9/16,17 2年生練習内容

 9月16日は三中で練習を行い参加者は生徒18名、指導員7名、17日は八中での練習で参加者は生徒17名、指導員6名でした。23日の茨木RSとの定期戦を控えて2日連続の練習を行いました。16日の練習後は、指導員に対してタグラグビーについて日本協会の導入方針の説明とルール説明の講習がありました。

9月16日の練習
1.アクションとランニング
 往路でラダーの各種ステップ、ハードル5本のジャンプ、ボールの拾い上げとダウンボールを行い、復路を設定してマーカー6個を置いてのスラロームランを行いました。たくさん走りました。
 
2.ボールタッチゲーム
 先々週から3回目のゲームです。約7mのサークルの中でボールを持って追いかける3人が逃げる鬼の3人にボールをタッチします。ボール保持者は3歩まで歩けます。だいぶうまくなったが、ボールを持っていない人が鬼を一人でも追い詰めてから、パスをもらいましょう。

3.パス回数ゲーム
 先週に続いて2回目のゲームで、約7mのサークルの中で、ボールを持ってパスをする3人と、そのパスを邪魔する3人の対決です。30秒間でパスを何回することができるか、パスは前にも投げてよい、邪魔(パスカット)するのは、はたいてもよいルールです。
 パスをもらう選手がもっと動いてフリーな位置にならなくてはいけません。その動きができる生徒とできない生徒の差が少し出て、10数回のパスができるチームと0回のチームがありました。次回は動き方を勉強・理解してからゲームをすることとします。

4.タックル
 新しい練習で、コーチが持ったタックルバッグにタックルする練習です。バッグは空中に浮かせているので、生徒は走りながらバッグを抱きしめて(ホールドして)走り抜けます。
 最初は戸惑いましたが、慣れてきたら早いスピードで走り抜けながらバッグを強くホールドできました。

5.当たりと抱き止めの練習
 7月から始めた練習で1対1で向き合って当たります。At(アタック)はボールを持ってまっすぐ当たって押して、Df(ディフェンス)はAtの選手の上半身を抱き止めて(ホールド)まっすぐ押し返す練習です。
 今日はラックのオーバーの練習ではなく、AtとDfの両方の当たりを強くする練習として行いました。 

6.ミニゲーム
 今日のミニゲームは、試合の再開はタッチのあとのラインアウトからとしました。
 ラインアウトでは、At側はF(フォワード)がボールを入れて、H(ハーフ)が受け取って、B(バックス)にパスすることに変更しました。Df側はFがタッチラインのすぐ横に立つこととしました。これはAtの選手がライン際に走って攻めることがあるためです。そのFの横にHとBの3人が並び、自分がタックルに行くAt側の選手をノミネート(指さし)します。
 攻撃は、Hからパスをもらう一人目のBが突進する形を練習しました。

9月17日の練習
1.アクションとランニング
 マーカーとコーンを使って、各種ステップとランニングを行いました。At側のHのパスをBが受けたときにDfチームはスタートしますが、最近そのスタートが遅く、また、ばらばらなので、コーチ2名がHとBになり、Bがパスをキャッチしたときに素早くスタートする練習をしました。

2.4人1組のショートランパス
 8月26日にマルチグラウンドで行った練習で、約7mの区間を、4人横一列となりパスを1往復させます。正確で優しいパスを素早くしないと1往復ができません。
 中の2人には2歩進むうちにパスをすること、最後にもらう外側の生徒は前に出なくてはいけないので、3歩進んでパスをすること、さらに中の2人はボールをパスしたらボールより後ろの位置にならないといけないので、パスをしたらスピードを緩めて5歩下がることを指示しました。
 長い時間行ったので、随分できるようになり、パスの意識も強くなりました。しかし、パスそのものがうまくなくて受け取る選手の胸の前に行かないことがあり、また、パスをした後にボールの後ろの位置に動くことがまだ少しできません。この2点はパスラグビーの基本なので試合が終わったあとにももっと練習しましょう。
 ひとつのグループだけで、6人で短いパス(フォワードパス)を行い、パスしたらボールより後ろに位置することの練習をしてみました。このような練習も行います。

3.当たりと抱き止めの練習とタックル
 昨日と同じく、1対1で向き合って当たり、AtもDfもまっすぐ押す練習をしました。特にDfはAt選手の上半身をホールドします。最初は昨日と同じく近い距離から、次に2歩離れて当たりました。
 この後にDfは膝をついてのタックルをおこない、Atはタックルを受けて倒れたらジャックナイフでボールを味方側にダウンボールすることを練習しました。
 ひとつのグループで、2対2の押し合いを行い、また、バックスのライン攻撃でBがDfにつかまったときに、後ろからバインドして(ハンマー)一緒に相手を押して前進する(ドライブ)練習も行いました。
 状況のパターンはいくつかありますが、At側は、Dfにつかまってもボールをうまくつないでモールアンプレアブルにならないようにすることは大変重要なので、練習をさらに行う予定です。

4.試合
 9月23日(日)は茨木RSとの定期戦です。2年生は去年も戦った茨木、徳島RSと2試合ずつ、明石RSと1試合を戦います。パスと当たりとホールドはたくさん練習したので、試合前の練習で復習をして、試合でプレーを出しましょう。
 

9/16,17 1年生練習内容

2108.0916,17
三中、八中
参加生徒:12名、12名

天候等で毎週コンスタントに練習出来ない中、2日連続での試合です。23日の試合に向けて、いい準備が出来ました。

1.アップ(2日間共通)
〇ラダー等
リング、ラダー、ハードル等を使って、色々な足の動きを行います。また、足を強くトンと踏み込むことで速く走ることが出来ます。運動会も近いですが、少しは速く走れるようになったでしょうか。

2.9/16
〇アタック練習
3人1組でコンタクトへの当たり、味方からボールをもらって次に攻撃するパターンを練習を行いました。相手が前にいても何とか味方にパスを繋ぎ何度も攻撃を続けます。ボールをもらう生徒は味方の後ろにフォローについて大きな声でパスをもらって下さいね。

〇練習ゲーム
短い時間でしたが、試合に向けて練習ゲームを行いました。ボールを持ったら生き生きと走っていく生徒が多くみられます。また、ボールを持ってもすぐに相手に捕まってしまう生徒もいます。直ぐに捕まる生徒は相手が近くにいると止まってしまう生徒が多いです。相手が近くに居ても素早くステップを少し切る事で簡単に前に出る事が出来ます。ボールを持ったら一段スピードを上げて相手を振り切りましょう。

3.9/17
〇タッチフット
4名1チームで行いました。タッチされたら股の間からボールを出して、スクラムハーフがボールをパスします。アタックでのポイントはタッチされたらいち早くボールを股の間から出して攻撃できるのか。ディフェンスは、すぐにオフサイドラインまで下がって相手の攻撃に備えるのか。この2つがポイントです。直ぐには出来ませんが、今日1日で少し形が出来てきたと思います。

〇練習ゲーム
6名1チームで行いました。
注意したことは、アタックでは相手にボールを取られない。取られそうになる前にパスをする事です。ディフェンスは、タッチフットと同じで直ぐに下がって相手の攻撃に備えることです。アタックはまだまだ今までのとおり、個人プレーが目立ちますが、ディフェンスは、素早く下がって勢いよく前にでるプレーが見られました。タックルの練習はほとんどしていませんので、止められないのはしかたないのですが、
前に出るだけで相手にプレッシャーをかける事が出来ます。

以上

ps.いよいよ来週は茨木との定期戦です。前回私が指導した生徒はなかなか茨木には勝てませんでした。今回の生徒は定期戦最初の年です。是非とも勝利しコーチを喜ばせて下さいね!

9/2 2年生練習内容

 9月2日は先週に続いてマルチグラウンドでの練習でした。参加者は生徒19名、指導員5名。未明の雨でグラウンドは柔らかいところが一部ありました。暑さは少し和らいだかなという感じです。

1.アクションとランニング
 ラダーとハードル5本を組み合わせて行いました。ハードルはいつもより間隔を広げてジャンプとスラロームラン、サイドステップを行いました。

2.3人対3人のパス回数ゲーム
 約7mのサークルの中で、ボールを持ってパスをする3人と、そのパスを邪魔する3人の対決です。20秒間でパスを何回することができるか。パスは前にも投げてよい、邪魔(パスカット)するのは、はたいてもよいルールです。
 フリーな位置の味方を探して、自分の思った味方に思ったパスをすばやくする練習です。初めてのメニューなので調子は少し出ませんでした。
 パスそのものは合宿前からたくさん練習をしてうまくなっています。あとはそのパスを意識せずに、思った時に思ったところに良いパスを出せるかです。このようなゲームで実践しましょう。

3.ボールタッチゲーム  
 先週行ったゲームの2回目です。約7mのサークルの中でボールを持って追いかける3人と逃げる鬼の3人のゲームで、鬼にボールをタッチします。ボール保持者は3歩まで歩けます。20秒間で何回タッチできるかを競います。
 ボール保持者の仲間2名が鬼を一人でも追い詰めて、そこにパスをできればよいのですが、逃げ回る鬼の走るスピードがまだまだ速いです。声を掛け合ってパスをするようにはなってきました。

4.当たりと抱き止めの練習
 1対1で向き合って当たり、お互いに抱き止めて押す練習です。まっすぐ押して、投げたりはしません。
 ラックのオーバーの練習を始めて、オーバーに入る形は良いのですが、当たりと押す力が弱いので、その力を増すために行いました。
 合宿ではボールを置いての当たりと抱き止め、また相撲をやったのですが、それと同じです。

5.ミニゲーム
 5人対5人を5分間、4ゲーム行ったので、一人2ゲーム以上できました。ゲームの中でいくつか指導をしました。
①FとHのAtとDfの、それぞれが走る目的とコースを説明しました。
②スクラム開始のポジショニングがAt側もDf側も遅い。もっと早く並びましょう。
③ルールの説明をしました。ひざと手を地面についてたらボールをプレーできない。タックルされたらボールを離すが相手がかぶさってきても離す努力をすること。タックル後のダウンボールされたボールを拾いに行くときは自分の陣地側から(ゲートを通り)進むこと。
④ラインアウトは、ボールの投入役はFに変えました。FからHにパスしてHがBにパスをします。Dfの時はFがライン際に立って、相手がそこに走りこんでくるときは責任を持って止めることにしました。たまにライン際をあっさり抜かれる時があるからです。
⑤ラインパスあるいはパスをしようという意思が少し見えてきました。またラックでオーバーの形がこれも少しだけ見えてきました。もっともっとパスとオーバーをやりましょう。
 
6.今後の予定
 9月23日(日)は茨木RSとの定期戦です。2年生は3チームをエントリーしています。あと3回練習をして試合に臨みます。
 その次の2年生の試合は11月3日(土祝)のスクール大会で、Jグリーン堺で行われます。

豊中ラグビースクール 創立40周年記念祝賀会のご案内

指導員・保護者各位
豊中ラグビースクール
校長 中村 夫左央

創立40周年記念祝賀会のご案内

平素は当スクールに御協力頂き誠に厚くお礼申し上げます。
さて、ご承知の通り豊中ラグビースクールは今年40周年を迎えます。
皆様のご理解とご協力のお陰でこのように永い歴史を築くことが出来ました事を心からお礼申し上げます。
つきましては、今後より一層大きく発展することを願って下記の通り40周年記念祝賀会を開催いたします。
指導員、保護者の皆様、是非ご参加下さいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
又、当スクールの卒業生等スクールに関係する方をご存知でしたら是非お誘い下さい。

  • 日時 平成30年11月24日(土) 午後6時から(受付5時30分より)
  • 場所 千里阪急ホテル(北大阪急行・阪急バス「千里中央」下車)
  • 会費 8000円(当日受付にてお願い致します)
  • 申込 10月7日(日)までに練習時受付へ配布した申込書を記入の上申し込みください。

また、OB・OGや元指導員の方で申込書を入手できない方は当HPのお問合せフォームから参加表明をお願いします。
「40周年記念式典参加」と記入いただき、
スクール在籍最終学年とその年度、指導員の方は在籍時期、氏名、連絡先(電話・メールアドレス)を記載ください。

9/2 1年生練習内容

2108.0902
マルチグランド
参加生徒:13名

先週に引き続きマルチグランドでの練習です。少し涼しくなってきましたので、どんどん走って行きましょう!

<今日の練習内容>
1.アップ
〇ラダー等
打ち合わせで練習内容が見れてませんので、Mコーチフォローお願いします。

〇リレー
コーンタッチでのリレーを行います。真っすぐに走るのだけではなく、素早くターンをする動きを早く出来るようになってほしいと思っております。また、説明した事をしっかりと聞き、直ぐに実績出来るようにしたいです。ラグビーのルールと同じで、直前に説明した事を正しく理解し実戦することが、チーム力UPに繋がります。

〇ステップ
1対1でのステップ練習です。相手をステップで交わす練習です。今までは、ゆっくりと走ってタイミングを図ってステップをしたり、止まってからステップをしたりしている生徒もいますが、ゆっくり走ったり、止まったりしたら他の相手にタックルされてしまいます。
前にも走りながら鋭いステップを切る練習をして下さい。ディフェンス側は相手の動きに惑わされることなく、相手のお腹を見てついて行って捕まえて下さい。

2.タックル練習、試合形式
茨木との定期戦に向けて、膝付きタックルを行いました。タックルは相手のお腹に自分の胸を当てます。そして腕を使って相手の動きを止めて倒します。来年は、タグなのでタックル練習はあまり行いませんが、今年度は試合でタックルが必要ですので、ケガをしないように要点だけは練習します。試合形式では、夏合宿の成果でしょうか。何名かの生徒が力強い突進をしてくれました。

以上

ps.今日は体験の生徒が来てくれました。まだ馴染んではくれませんでしたが、試合形式の練習などラグビーの激しく楽しい姿も是非見て下さいね!
またお待ちしております。