カテゴリー: '19-中学生チーム

中学報告8月 合宿~練習試合

夏休みも終わりに近付き、私の仕事もひと段落、ようやく報告ができます。ちょっと溜まってしまいましたので、ダイジェストで報告いたします。

合宿のテーマは、走れるチーム作りとディフェンスの強化でした。

残念ながら、早朝の走り込み練習ができなかったので、午前練習の直前に走りましたが、熱中症者が1人出てしまいました。反省しきりです。今後は走り込み練習をどの時間帯にやるか検討が必要です。

ディフェンスは、立ち方を復習し、ピラー、シャロー、ドリフトのシステムを再確認しました。並び方は、これまでと異なる新方式にしてみましたが、これが吉と出るか凶と出るかは今後次第ですね。

これまでは、ディフェンスばかりでしたが、今回はオフェンス練習も入れてみました。正確には、必ず対面をつけて、ディフェンスだけの練習ではなく、オフェンスの練習も行う、つまりより試合に近い状態で練習するようにしてみました。人数がほどほどに増えてきたからこそできる練習メニューですね。

小学生のコーチ陣に感謝!!ラグビー好きに育てていただいて、中学でも続ける人数が増えていることが非常にありがたいことです。

8月23日(日)、午前の練習を終え、午後から、練習試合に行ってきました。
中地区のコーチに声掛けをいただきまして、U15は中地区、甲南中学、庭窪中学と1本ずつ計3試合を、U13は中地区&甲南中学、庭窪中学&豊中RSで前後半1試合を行いました。

U13は、随所に良いプレーを見せるものの、負けてしまいました。単独チームではないですし、今回の趣旨ではないのでチームについての話は割愛しますが、個々のプレーはまだまだ向上させないといけないでしょうね。新チームに向けてポジションも考えていかなければなりませんので、おいおい話し合っていきましょう。

U15の試合結果は、以下の通りです。スコアはトライ数のみで、正確ではありません。

vs中地区 1-1
エンジンがかかりきる前に試合終了といった感じに終始してしまいました。ポジションのコンバートがいくつかあったので、致し方ない部分がありますが、試合時間が短いので、試合の入り方は非常に重要ですね。

vs甲南大学 4-1
こちらは逆に、良い試合の入り方をして、トライを重ね、終了間際の1本に抑えました。また、太間グラウンドは癖があるので、グラウンドに慣れてきたのもあるのかもしれません。

vs庭窪中学 1-3(?)
暑さもあるので、疲労を考慮し、2年主体のチーム編成で臨みましたが、まだまだですね。強い学年と言われていましたが、中学での1年間は大きな差になることを再認識しました。

さて、スクール大会に向けて、収穫と修正点とをまとめておきます。

まず、収穫ですが、ディフェンスは確実に良くなっています。ディフェンスが甘い部分もありますが、トライを取り切らせないようになってきました。オフェンスでは、ブレイクダウンのキープ率がかなり上がってきたこと、意図のある攻撃がつながるようになってきたことが挙げられます。また無理なパスをせず、堅実にマイボールをキープする局面と、ポップでつなぐ局面との使い分け、状況判断が向上してきたように思います。1対1の局面で仕掛けられるようになってきたことも大きな成長です。

さて、修正点ですが、列挙しておきます。練習での修正していきますが、心がけ次第の部分もありますから、こちらは早速意識して修正するようにしてください。

・キックオフ時のキャッチ
FW陣、毎日、外野フライを取りたまえ。3年はもう遅いかもしれないけれども、高校に行っても課題として残るだろうから、練習するべし!これは才能ではなく、経験だからね。

・タックルが甘い
まだまだ、身体を当てきれていないので、タックルに入ったつもりで抜かれてしまう局面がまだまだ多いですね。また足首への飛び込みタックルも同様に、足をするっと抜かれて走り続けられています。身体へのバインドを意識しましょう。

・ペナルティ時のタッチキック
チェイスしている選手が少なすぎる!キックがタッチに出なかった時に備えて、WGとFWはマストでボールをチェイスしましょう。

・スクラムのブラインドサイド
左プロップ、両ロックのスクラム解消が遅く、相手スクラムハーフがブラインドサイドを攻撃した時にまったくディフェンスできていません。この3人は、スクラムの際に、お互いに声を掛け合って、もっと早くブレイクしてディフェンス、プレッシャーをかけれるようにしましょう。

・ピラーを立てる
まだピラーが立ててないシーンが多くあります。ゴール前でピラーがおらず、トライを取られたシーンもありました。ゴール前のようなわかりやすくピンチの際には特に全員で声を掛け合って、必ずピラーを立てるようにしましょう。

さて、大会まであと3回しか練習がありません。大会で上位に食い込むためにも、悔いのない中学ラグビーにするためにも、また新チームへの布石としても、頑張っていきましょう!


LINEで送る