カテゴリー: '16-6年生チーム, 未分類

5年生 シンガポールからメッセージが届きました。

シンガポール在住の FKMコーチから 5年生にメッセージが届きました。

(前回のブログについて本日午前中に FKMコーチからメッセージありました。ホームページ上では最新記事の項目からなくなってしまったのでコピーして原文そのまま載せます。)

———————————————————

MKTコーチ
昨年の振り返りの数行を読んだだけで、36人がまた大きく成長しやがって!と泣けてきます。弱点はまさにのびしろ。これまで、強みを伸ばすコーチングで生徒たちはラグビーの楽しさを沢山味わってきたことでしょう。この一年間は、弱点を強みに変える仕上げの年。いちばんの課題である声が出せるようになれば、ゴールは近い。よろしく頼みます。

72の瞳たちへ、
3ヶ月早い六年生に進級おめでとう。何十年ぶりに日本がラグビーブームとなりつつある中、いつも先頭を走っているチームが君たちです。一年生の初日から、他のクラス、スクール、日本の変化のない練習とは違うサムシングルニュー(新しい何か)を君たちにはわからないように練習に落とし込んできました。

これからは、コーチに何かを教えて貰うためにグラウンドに向かうんじゃないんだ。君たちが仲間とたくさん対話して、こうしたらいいんじゃないか、とアイデアを出す番なんだ。早出して弱味を強化するのも良し、強みをさらに伸ばすも良し。今日はこうなりたいと思う自分を思い描いて家を出よう!
以前、このホームページでも書いたと思うけど、守・破・離の破る段階に来ているよ。元コーチは一年数ヶ月後の離れの場を確認しに行きます。

—————————–


LINEで送る