カテゴリー: 校長ノート

ラグビーを楽しみながら ラグビーの価値を高める一年

今年度(こんねんど)はラグビーワールドカップイアー2019です。日本(にほん)で開催(かいさい)されるということでたいへん楽(たの)しみですね。
色々(いろいろ)な国(くに)の代表(だいひょう)のトッププレーを、自分(じぶん)の目(め)で直接(ちょくせつ) 見(み)ることのできる機会(きかい)です。一度(いちど)でも見(み)ることができればとても良(よ)い経験(けいけん)になると思(おも)います。テレビでも良(よ)いので、生徒(せいと)の皆(みな)さんは、パスやキック、スペースの使(つか)い方(かた)などに注目(ちゅうもく)して、友達(ともだち)や家族(かぞく)とラグビーを 楽(たの)しみましょう。そして友達(ともだち)と一緒(いっしょ)に練習(れんしゅう)で試(ため)していきましょう。ただし 激(はげ)しすぎるぶつかりあいや 反則(はんそく)はマネしないでください。

それと同時(どうじ)に、ラグビーをしている生徒(せいと)の皆(みな)さんの練習(れんしゅう)や試合中(しあいちゅう)のプレー態度(たいど)やことば、さらに指導員(しどういん)、お父(とお)さんお母(かあ)さんも含(ふく)めてスクールの練習(れんしゅう)行き帰り(いきかえり)、試合会場(しあいかいじょう)への電車(でんしゃ)や車(くるま)でのマナー、ラグビー以外(いがい)でも学校(がっこう)や仕事場(しごとば)での言葉(ことば)や行動(こうどう)が、周(まわ)りの人(ひと)から注目(ちゅうもく)あるいは評価(ひょうか)される年(とし)でもあります。「ラグビーしてる人って素晴(すば)らしいね」、「怖(こわ)いと思(おも)っていたけど優(やさ)しい人が多(おお)いのね」、「文武両道(ぶんぶりょうどう)で頑張(がんば)るのね」、「さすがですね」と言(い)われるようになって欲(ほ)しいなあと思(おも)います。 
ラグビー憲章(けんしょう)という、ラグビーで大切(たいせつ)にするべきことの中(なか)に、品位(ひんい)・情熱(じょうねつ)・結束(けっそく)・規律(きりつ)・尊重(そんちょう)というものがあります。そのなかの品位(インテグリティ)ということばにあたります。ラグビーあるいは豊中(とよなか)ラグビースクールの価値(かち)が高(たか)まりますように、よろしくお願(ねが)いします!

スクール全体の指導や運営としても、このスクールは、ラグビーを通して良いこどもたちを育てることであることを、再確認して、重症な事故がおこらないように安全面にも最大限注意しながら、活動してまいります。指導員の皆様、保護者の皆様のご協力をお願いいたします。

生徒(せいと)のこどもたちは、楽(たの)しいシンプルでイージーなラグビーを思(おも)い切(き)りしてください。目標(もくひょう)を立(た)てながら、うまくできた時(とき)の喜(よろこ)びを味(あじ)わいましょう。そしてたくさんの友達(ともだち)をつくって一緒(いっしょ)に楽(たの)しみましょう。

校長 中村夫左央


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">