カテゴリー: '17-6年生チーム

5/22 5年生練習内容

5/22 マルチグランド
18名参加

今日も大変暑い中、来週の北摂大会に向けてきっちりと練習を行いました。

1.ランパス
フォローを心がけて何度も行いました。フォローの目的は、味方がノックオンした時に相手に拾われる前にボールを確保することです。相手に取られてしまうとアドバンテージが適用され、すぐさま大ピンチになります。1人のプレイヤーが走らずにフォローをさぼれば、それが原因で相手にTRYを取られることもあります。

またフォローしていると味方が捕まった時にすぐに助けに行くことも出来ます。モールでの2番目の押し、ボールのパクリ、ラックのオーバー等、フォローを全員が出来ているチームは強いチームと言うことになりますね。

2.当たり
2人組で行います。目的は相手の芯に当たる事、また体の芯で受け止めることです。まだまだ人間どおしの当たりに慣れておらず、当たる力と体の使い方、バランスが
悪くバラバラです。これでは、いくら力がある生徒でも自分よりも小さな相手に簡単に押し負けてしまいます。1対1の戦いで、相手がステップを切った時も、真っすぐに当たってきたときも自分の力を相手に伝えなければ相手にはダメージを与えられません。

今日の練習でもわかったように、当たる瞬間に力を弱めている生徒がいます。これは無意識に怖さが体を止めているようです。自分の前の相手は自分の責任で止めるようにして下さい。また転び方も手を先についている生徒がいます。これは片手でボールを持っている証拠ですね。相手に倒されそうな時は、両手でボールを確保し、ノックオンをしないようにしてください。

3.FW、BK

FW:ラインアウト
試合前なので、サインの確認を行いました。いよいよ来週は9人制の初試合です。ラインアウトも相手チームがどんなことをやってくるのか興味がわきますね。また豊中のラインアウトが相手に通じるのかも期待しております。

BK:2対2のアタック、ディフェンスを行いました。まだパスをきれいに回してTRYがとれるスキルはありません。まづは2人の連携で攻撃して前に進むことが大事です。今日の練習ではアタックはそこそこ出来ており、TRYまで取れることが多かったですね。特に、攻撃の外のプレイヤーが相手のいないところに走りこんでパスを受けていたプレーはすばらしかったですね。みんな真似して下さい。

残念なのがディフェンスです。2人がバラバラにディフェンスしています。2人そろって前に出て下さい。手を広げて網で追い込むイメージです。そのためにもすばやく2人がディフェンスラインに並び相手の攻めに準備(構える)することが大事です。それと自分の内側を抜かれるプレーが目立ちました。ラグビーでは自分の内側を抜かれると大ピンチになります。倒すことが出来なくても外へ外へ追いやっていけば、相手の攻撃スペースがなくなりタックルしたのと同じこととなります。なので、絶対に内を抜かれることのないように。相手より少し内側に立ち、ディフェンスして下さい。

4.試合形式

FW:ラインアウトのサインを出す。2秒ほど間を開けて投げ込む。なぜ間を空けるのか? サインを出す方は、どこに投げるか考えた後にサインを出します。サインを出された方は少し考える時間が必要です。もっと慣れてきたらすぐに投げ込んでもいいですが、今は2秒ほど時間を取ってください。そして確実にねらったところに投げ込んで下さい。

BK:まやかしのサインプレーはしない。練習もしていないサインプレーは絶対に失敗します。次の試合は真似ごとのサインプレーではなく、スタンドかセンターでしっかり前にしかけて、勝負してください。
絶対に止まったままパスをまわしてはいけません。それとスクラムハーフのサイド攻撃ですが、BKだけでなく、FWにもこっそりと声をかけてから行ってください。それと攻撃で相手のスクラムハーフやFWにつかまるようなら行わないで下さい。せめて相手の逆サイドのウイングに向かって攻撃して下さい。これも練習はしていないので、試合で使いすぎると自分勝手な個人プレーになってしまいます。

それとディフェンスはきっちりと体を当てに行ってください。手でつかむのではありません。

ps.いよいよ北摂大会まで1週間です。全員試合には参加出来そうですので、新5年の最初のゲームとして全員で盛り上げて行きましょう!


LINEで送る