カテゴリー: '16-6年生チーム, 活動報告

”週刊” 小4ミニラグビーマガジン11/30号

11/30は南丘小学校で練習でした。 本日芝生メンテに参加していただいた、選手の皆様、保護者の皆様、指導員の皆様お疲れ様でした。本当にありがとうございました。5週連続芝生でのラグビーも3週目になりました。 毎週、芝生でラグビーをすると芝生が当たり前の様になってきて、土のグランドの練習の時に選手の皆さんはどんなテンションになるのだろうか? と 違う心配がでてきました。

さて、今日の4年生は10月の大阪市長杯で負傷し、戦列を離れていたS6とT18の2人が戦列に復帰しました。これで4年揃ったか? と思ったら、Y5が学校で足首を捻挫して、見学となりました。(足首はクセになると厄介ですので、痛みがなくなるまで無理はしないように!)

そして、今日もAOコーチによる体幹トレから練習開始です。体幹トレーニングはウエイトなどで負荷をかけるトレーニングができない環境ではベストなトレーニングです。特に腹筋や背筋を鍛える体幹トレーニングは足も速くなるので全力で取り組んでください。

次にパス練習です。以前からこの学年はパスのうまい生徒が多く、スクリューパス(スピンパス)が投げれる生徒も多く、生徒さんの手さばきのうまさには感心することが多かったです。しかし、スクリューはできても、ストレートパスができない、利き腕のパスはできるが、逆の手ではできないという生徒をたくさん見つけました。 もし、もしもの話ですよ! 試合の時、右利きで右からのパスしか上手ではない生徒がスクラムハーフをする場合、常に左にバックスがラインを作っている時しか良いパスはできないということになってしまいます。ということで、逆の右ラインができた時は良い攻撃ができなくなってしまうか? 相手に背中を向けて右でパスをするなど、おそらくモタモタしてしまい、その間に相手に捕まってしまうでしょう!しっかり両方同じ力で投げれるように練習しましょう!(これはスクラムハーフを目指す人だけの問題では無く、全員にあてはまります。) また、新しい取り組みとしてオフロードパスにも挑戦してもらいました。目標はあのソニービルウイリアムス選手のように片手で自在にパスをするというのが理想です。しかし、まだ手の小さい4年生は相手にタックルさせておいて、両手で味方につなぐパスが最低10回やって7回以上できるよう練習してください。(もし家に片手で持てるくらいのラグビーボールがあれば、それを片手でもって外側にパスできるように練習しておくと大きくなって、ふつうの大きさのボールが片手で持てるようになった時あなたもソニービルウイリアムスみたいになれます。)

次にブレイクダウンです。これは 1人目の体の向きによって良くもなり悪くもなります。モールやラックを作る練習ですが1人目は相手のプレッシャーが無ければそのまま前に進もうという気持ちでコンタクトダミーに当たってください。当たってからも足を動かして(レッグドライブ)相手のディフェンスを1歩でも後ろにさげる努力をしてください。 そして2人目もボールを取りに行くというよりはまずはモールやラックを押し込んで、それからボールを取ってください。 まずはボールを取ろうとして手を先に出すと、ボールをつかむことだけに集中して、押し込もうというスピードがなくなってしまい結果として押し返されます。 押されていると相手はボールを取ることより押されないように押し返そうとするだけになり、ボールは取られることはほとんどありません。まずは押しっかり押し込んで、次にボールの事を考えてください。

最後にアタックディフェンスA1,A2チームがアタックディフェンスしている間にBチームはタックルの練習をおこないました。 (ADについては私以外のコーチコメントください。) どうやったら思いっきり相手にタックルできるか? ということを基礎の基礎から話してみました。そして、タックルが上手なK8にも練習に参加してもらい(???) いろいろお手本となってくれてBチームのタックルレベルを底上げに協力していただきました。(K31! H32! K35!タックルは相手のおヘソを見て練習で使った円の中に足を入れ、同時に相手を捕まえ、前に足を運ぶ!です。おぼえてね!) さあ、来週は ふれあい緑地です。この練習で完全にタックルのタイミングをおぼえてもらいましょう! それでは来週も休まずベストコンディションでみんさんお会いしましょう!  チャオ!

 


LINEで送る

”週刊” 小4ミニラグビーマガジン11/30号” への4件のコメント

  1. 今週も32名出席で芝生での練習でした。4年生は来週から少し早いですが9人制に向けての練習を取り入れていきます。まずはFW、SH、SO、CTB、WTBでポジションを決めます。2週間にわたって生徒の皆さんと1人ずつ希望ポジションと得意なプレー、スキルアップが必要なプレーに関して聞き取りをしました。(2名は未実施)4月に選手名鑑を作成した時の希望ポジションとは変わっている生徒も多く、成長にともなって変化していきますのでポジションは、適応と本人希望を尊重し今後も変更していきます。また1月18日の交流戦までのチーム編成も来週発表します。チーム編成もその都度、生徒の皆さんの頑張りと、成長を良く見て入れ替えをしていきます。基本プレー(タックル、パス、ハンドリング、ブレイクダウン等)を強化してA1チームに入りましょう!30日のアタックディフェンスですがカーニバルの茨木RSさんとの試合の反省点で、ペナルティ後のノット5mの反則を何度もしてしまい、その後失点するケースが目立ちましたので、対面で7つのコーンの上で(7×2)うつ伏せになりAOレフリーの指示に従いディフェンス側が早く5m下がる(その後は1プレーで終了)練習をしました。最初は相変わらず下がるのが遅かったですが数回するとコツをつかみ素早く下がることが出来ました。やはり飲み込みが早い4年生です!その後はキックオフからノーホイッスルでの失点がありましたのでキックオフでのキックの左右をサインで決め、左右3名ずつのコース取り関しての確認を行いました。最初は前に出る生徒、出ない生徒がおりディフェンスに穴が有りましたが、有る程度の決めごとを頭に入れると穴のないディフェンスガ出来てきます。キックオフでの攻防は非常に重要ですので定期的に練習しましょう!今週7日は、3週間ぶりに練習前15分レクチャーをMKコーチの熱血指導で実施しますので皆さん参加してください。

  2. S6、T18の戦列復帰おめでとう!長く辛い日々だったね。二人の大活躍する試合速報を楽しみにしています。
    Y5はご飯をいっぱい食べて早く治してね。
    MKTコーチ、ウィークリーマガジン宣言で休刊できなくなるね。眠い目をこすりながら蛍雪の功頑張って!
    常夏の先進国から応援しています。

    • これもF先輩のため、いつ戻ってきてもいいように選手の近況をお伝えしていきます。 また出国する直前に自宅の玄関前に置いて行っていただいた60冊を超える書籍のうちようやく半分くらいを読みました。 中でもビジネス関係の本の内容はラグビー精神と通じるものもあったりして、F先輩は毎週これらの本からミニラグビーの練習へ落とし込んでいたのだなと、只々スゴさに驚くばかりでした。 あと半分楽しんで読まさせていただきます。 (シンガポールから特別寄稿していただいてかまいませんよ!月1でスペース埋めてください。 )

      • もうそんなに読んだの!その方が凄い。
        こちらはじっくり熱帯雨林気候に順応してから、当地キッズラグビー事情でもレポートさせて貰います。