カテゴリー: '16-6年生チーム

10/16 6年生 今以上にスキル向上するには?

10/16 は 午後から豊中8中で練習を行いました。 オータムチャレンジでは ”前に出るディフェンス”への意識が全選手に芽生えてきました。ディフェンスのスキルで一番重要なのは ”タックルです。” 今週のTVアニメ ALL OUT でもタックルについてのお話でした。主人公の祇園くんは素人ですが 良いタックルというのは ”コンタクトバックに当たる音が違う” & ”背中が一直線になっている” などのセリフがありました。 皆さんはできますか? (カメという体幹を鍛えるシーンもありました。あれも今度やりましょうか?)まあとにかく面白いラグビーアニメなので録画してみてください。

秋のシーズンが始まり、茨木交流戦、オータムチャレンジでは2チームエントリーで4試合を戦いました。 試合出場時間が少ない! 例えば豊中の5年生はこの前のオータムチャレンジでは18人が出場、9人制なので全員が2試合フルに戦えました。試合経験を100%積むことができています。しかし我が6年生は全員で30人、通常の3チーム編成を2チーム編成にするため当然2試合フルには出場できません。5年生と同じように100%試合経験を積むことができません。こういう状況で全選手のスキルを上げるには? コーチとしてかなり難しい課題です。しかし、先週、Iい田コーチもミニレフリーの資格を取得されました。これで私の担当するレフリーの試合も減り、もっと6年生を見ることができます。さらにコーチ全員も生徒30人全員が今の2倍、3倍スキルアップできるようになりふり構わず指導していきますので覚悟してください。

そして、選手全員に改めて言います。今日の練習の初めでも選手に言ったことですが君たちは一つのチームを作っています。チームを一番に考えてください。例えば今年東京都知事に就任した小池都知事のスローガンは「都民ファースト」といって、東京都民のことを一番に考えた都政を行うということした、つまり自分のことは2の次という考えでした。これをチームに置き換えると全選手求めるのは 「チームファースト」です。チームの勝利の常に考え絶え、どうやったらチームが強くなるか?を常に考え、そのためには自分がどうしなければいけないか?というのを常に考えて、即行動に出してください。

君たちの卒後までこのチームで練習や試合ができるのは回数で言うとあと20回ぐらいになりました。さあ なりふり構わず ラストスパートお願いします。


LINEで送る