11/3 1年生 スクール大会

 11月3日(金祝)は花園ラグビー場で第48回大阪府スクール大会が開催されました。4年ぶりに幼年から小学6年生までの全学年が一堂に集まる大会となりました。1年生は2チームをエントリーして、4試合を戦いました。2チームともに2勝して各グループの1位となり表彰状をいただきました。大会と試合の概要は次のとおりです。

日 時  :11月3日(金祝) 11:30集合~16:30頃解散

場所・天候:花園ラグビー場 第2グラウンド 晴、真夏日

参加者  :生徒10名、指導員5名

試合時間 :10分ハーフ

*以下のスコアはトライ数です。

第1試合 豊中B対箕面 6対4(前半4対4、後半2対0)

第2試合 豊中A対阿倍野 11対5(前半6対3、後半5対2)

第3試合 豊中B対枚方 11対6(前半5対4、後半6対2)—訂正

第4試合 豊中A対合同A2 13対7(前半9対4、後半4対3)

 1年生は25スクールの31チームが、3ないし4チームの9グループに分かれて戦いました。各グループで2勝すると1位・優勝です。豊中は、今回は今までの選手構成と少し違って、10名の生徒を前半と後半に、およそ同じ戦力になるように分けて、4試合に出場しました。

 練習で取り組んできた早いランニング、確実なパス、すばやいリスタートがうまくできて、個人の動作もテキパキとしており、春に比べるとずいぶんレベルアップしたと感じます。前半チームはタグをうまく取れないときがあり、また外側に走る相手を止められなくて失点が少し多かったこと、後半チームはパスを廻し過ぎるときがあって得点を少し増やせなかったことなどの課題が見えましたが、今後の練習の中で改善を図りたいと思います。

 1年生は生徒の運動能力を養うことに重点を置いて練習をしてきましたが、4試合ともに勝つことができてみなでおおいに喜びました。

 ルールの適用で、ディフェンスのホールディング(ボールを持った相手を抱きかかえて止めること)の注意を受けましたので、すぐに反省して修正することとしました。ワールドカップの激戦を見たからでしょう、生徒たちはボールを持って相手にぶつかっていくこと、飛び込んでトライをすることをやりたいようですが、これらは3年生になってミニラグビーの中でやりましょう。