カテゴリー: '16-6年生チーム

一年生の「正負の法則」

11月というのに夏日のような曇天下、朝一番から夕方まで花園の長い一日が終わりました。スクール大会としての結果は1勝3敗でしたが、我が一年生にとっては4つのチームで8試合を戦いましたので、その結果は3勝4敗1分でした。8試合で生徒達が「いま」をどう生きたかを以下に記します。

①9:00~チームYou vs 大工

集合時間から20分後の試合ということもあり、エンジンのかからないまま0-4で次のチームHaruhitoにバトンタッチ。日本男児が次々とタックルをはずされる中、一人ディフェンスで輝いていた女神K16は相手のトライかと思われた瞬間、2度の追いタックルでノッコンを誘いました。勿論、K16がWoman of the Match2度目の受賞。(0-4)

②9:10~チームHaruhito vs 大工

相手の先制トライで始まったこの試合、8時前から集合しテンションの高かったM19が相手ボールを奪い同点トライかと思われましたが、青々とした深い天然芝の露でスリップダウンしインゴールノッコン。しかし、この程度で落ち込むムードメーカーではありません。2分、R27が相手スペースを抜こうとしたところでM19がオフロードでもぎとりそのまま広いスペースに回り込んで初トライ。これに呼応し、主将も相手ディフェンスラインの裏に抜け、フォローについていたR27にパスが通り、大股でそのままトライ。コーチには、オールブラックス相手にきっとこのような突進をされたであろうジャパンの名ロックである御祖父さんの姿がだぶりました。この勢いは公式戦初出場のS25まで波及し、入部間もないため教えていなかったタックルというものを見よう見まねで敢行。相手のトライを寸でのところで阻止しました。それまでも何回か自陣インゴールまで相手を止めようとしていた姿勢には初陣にふさわしい清々しさがありました。さらに、K20もボールを持って大きくゲインし左隅にあわやトライかというシーンがありました。R21もモールの中で頑張ってトライに繋げようとしていました。3-4の1点差で「試合を終了してください」の放送。ここであきらめなかった主将は自ら相手ギャップを見抜き右隅に同点トライでノーサイド。Man of the Matchはこれまでの親子自主トレで見事花開いたS27。初受賞おめでとう!(4-4)

③11:40~チームRyu vs 八尾

キャプテンも初であれば、対戦相手も未知数。朝の集合時間から3時間待たされた試合でしたが、コーチの指定する集合時間より早く生徒達が集り練習試合を始めていたくらい、生徒間のコミュニケーションが取れている様子でした。これは4枚目のお札に期待がかかります。試合開始1分、K4がスクラムから出たボールを取ってそのままトライ。ここからK4のトライショーの幕開けです。このショーは、J22の相手キックオフ後の素早い正面タックル、T18の逆サイドから襲いかかるタックル、キャプテンR15の身を挺したタックルがあってこその5トライ。ショーのフィナーレは寝起きから股関節痛で弱気になっていたY3が痛みを堪えて右隅に飛び込んでトライ。試合後K4は、「チームみんなでトライするんやろ」と信じられないコメントをぼそり。For the Teamの精神が分かり始めたようでコーチは耳を疑うより嬉しさがこみあげました。難しかったMan of the Match選考はこのK4のコメントが効きました。K4、チームの一員としての自覚で獲得した受賞おめでとう!(7-0)

④11:50~チームYousuke vs 八尾

こちらも初キャプテンとしての初陣。これまでの歴代キャプテン3人に支えられよくボールを繋いでいました。特にタックルされた後のダウンボールが正確にできていました。3分で3トライの猛攻(S10、S6、H9)。大舞台でファイトを見せていたH7から襷を受けたスーパーサブT2は、ラックからピックしたボールを韋駄天の如く相手インゴールまで持込みトライ。圧巻はあわやトライかと思われたところでゴールラインと平行に低いタックルに入り相手ラガールをタッチに押し出すところまで足を掻き続けていました。これまでタックルした後ズルズルと両足を引きずっていた姿はそこにありませんでした。この成長を確認しMan of the MatchはT2に決定。キャプテンのトライで大団円となりました。(7-0)

⑤14:00~チームHaruhito vs 港

この試合も新人S25がフェイントや相手の前でくるりくるりと回転して複数の相手を抜こうとする動きやリーグラグビーのような体当たりタックルで見せ場を作りました。やはりこの試合もムードメーカーM19が相手ボールをもぎとって2トライ。タックルミスが残念な試合でした。Man of the Matchは何と本日初出場のS25が早くも初受賞。Congratulations!(2-4)

⑥14:10~チームYou vs 港

この試合はK20、K16、K12の3Kトリオのタックルなどで両者譲らず0-0の膠着状態が続きました。A11は今日こそトライかと思わせるサイド攻撃がありましたがあと一歩及ばず。この日はモールの押しやタックルでいつもと違う闘志を見せるK12から女神K16へと繋がった値千金のパスが惜しくもトライに繋がらず引き分けかと思われましたが、最後は相手ボールをもぎ取ったS1が均衡を破るトライでノーサイド。Man of the MatchはK12が初受賞。おめでとう!(1-0)

⑦14:40~チームyousuke vs 高槻

トーナメント一回戦八尾に勝利し、今月下旬に照準を合わせて来た高槻戦の前哨戦となりました。どこまで我が一年生が強敵に近づいたかを知るまたとない機会です。相手KOから素晴らしいキャプテンシーを誇るS10が思いの全てをぶつけるかのような身体を張ったタックルで相手をひるませながらも、モールサイドを難なく破られ先制点献上。しかし、相手オフサイドのペナルティからキャプテンY17→S6→H9と繋がったトライで同点。お次はT18がハーフウェイから中央突破を敢行しあわやトライかと思われましたが相手の分厚いディフェンスに阻まれ憤死。ここはK4が自ら助っ人を名乗り出てチームを助けます。わずかな間隙を抜けてS6が右タッチライン沿いを快走。トライと誰もが疑わなかった瞬間、逆サイドから相手のエースが追いタックルで激しく押し出し、S6も起き上がれず、もう一人のR15がスクランブル発進。しかし、あのタックルで勢いに乗ったエースの連続トライで折り返し。後半戦に微かな希を託します。Man of the Matchは唯一のトライと幻のトライに終わった2トライで気を覇いたH9が初受賞。コーチも初とは思っていませんでした。おめでとう!(1-4)

⑧14:50~チームRyu vs 高槻

泣いても笑っても残り8分。S14が気合いの入った突進で大きくゲイン。J22も何度も低いタックルで食い下がり緊迫した試合展開となりました。相手エースが自陣から抜け出しトライ献上かと思われたシーンでキャプテンR15がよく追いつきタックルで阻止。これは次に繋がる貴重なビッグプレーでした。このプレーでMan of the MatchはキャプテンR15に決定。S14の嗚咽がこだまする中での悔し涙の受賞となりました。(0-2)

8試合を終え、生徒を集めて伝えたことは、「何度負けてもいいじゃないか。勝つまであきらめないことが大事なんだ。(ちょうど弟の試合を見に来ていた中一年生を例に)彼らは6年生の最期の試合で(これまで全く歯が立たなかった)京都と兵庫で一番強いと言われる2つのスクールに勝った。君たちにも必ず勝てる日が来る」ということでした。

といいながらも帰宅途中のコーチの頭の中では「リベンジ」という単語が浮かんでは消えていました。しかし、リベンジの気持ちだけで本当にいいのだろうかと思い返しました。リベンジとは自分が正しく相手が悪いという思考法から来るものです。自らを正しい人間であると自己正当化したり、自分は弱い人間だと自己卑下することで今この時を浪費することに何の意味があるのか。そうではなく、こんな貴重な試練を与えられたことに感謝して、高い目標に向けて今精一杯できる限りの努力を続けるべきではないかと。

我が一年生には、細胞が毎日生まれ変わるように、新人S25君の初心を思い出して頑張るように指導して行きたいと思います。さあ次なる試練に向けて関係者皆様には、こんな「今」を一歩一歩着実に歩んでいる一年生に一層の惜しみない支援をお願いします。


LINEで送る

一年生の「正負の法則」” への7件のコメント

  1. ⑧のvs高槻RS戦を見せてもらいました。
    お互いに「これ1年生の試合か??」って思ってしまいました。相当ハイレベルの試合ですね。
    その辺の高校生より激しさがありビックリでした。
    驚いたのは6点です(こんなにあるんや(^o^))。
    ・パスがよくつながる(しかも正確)
    ・フォローができていて攻撃の継続ができる
    ・低く激しいタックル
    ・攻守にセットが速い
    ・バッキング出来ている(奇跡的なバッキングでトライを何度も防いでた!)
    ・アタックセンス(方向・箇所の判断が的確)

    さらに負けて悔しがって涙する姿にまたビックリ(◎o◎)!
    負けてもケロっとしてる我が学年にもビックリですけど…(^o^)

    勝敗はどちらに転ぶこともあるので特に拘りは持ってませんけど、負けた試合や反省から成長できると思います。
    小さくても日々一歩一歩成長できればと思います。

    毎週福島教授のレポートを参考にさせてもらってます(*^^)v
    今度、福島塾を開講してください>^_^<

    11秋シーズン頑張りましょう!!

  2. YOSHIOKWAさん、

    いつもエッジの効いたコメントをありがとうございます。絵文字もかわいいですね。
    あの試合を観戦されていたんですね。あの時は周りに注意が払えず、全く余裕のないコーチングでした。応援ありがとうございました。
    振り返って、私も高槻の一年生に多くの事を学ばせていただき感謝しています。「超」がつくくらいの完成度の高いチームに相手も大きく成長していました。
    いただいた6点に尽きると思います。豊中一年生は幼年から勝っていない強い相手に対してどこか気持ちが引いていたところだけだと思います。
    今、これまで記した自分のレポートを忘れ物が無いか読み返しています。ワードで77ページになってしまいましたので、読むのが大変ですが。。。
    弱い相手に滅法強く、強い相手にはどこまでも委縮する豊中の悪しき伝統(?)を変えて行きましょう。

  3. コーチの皆様、保護者の方々、お疲れ様でした。

    A/B両チームとも悔しい結果でしたが、コメントされているように、勝つまで諦めないことが大事ですよね。いつの日か必ず勝てると信じています。

    高槻も成長していましたが(集散の早さ、相手エースの激しいタックルとセービングには驚きました)、強いライバルがいることはむしろありがたいことだと思います。手も足も出なかった敗戦ではなく、緊迫した好ゲームでしたので(皆のひたむきな姿に胸が熱くなりました)、次回子ども達が雪辱に燃えてさらに奮起することを期待します。

    息子はといえば、ディフェンスで思い切って前に出ることはできていましたが、当たる瞬間にスピードを緩めて眼をつぶってしがみつきにいったため、触ることもできずに抜かれた場面が何度かありました。帰宅後この場面をビデオで見せて、次の練習からの克服課題だと話しました。
    去年の同じ大会でやはり高槻に負けて悔し泣きしているチームメイトの横で、「早く帰ってゲームしたい」と言ったので、思わず頭をこずきましたが、あれから1年で彼も悔し泣きするくらいの気持ちは持つようになりました。

    ご指導のおかげで、皆が確実に成長していると思います。ビデオで見たら、試合後コーチのお話を聞いている子ども達の顔は真剣そのものでした。

    来週も楽しみな試合ですね。阿倍野・東大阪・茨木と借りのある相手ばかりです。誠に残念ながら私は観戦に行けませんが、仕事場で子ども達の健闘を祈ることとします。来週もよろしくお願い致します!

  4. doiさん、
    いつもビデオ撮影ありがとうございます。DVD観賞会また楽しみです。
    私の好きなナポレオン・ヒルの名著『思考は現実化する』にもこんなことが書いてあります。
    ・・・「勝利者は断じてあきらめない。あきらめる者に勝利はない」これが人生の掟である・・・ある老鉱夫は金脈探しを続けていたが、30年もの間、失望と落胆の連続であった。ところが突然、伴侶としていたラバがネズミの穴に足をとられて骨折するという事態に見舞われたのである。ラバは撃ち殺すしかなかった。ラバを埋葬する穴を掘っているときに、鉱夫は世界一豊かな鉱床に行き当ったのである!運命は、ときには物語りじみたやり方を使って、失敗をものともせずに立ち向かう粘り強い人間に報いる。この現実の世界には限界がないということを、いつも自分に言い聞かせていなければならない。限界があるとすれば自分の心の中に自分でつくったものか、他人がつくるにまかせたものにすぎないのだ。」
    We shall go on to the end.We shall never surrender!の精神で頑張りましょう。

  5. 『弱きを叩き、強きに萎える』豊中の悪しき伝統(?)を紡いでしまったOBとして猛省していますm(_ _)m
    平成の勇者達には不甲斐ない先輩達をサクッと越えてもらいたいものです(^-^)/
    ラグビー先進地域関西には、フィジカルにも練習時間にも恵まれているスクールが多々あります。
    週2時間で強大な相手に立ち向かう為に同じことをするのでは芸がないですよね?
    創意工夫と情熱、そして諦めないハートしかないですね(*^^*)
    オリジナルな豊中スタイルで闘う逞しい子供達に成長してもらいたいです\(^o^)/

    かの松岡修造氏がこんなこと仰ってました。
    『100回叩けば壊れる壁があるとする。皆何回で壊れるかわからないから99回まで来てても諦めてしまう…』
    目標に辿り着くまで絶対に諦めない。このハートに尽きると思います。豊中の子供達には、いつ訪れるか分からない100回目にチャレンジし続けるハートを持ってほしいですね(^-^)/

    話が長くなりそうなので続きはアルコールを交えて福島塾でお願いしますm(_ _)m

  6.  指導員、保護者の皆様1日お疲れ様でした。

     昨年の当大会がデビュー戦でしたので参加させていただいて1年になりますが、YOSHIOKWAさんもおっしゃるとおり本当に1年生の試合なのかと思うほどの成長ぶりに驚きを隠せません。大学生でも教えてもなかなかできない(恥。私のせい?)のに、ここまで成長させていただいた指導員の皆様に敬服いたします。今後ともよろしくお願いいたします。

     さて、R15はというと・・・
     初キャプテンの重責?を感じ、試合前の練習から1番前に立つなど意識をもって取り組んでいたと思います。しかし、タックル練習での3発連続の失敗に試合ではどうなることか見ていられませんでした。案の定、1試合目では緊張もあったのでしょうがイマイチの働き。ただ、追いタックルは目を見張るものがありました。
     この追いタックルと練習前のタックルで修正点が見えたので、昼休憩の時間を使って、こちらも熱くなってしまいちょっと説教を挟みながら(これはダメですね。反省。)、タックルの練習を少々。。。
     ところが、早くみんなのところに行ってザリガニを見たかったのか早々と「分かった!」と言って練習を切り上げました。あとは信じるしかありません。

     そして2試合目。。。全員に何かが乗り移ったかのような早い&低い激しいタックルの応酬で、観ていて体中に力が入っていました。勝敗は置いておいて、(学生にもいつもお願いしているのですが)やるべきこと&気持ちを体現したNICE GAMEだったと思います。R15も超短時間レッスンが効いたのか分かりませんが、前、横のタックルも何とかでき、そして1試合目に続く執念の追いタックル。「よっしゃー!!」ビデオに興奮した両親の声がしっかりと記録されていました(笑)

     解散後、坂の下まで迎えに行きました。Man of the Match(有言実行!笑)をいただいたもののその表情に笑顔は一つもありませんでした。キャプテンとして負けたことがよほど悔しかったのでしょう。試合後の集合の時にはS14の嗚咽とともに泣いている姿がかわいいなぁと笑って見ていましたが、わずか7歳にしてそれもラグビーで父の目頭を熱くさせるその姿、我が子ながらスゴいと思いました。少なくとも父は1年生でこんなに責任を感じて行動することはなかったと思います。すでに父を超えた?(笑)更なる成長が楽しみです!

  7. R15父さん、
    いつもコメントありがとうございます。
    ラグビーを始めて一年とは思えない急成長ぶりです。本番に強く、何かを持っている男ですね。今日の練習での追いタックルは手加減していて、本当に同じR15かと目を疑いましたが。。。「きつかった」との感想通り、初キャプテンの重責は相当なものだったと思います。次週は一選手としてリラックスして強敵を倒して欲しいですね。

    Yoshiokwaさん、
    99回目のメタファーは私も好きです。しかし、○○塾などおこがましくてお恥ずかしい限りです。全てはこの一年生に教えて貰っているのですから。豊中の強みは創意工夫と諦めない心だと改めて思いました。