カテゴリー: ’18-5年生チーム

2年生 9/6

断続的な雨天の中、ふれあい緑地でいつも通りの熱気の2年生、2週間ぶりの練習です。すぐに終わるかもしれない天候の中、体を冷やさないようタッチフットで汗を流しました。空いているスペースを探し走り込む意識が見られたり、パスをいいタイミングで仲間に供給出来たり、6年生時点で目指している展開の速いラグビーに向け、タッチされた後のリスタートを工夫していけば、いい練習にもなると思いました。ここで、合宿でますます意識が高まっている4ヒロトのリスタートの速さが、目立って良かったと思います。試合中、練習中通じて素晴らしい集中力でみんなを引っ張って行っています。
タッチフットで少し感じてもらったディフェンスのブランク(ディフェンスの穴)に対してどう攻撃することが有効かを瞬時に判断できるように、ディフェンスの空いたスペースを突き、ラインの裏に出る2対2の練習に入りました。基本的に空いているスペースに走り込み、ディフェンスラインの裏に出て、外へ繋いでトライに結びつける意識をつけてもらいたいと思って取り組んでもらいました。今後は慣れてくれてもっとたくさんのアイデアが出てきてくれると期待しています。ここでは、15ランタロウの判断の速さとセンスの良さが光っていました。
ここで終わりかと思っていましたが、2年生の熱気に押され最終ミニゲームで締めました。アタックは、いいゲインが何度も見られ、連続攻撃も良かったのですが、合宿で力を入れていた前に出るディフェンスがほとんどできていませんでした。試合も近いので来週はもう一度ここの確認から入ります。

2年生へ

もっと上をめざしていくには、合宿での3年生との試合のように前に出つづけるディフェンスがぜったいにひつようです。ここからは、これができないと試合になりません。集中して試合にいどもう。


LINEで送る