カテゴリー: '19-3年生チーム

6/16 3年生 東淀川RS交流会

 6月16日は東淀川RSの交流会に招待されて舞洲のセレッソ大阪のグラウンドで試合をしました。東淀川RSの皆さん、ありがとうございました。
 参加者は20名と指導員6名でした。気温はそれほど高くはなかったのですが直射日光をたくさん浴びて暑い一日でした。3年生は単独チームで4試合を行い、東淀川RSとの合同チームで2試合、能勢RSとの合同チームでも2試合しました。

1.試合の結果
 試合の概要は次のとおりです。単独チームは試合ごとにメンバーを組みました。4戦して3勝1敗でした。
第1試合
豊中A 対 西宮甲東A  2トライ:1トライ(前半0:1、後半2:0)
出場選手 前半T15、Y5、K3、S16、S13、T21、R9、後半T12、S7、K3、S16、S13、T21、R9、交替Y5
 お互いに相手の前進をよく防いだナイスゲームだった。実力差はないがチャンスをトライに結びつけた豊中Aが勝った。3年生になって人数が7人に増えてグラウンドも広くなったので、簡単に抜けてトライをすることは難しくなった。

第2試合
豊中B 対 能勢豊中合同チーム  9トライ:2トライ(前半4:1、後半5:1)
出場選手 豊中B 前半M18、Y11、K19、T12、M10、Y5、H20、後半K17、Y11、K19、T12、S8、S7、S16
     能勢豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半T4、S22、後半S2、Y14
 能勢合同チームに豊中から前後半2名ずつが参加した。豊中Bの実力が上であった。

第3試合
東淀川豊中合同チーム 対 能勢豊中合同チーム  10トライ:2トライ(前半4:1、後半6:1)
出場選手 東淀川豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半H20、後半S8
     能勢豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半K17、M10、後半M18、Y5
 東淀川合同チームの実力が上であった。

第4試合
豊中 対 西宮甲東A  0トライ:10トライ(前半0:3、後半0:7)
出場選手 前半T4、Y11、S22、T12、T15、S2、Y14、後半M18、K17、K19、M10、S13、S8、H20 
 豊中はボールへの寄りが一歩遅く、タックルも甘くて相手のランを止められなかった。相手は第1試合と同じメンバーだったが豊中の動きを着実に止めて自分たちのペースにして、あいているスペースを見つけて走った。豊中の完敗であった。相手のエースを止めてトライを一つでも少なくする、何とかボールをつないでひつでもトライをする、このようなチームをめざして練習をしよう。
 
第5試合
豊中B 対 東淀川豊中合同チーム 4トライ:0トライ(前半1:0、後半3:0)
出場選手 豊中B 前半K19、Y14、S22、M10、T21、K3、R9 後半H20、T4、M18、S2、T15、Y5、S13
     東淀川豊中合同チーム(豊中RSの選手) 前半S16、後半S7 
 豊中Bはあきらめないディフェンスで相手を着実に止めて自分たちのペースにした。
 
3.感想
 本日は単独チームの他に合同チームへも参加して、豊中対合同チームの試合、合同チーム同士の試合もあったので、少し混乱したようです。
 以下に気が付いたことをまとめておきます。
・本日のMOMの選出基準は、試合の前に「声を出して、固まらずに広がってポジショニングをする選手を選ぶ」と説明した。結果、第1試合でR9が選出された。他の試合では選手はそのようにしようとはしていたがまだまだ不十分だったので、該当なしとした。
・合同チームに参加した選手は、きちんと自己紹介をして、自分のやりたいポジションを言って、試合の中で声掛けをしていた。良い武者修行になったと思う。東淀川RSと能勢RSの皆さん、ありがとうございました。
・第1項に書いたとおり、人数が2人増えてグラウンドが長くなったので、抜けたと思ってもその後ろに相手DFがいて、ゴールまで遠いので捕まってしまうことが多い。ATは相手のいない方向を事前に考えておいてそちらに走って攻める、そして他の選手は外側にフォローしてパスをもらえばトライになる。DFは今まで以上に全員があきらめずに追いかけること、そうすればトライを防げる。
・地面のボールへの寄りが遅い、これは2年生時からの課題だ。
・スクラムからのバックスの一次攻撃とモールの形成、モールからのフォワードの二次攻撃は、もっともっと練習してトライができるようになろう。
・第5試合の前に、モールにおけるDFラインの並び方と一斉に前に出る練習をした。モールの味方の一番後ろの足の線まで出て並び、皆が同時に前に出て出来るだけ前で相手を捕まえるようにしよう。


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">