カテゴリー: 校長ノート

規則(きそく)を知(し)って 自分(じぶん)から良(よ)いプレーをすることが、ラグビーの楽(たの)しさにつながる

2019年秋(ねんあき) ラグビーのワールドカップが日本で開催(かいさい)され、ジャパンラグビー時代(じだい)の夜明(よあ)けの予感(よかん)がした時(とき)からは、2019年度(ねんど)末(まつ)から2020年の幕(まく)開(あ)けがこのコロナウイルス肺炎(はいえん)による活動(かつどう)停止(ていし)になるとは思(おも)いませんでした。この6月になって、広(ひろ)いマルチグランドのみ活用(かつよう)できるようになって、ようやく試運転(しうんてん)から開始(かいし)です。
昨年度(さくねんど)から続(つづ)けようとしてくれている生徒(せいと)の皆(みな)さんは、2-3か月間 外出(がいしゅつ)禁止(きんし)で体(からだ)を動(うご)かす機会(きかい)が少なくなって、体(からだ)と心(こころ)がうずうずしていたと思います。指導員(しどういん)の皆(みな)さんも同様(どうよう)、心(こころ)がうずうずしていたと思います。
今年度(こんねんど)から始(はじ)めようとしていた皆(みな)さんも お待(ま)ちどうさまでした!

さあ 皆(みな)さん いっしょにラグビーを楽(たの)しみましょう!

今回(こんかい)、家族(かぞく)のため、友達(ともだち)のため、みんなのため、そして日本(にほん)のために、迷惑(めいわく)のないように、
外出禁止(がいしゅつきんし)で自宅(じたく)での毎日(まいにち)過ごして(すごして)くれましたか? 体温(たいおん)は毎日(まいにち)測(はか)ましたか?
日本(にほん)のラグビー界で有名な、” One(ワン) for(フォー) All(オール) ”「ひとりはみんなのために」ということばがあります。for(フォー) All(オール) と思いながら、自分(じぶん)から自主的(じしゅてき)に守(まも)った皆(みな)さんは 素晴(すば)らしかったですね。苦(くる)しかったでしょう。でもありがとう!
実(じつ)はラグビーの競技規則(きょうぎきそく)も、プレーヤー自身(じしん)が 自分(じぶん)から自主的(じしゅてき)に守(まも)ることが基本(きほん)にされているのです。
反則(はんそく)はレフリーに見(み)つからなかったらやっても良(よ)い のではない し、
罰則(ばっそく)が軽(かる)い反則(はんそく)はやっても良(よ)い のではない、のです。
ラグビーは、ひとつのボールを追(お)い求(もと)めて、多(おお)くの人(ひと)がスクラムやタックルなどでのぶつかり合(あ)いもありながら、かわして走(はし)り逃(に)げることもしながら、ボールをダイナミックに動(うご)かして相手(あいて)ゴールに持(も)ち込(こ)んでトライする。そういうスポーツです。ワールドカップでも、力(ちから)自慢(じまん)の背(せ)の高(たか)い大柄(おおがら)の選手(せんしゅ)に混(ま)じって小柄(こがら)な選手(せんしゅ)もいたし、ランニングが素晴(すば)らしい選手(せんしゅ)もあれば、確実(かくじつ)にフォローする選手(せんしゅ)もいるし、キックの素晴(すば)らしい選手(せんしゅ)もたくさんいました。すばらしいプレーをたくさん見(み)ることができて、さらに日本(にほん)代表(だいひょう)チームが活躍(かつやく)したことで、楽(たの)しめましたね。こんなラグビーワールドカップ2019のあと、日本でもラグビーが面白(おもしろ)い人気(にんき)スポーツの仲間入(なかまい)りをしました。
しかし実(じつ)は日本では、これまでの20-30年間、ラグビーは人気(にんき)が徐々(じょじょ)になくなっていました。そこにはいくつかの理由(りゆう)がありましたが、とくに
①  密集(みっしゅう)の中でボールがどこにあるのか見(み)えない時間(じかん)が多く、ボールが動(うご)かないので、おもしろくないと思(おも)う人がいました。
②  複数(ふくすう)の反則(はんそく)が同時(どうじ)に起きる中で、レフリーがとった反則(はんそく)の判断理由(はんだんりゆう)、競技規則(きょうぎきそく)がよくわからない人が多(おお)くいました。
③  プレーヤーのからだが大(おお)きくなり、危険(きけん)なスポーツだと思(おも)われました。
タックルのあと、モールやラックといった密集(みっしゅう)ができることは皆(みな)さん知っていると思(おも)いますが、長(なが)い間(あいだ)ボールが出ず、だんご状態(じょうたい)になっている時間(じかん)が どんどん長(なが)くなっていった時期(じき)がありました。実(じつ)はその中(なか)で危険(きけん)なプレーも起(お)きていました。わざと反則(はんそく)をしているプレーヤーもいました。
たくさんのプレーヤーの中でほぼ同時(どうじ)に起きた複数(ふくすう)の反則(はんそく)を、ただ一人(ひとり)のレフリーが見(み)て、どの反則(はんそく)が最(もっと)も早(はや)く起(お)きたか、重大(じゅうだい)な原因(げんいん)となったかを正確(せいかく)に判断(はんだん)することは現実的(げんじつてき)に不可能(ふかのう)なことが多(おお)いのですが、どの行為(こうい)を反則(はんそく)とするかの判断(はんだん)もまちまちでした。何(なに)の反則(はんそく)が起こっているか、チームメイトでもわからないことがあり、反則(はんそく)をしていたチームがボールを奪(うば)い取(と)って再開(さいかい)してしまうこともしばしばでした。遠(とお)くからみている観客(かんきゃく)もわかりにくかったのですが、テレビを見(み)ている人(ひと)も競技(きょうぎ)規則(きそく)がどう適応(てきおう)されたのかがわかりにくく混乱(こんらん)していました。これにより面白(おもしろ)さが損(そこ)なわれて、ラグビーはルールがわからないと心(こころ)離(はな)れるひとが増(ふ)えました。
これに対して、当時(とうじ)のIRB(現在のワールドラグビー)シド・ミラー会長(かいちょう)の時代(じだい)の2006年の試験的実施規則(しけんてきじっしきそく)(ELV)では、レフリーも観客(かんきゃく)もイージーに判断(はんだん)できるよりシンプルなラグビーの競技規則(きょうぎきそく)にしていくのだという方向性(ほうこうせい)が打ちだされました。プレーヤーにもレフリーにも観客(かんきゃく)にも、誰(だれ)もがわかりやすいシンプルな原則(げんそく)で、そして安全(あんぜん)をよりいっそう確保(かくほ)しようと提案(ていあん)し、以後(いご)もそのような視点(してん)で競技規則(きょうぎきそく)のいろいろな改善(かいぜん)の試行錯誤(しこうさくご)が増(ふ)えていきました。
その試行錯誤(しこうさくご)の結果(けっか)、現在(げんざい)のように、早(はや)くボールを出(だ)すこと、英語(えいご)で「ユーズ・イト! (Use it !)」というレフリーが言(い)うようになり、どんどん展開(てんかい)することが薦(すす)められるようになりました。ふたりのアシスタントレフリーがトランシーバーでアシストする以外にもプレーヤーと話(はな)して注意(ちゅうい)や説明(せつめい)をするようになりました。さらにトップリーグや大(おお)きな試合(しあい)では、ペナルティや危険(きけん)なプレーの有無(うむ)やトライの成否(せいひ)にもテレビビデオ判定(はんてい)(TMO:テレビマッチオフィシャル)も導入(どうにゅう)されて、誰(だれ)が見(み)ても納得(なっとく)しやすくなりました。スクラムも段階的(だんかいてき)にくむことで、崩(くず)す危険(きけん)行為(こうい)があればレフリーは見分(みわ)けやすくなりました。脳振盪(のうしんとう)疑(うたが)いもあれば全(すべ)て必(かなら)ずいったんやめさせて、慎重(しんちょう)に対応(たいおう)して安全(あんぜん)が重視(じゅうし)されるようになりました。
今後(こんご)も変更(へんこう)はあると思(おも)いますが、どうしてこのような競技規則(きょうぎきそく)の変更(へんこう)がなされるのか、根底(こんてい)にある理由(りゆう)には、安全性(あんぜんせい)を高(たか)めることとシンプルにわかりやすいラグビーをめざしているのだということを知っておくと、ラグビーへの興味(きょうみ)が奥深(おくぶか)くなります。
シンプルでイージーなラグビー という言葉(ことば)が 皆(みな)さんのTシャツや冊子(さっし)に書かれているのですが、このようなわけのあることばなのです。
ただしスクールの皆(みな)さんがするミニやジュニアラグビーはじめ高校(こうこう)・大学(だいがく)でのラグビーの試合ではテレビ判定(はんてい)はありません。ひょっとしたらレフリーの判定(はんてい)に不満(ふまん)に思(おも)う時(とき)があるかもしれません。その時(とき)こそ、レフリーに従(したが)い、以後(いご) 意図的(いとてき)な反則(はんそく)をしないように自分(じぶん)をコントロールしてするのがラグビー本来(ほんらい)の姿(すがた)であることを思(おも)い出(だ)しましょう。そして反則(はんそく)をせずにゲームが終(お)わった時(とき)の、誇(ほこ)り高(たか)い気持(きも)ちを味(あじ)わいましょう。
ラグビーを楽(たの)しむために、今年(ことし)はもっと競技規則(きょうぎきそく)も勉強(べんきょう)してみましょう。
目標(もくひょう)は試合に勝(か)つことでも、面白(おもしろ)くてシンプルでイージーで、そして安全(あんぜん)なラグビーを通(とお)して、自分(じぶん)から約束(やくそく)や規則(きそく)のできた理由(りゆう)を知(し)って守(まも)れるひとになることも目的(もくてき)にしましょう。試合(しあい)が終(お)われば礼儀(れいぎ)正(ただ)しくお礼(れい)をして、お互(たが)い相手(あいて)チームを讃(たた)えあうこともできるようになれば嬉(うれ)しいです。
そして今年(ことし)も良(よ)い指導者(しどうしゃ)と良い保護者(ほごしゃ)も集(あつ)まる場(ば)となることを祈(いの)っています。
2020年6月 校長 中村夫左央

★2020年度は新型コロナウイルスの影響がまだ残っています。体調の自己管理をして、他の人に迷惑をかけないように注意しましょう。風邪気味や体調不良の時、37.5℃以上の時は、欠席して自宅待機をしてください。休むときは主任コーチに事前に届くよう連絡をしてください。コーチの皆様は体調管理シートも活用してみてください。37.5℃以上が4日以上の時は豊中市新型コロナウイルス感染症コールセンターに相談をしてください。家族や近隣で発生した時は校長 副校長までご連絡ください。


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">