カテゴリー: 活動報告

3年生は 11/8 は茨木RSさんとの定期戦でした。

11月8日はマルチグラウンドで茨木RSさんとの40年ぐらい続いている伝統の定期戦が2か月遅れで実施されました。茨木RSさんとは10月のスクール大会で対戦しておりその時は3対3で試合終了間際にH14がトライ、そのままノーサイドという劇的な幕切れで勝利しました。この日から茨木RSさんは”豊中にリベンジ”するために練習をしてきたようです。 さあ キックオフ です。

豊中はA,B 2チームに分かれて合計4試合をおこないました。結果です。

第1試合 Bチーム X

第2試合 Aチーム X

第3試合 Bチーム X

第4試合 Aチーム 〇

見事に”リベンジ”されてしましました。10月から言い続けてきた茨木RSさんの「圧力」に屈しないように準備をするように練習してきましたが、相手の「勝ちたい」気持ちが上回っていました。 今度はこちらが「リベンジ返し」できるように練習に真剣に取り組んでください。

コーチがみた 今日の「いいね」の選手

Aチーム :

L4 (キックオフの時のドロップキックの精度が高くコーチの指示したところに蹴っていました。)

H14 試合で全く恐れない感があり、茨木RSさんの体の大きい選手(あっちも背番号14でした。)に対してがっぷり4つに組んでいました。

Bチーム:

R8 彼もコンタクトに対する恐怖感があまりないようで相手のおなかに刺さるタックルを見せてくれました。コーチが教えたとおりのタックルをしていたので 「へーーすごいなーーー」と驚かされました。今後もこのタックルお願いします。

F24 名前的には日産の高級車のようですが ここはあえて「フェラーリ」のような走りでした。今日は彼のトライの凄さより、もっとすごかったのは彼のディフェンスでした。密集から抜け出た相手の選手が独走していた時、最後まであきらめずに追いかけていました。トライをして点を取ることがラグビーの面白さですが、相手のトライを防ぐこともこれもトライと同じくらいすごいプレーです。来週はしっかりタックルを練習して次の試合にそなえましょう!

(追記) 最後の勝利した第4試合についてはL4のキックで相手が前にでれなくなり、S9,R19のスクラムハーフが相手ボールのスクラムで相手スタンドにプレッシャーをかけ、バックスラインも出足するどく前にでることによって相手を焦らし、ミスを誘っていました。コーチが考える6年生で完成させるスタイルは今言った動きが100%必要なのですが、今回その片鱗を見せてくれました。少し早いですが忘れんうちにあたらしいスキルを教えていきます。

宿題: 今日の試合で「できたこと!」と「できなかったこと」それぞれ1つを紙に書いて次週の練習までにコーチに持ってきてください。


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">