かったので、このアジリティの練習は、タッチラインの外の芝の状態が良い場所で行いました。ちょっと狭かったです。

2.パス
 いつものランパスを4人一組で約15m往復。みなのパスが悪かったので最初のパス回しは立ったままで行い、次にランパスをしました。
 次は4人一組でサポートランパスです、4人でどんどん外に回ってランパス。

3.肩当てタッチフットボール
 23日と同じく肩当てタックルでタッチフットボールを行いました。4人対4人です。At側がパスを廻せばトライがすぐできると思ったのですが、Dfがしっかりと走りました。
 
4.親子タッチフットボール
 保護者のお父さん、お母さん、お兄さんとコーチを相手にタッチフットボールを行いました。グラウンドの表面が水分を含んで荒れていたので滑りましたが、久しぶりにみなでタッチフットを楽しみました。お父さんのロングパスと猛ダッシュ、お母さんの悲鳴と一緒のパスはすごかったですね。

5.表彰とプレゼント
 年間MVP(4月から12月まで)を2名表彰して、賞状を渡しました。T21は今年1月の入校ですが練習熱心で進歩が早く、試合ではトライをたくさんしてタックルもたくさん決めました。
 Y14は練習をしっかりと行い、試合では確実なプレーで前進して、また相手を止めました。
 次に、全コーチから生徒のみなさんにノートを2冊づつプレゼントしました。これをラグビーノートにして、気が付いたこと、質問などを文章や絵で書いてコーチに出して欲しいと思います。2冊あるのは交互提出用です。1月ないしは4月から始めてください。

 みなさん、1年間お疲れさまでした。どうぞ良い年をお迎えください。Have a happy New Year. 来年もよろしくお願いします。

2年生 交流戦

 16日はマルチグラウンドで我が豊中RS主催の交流戦が行われ、2年生は兵庫県RSと東淀川RSと6試合を行いました。参加者は生徒20名と指導員6名でした。
 風がなくて涼しい程度の気温でした。久しぶりの10分ハーフで6試合あったので、出場選手も応援する保護者もコーチも大いにラグビーを楽しみました。

1.試合の結果
 2年生は、6試合の12ハーフごとにメンバーを組んで、各選手は3ハーフに出場しました。 

 試合の概要は次のとおりです。
第1試合 豊中対兵庫県 負け 7トライ:10トライ(前半3:6、後半4:4)
 豊中はタックルポイントへの集まりとラックオーバーが遅かった。相手は倒された後のピックアップ(ボールを拾う)が早かった。実力差は大きくはないがこのブレイクダウンの差で負けた。
 MOM(マンオブザマッチ)は、DfもAtも頑張ったS3が獲得。

第2試合 豊中対東淀川 負け 9:14(前半2:8、後半7:6)
 豊中の前半はDfが甘くて相手のスピード選手2名を止められなくて大差となった。ポイントへの集まりも遅かった。後半は両チームともにDfが甘くてトライの取り合いとなった。相手に触ったら離さない、一人目が捕まえたら二人目が倒すというDfができていれば締まった試合にできたと思われる。
 MOMはタックルを頑張って、トライを2本決めたS12。

第3試合 豊中対兵庫県 勝ち 20:1(前半10:0、後半10:1)
 豊中の快速ランナーは相手のDfの出足が遅いと、相手のオープンスペースに向かって走りこんでスピードで相手を振り切って前進、トライができる。実力差以上に点差が開いた。
 MOMはDfでタックルをたくさんしたS7が獲得。

第4試合 豊中対東淀川 負け 11:13(前半4:7、後半7:6)
 前半は相手がラックオーバーがうまくてボールをつながれた。後半は走り勝ってトライができた。
 MOMは、Atでのランとステップが良かったT18。

第5試合 豊中A対兵庫県 勝ち 18:1(前半9:1、後半9:0)
 この試合は相手のDfが甘かったので豊中はオープンスペースを見つけて走り回り、実力差以上のトライができた。
 MOMはスピードとチェンジオブペースでトライを重ねたY22。第4試合では初出場初トライをあげた。

第6試合 豊中対兵庫県 負け 3:16(前半0:7、後半3:9)
 豊中はしつこいDfができずに相手の連続攻撃を止められなかった。逆に相手は豊中をしつこく止めていた。豊中は特にこの試合では、片手でボールを持って突っ込んだり一人で無理に前進して、もぎ取られたりモールアンプレアブルになることが多かった。
 MOMはDfもAtも頑張ったS13が獲得。

計6試合で2勝4敗と久々に負け越しましたが、力の差はそれほどないと思います。総得トライ数は68、総失トライ数は55でした。

2.プレーの内容について
 今日の試合では特にDfが良くなかったと思います。
①とにかく相手をつかむ。相手をつかんだら離さない。そうすれば味方の二人目が追い付いて一緒に相手を倒すかボールを押さえることができる。 
 走っている相手の近くにまでは行けているので、もう一歩頑張って前に出て、とにかく相手をつかもう。

②タックルポイントとモール、ラック(いわゆる接点)への選手の寄り・集まりは相手より少しだけ遅く、そして地面にあるボールを拾うのが遅かった。そのため攻撃が継続してできなかった。相手は逆に攻撃が連続した。

 選手の皆さんは着実にうまく、強くなっています。継続して練習をしているパスとピラーは、試合ではなかなかできないが、やろうという意思が見えてきました。
 負けた試合での力の差は小さいです。いくつか気を付けるプレーをすればすぐに逆転できると思います。今から勉強しながら練習をして、来年1月19日の交流戦の試合は頑張りましょう。