カテゴリー: '19-幼年チーム

幼年さん 3中

【2018-2019幼年team】

日時:2019.2.17 9:30~11:30
場所:豊中市立第三中学校
参加者:k13.k16.r19.h2.a9.y7.h21.t18.s10.g5.a11.s6.h14.r20.s22.
体験に来てくれた:yu.ysk

先週は、まさかの理由で練習が飛んでしまいましたが、今週は元気よく頑張りまひょ( ^ω^ )今日も体験に来てくれた仲間2人を合わせて、17人の幼年さんが集結しました。

練習メニュー
①あいさつ(ねらい:テンションUP)
元気に大きな声でごあいさつ!タックルバックに思い切り当たろう!最近、みんな声が小さいなぁ〜。外で遊んでる時ぐらい腹から声出そう!

②アップ(ねらい:走力UP)
18年度下期の幼年さんは、とにかく足めっさ速くなろう、強化キャンペーン中です( ^ω^ )これは、運動会でヒーローになれるだけでなく、実際に来期から導入が決定したタグラグビーへの対応です。コンタクトプレーがなく、走力、アジリティ、体幹の基礎を養うことで、タグ対策の一案と考えています。
跳ねる動き(両足ジャンプ、高く跳ぶスキップ)を重点的に行い、特にふくらはぎから下の基礎筋力を強化出来れば狙い通り✨

③空手の稽古(ねらい:体幹鍛錬)
今日も空手の稽古!先生は、おなじみKD先生です!あまりに大きいKD先生に、横で練習してた中学ハンドボール部たちも注目していましたw
では気合い入れて!押忍!上手な前蹴りが出来る子は、下半身が安定してるぞ〜。応用編、前蹴りしながら前に進む動きもしてみよう。今日の必殺技は、「まわしげり」!軸足を中心にくるりと回る動きを身につけて、体幹を安定させよう(o^^o)

④パス練習(ねらい:ハンドリングスキルup)同じくタグラグビーでは、パススキルが、大きなカギとなります。人よりもより多くの時間ボールに触れているかが、即ちスキルupの近道となるでしょう!
少年タグラグビーの映像をいくつか研究して、気付いた事があります。難しいパスって、別にいらないんです。受ける人は、走るスペースを確保する。投げる人は、相手の取り易い所にしっかりと投げる、それだけなんです。
幼年さんとしては、まずは、投げてほしい所をアピールする事、そこに優しく投げる事から始めます。
結構、スムーズに出来ていたメンバーもいたけど、出来る様になったら、今度はスピードを意識してやってみよう。2A494658-2F4B-476F-BB4F-69A0E49A99CC
2A17946B-9814-4A28-A1F0-425194C7497F

⑤セブンボール(ねらい:アジリティ、状況判断)
幼年さん名物メニューのセブンボール!体力差や月齢差があっても下克上が生まれるから面白いのです( ^ω^ )
本当は、来週、交流戦が決まったので、⑥⑦の練習を重点的にやりたかったのですが、子供達の集中力が切れてきた気がしたので、この練習をはさみました。

⑥タックル練習(ねらい:実戦スキル)
来週の交流戦に向けて、タックル練習を行いました。来週のルールは、タグでなくコンタクト有りでいきます!
ポイントは、低く・相手をしっかりつかみ・正しい姿勢で当たる事。です(o^^o)
体験組は初めてだったと思いますが、いい加減な当たり方をすると、怪我の危険性も高まりますので、コーチからの指導を良く聞いて下さいね。
0F96888A-5500-41AE-93F4-8A6AB5DD8136

⑦3対2(ねらい:実戦スキル)
コーチ3人がディフェンス、幼年さん2人でチームになり、オフェンスの練習だ!2人組のコンビネーションは、大きな声を出して上達するぞ!
試合で味方にボールを渡すには、しっかり当たる事も大事ですよ。コーチをしっかりと押して、前に進みましょう。
F476716A-26A9-417E-9E2D-5315871DE22B

全体的に、今日の練習は比較的ベテラン組?の集中力が低かった気がします。要反省!
その一方、年少さんの頑張りと成長は凄まじいものです。g5とかh14は、パスもタックルも、もう年長さんに追い付いてきてます。ええ感じやで(^^)

体験に来てくれたお友達、そして親御様!いつでも何度でも体験は可能なので、どんどんお越しください( ^ω^ )

豊中ラグビースクール幼年部は、いつでも見学、体験をお待ちしております!


LINEで送る

幼年さん 3中” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">