カテゴリー: '17-5年生チーム

7/16  5年生練習内容

7月16日(日)参加者:11名 指導員6名 15中で練習を行いました。気温32度。本日は体力測定の為、合間を縫って練習を行いました。

① 2:1~3:2

▼8m×5mのグリッドを使い、長手8mにオフェンス側とディフェンス側に分かれ2:1を行いました。只、2:1をするのではなく、モール、ラックを想定して当初、長手真中にオフェンス側もディフェンス側も集まり、合図でグリッドの長手両側の線/後方にオフェンス/ディフェンスが別れ各々でラインを作る。2:1では二人側にボールが出され攻撃していく。(ボールは普通にパスされる事や、ゴロで出される)ボールを見ずにラインを作ってしまい、ボールを見失うケースや、パスを受ける側のコーリングが不足しているケースが多く見られた。

▼同じ様に8m×5mのグリッドで人数を増やして3:2を行う。オフェンス側の注意点は最初にボールを持った人間が相手のマークをずらす為に外側に流れるケースが多く、そうなると残りの2名が短手5mの狭いスペースでパスを受ける事になり、グリッド外に出されるケースが多かった。3:2の基本は最初にボールを持った人間が縦につき、すぐにボールを出し、フォローする流れ。コーリングが少なく、何処にパスをしていいか迷うケースも多かった。ディフェンス側の注意点は最初にボールを持った人間にパスダミーをされ、内側を簡単に抜かれてしまうケースが多かった。内側をなめる(内側を注意して)ようにして次のパスされた方にディフェンスを移していく。

▼この練習の目的は接点からラインを作る練習になり、試合中にラック、モールでターンオーバーする事や、された際に早めにラインをオフェンスでもディフェンスでも作る練習、又、オフェンスでもディフェンスでもラインの人数を確認して少ない場合はコーリングして呼ぶ事が必要になる。

② 体力測定

昨年の自分の測定値と比較して今年は何が伸びていたか。必ず自分でチェックしましょう。特に体力が昨年より伸びていない子供達は家でトレーニングをお勧めします。※高学年になると当りも強くなる為、体力を付けないと大きな怪我に繋がります。

③ 3人でのパス練習

▼15m×5mのグリッドを使用して長手方向の際に両側から3人ユニットでパスをしていく。逆側からも同じ位置で3人がパスをしてくる為、只単にパスをするだけでなく両側お互いがプレッシャーを感じながらのパスになる。お互いに接触しない事が大事。※コーリングが極端に出来ていないケースが多い。ボールをもらう時だけでなく、色々な情報を伝えあう事が大事。

▼疲れてくると段々、パスをする際に相手に寄って真直ぐに走れていないケースも多かった。真直ぐに前に出てパスをするのも中々難しい。

▼簡単にスローフォワードをする子供達が多く、試合の際は横の人がスローフォワードの位置にいれば、自分が前に出るか、パスを出さない事だが、練習であれば簡単にスローフォワードの位置のプレーヤーにパスをしている。※スペースボール等の練習であればボールを前にだしてもいいが、ボールを前にだしてはいけない練習のルールがある場合は必ず守る事が大事。

▼この練習の目的:1.真直ぐに走ってパスをする。2.前方からのプレッシャーに慣れる事。3.コーリング。パスをもらう時だけ声を出すのではなく、右にいるとか、左にいるとか情報をとにかく、大きな事で伝える事が大事。

④ ダッシュ

スタミナ作りの為、ダッシュを5本行う。厳しい暑さの中、コーチ陣も走りきった。

暑い夏の練習が続きます。前回もお伝えしましたが、前日は早めに寝て体力を温存して練習に参加ください。1週間に1回しかない練習の時に、バテて日陰で休むのは勿体ないです。合宿での練習試合に向けて頑張りましょう。


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">