カテゴリー: '17-幼年チーム

幼年チーム北摂大会報告

幼年指導員YHです。

遅くなりましたが、5月13日の北摂大会の報告をします。

VS高槻B 11:3 勝ち

VS茨木A 11:1 勝ち

VS箕面B 11:4 勝ち

VS箕面A 13:4 勝ち

花園カーニバルに引き続き今回も年少さんを含め全員出場で全勝でした。

君たちは強い!

勝因としては、伸び伸びやらせていることでしょうか。幼年さんに「タックルせんかーーーー!!!」と怒鳴り散らしても、萎縮するばかりですし、コーチの顔色ばかり窺いながらラグビーをしているのでは、楽しいはずもありません。タックルできない子からみれば、相手がすごいスピードで前を通って行ってしまうように感じているはずで、それを叱り付けても怖いばかりですよね。幼年コーチ陣では、出来ないことを叱ったらだめだよね、という共通の了解事項のもと指導しているつもりです。

それよりは、できたこと、例えば今までは棒立ちになっていた子が、腰が引けながらも相手をつかんで放さなかったとしたら激賞します。そうこうするうちに、こうやればいいんだと理解し、ラグビーを好きになっていってくれたらいいな、というのがコーチの願いです。

 保護者の方々には、とにかく出席させることと上手に誉めることをお願いしたいと思います。週にたった1回の練習なので、1回空くと2週間も空いてしまいますので。

また、誉めろと言われると、トライ1本でカード1枚なんていうことを思われる方もいるかもしれませんが、これは感心しません。努力と結果が比例しないからです。相手が強ければどんなにがんばってもトライできないし、弱ければ努力と関係なくトライできてしまいます。努力と比例するような上手な誉め方をそれぞれが見つけていただきたいと思います。


LINEで送る

幼年チーム北摂大会報告” への5件のコメント

  1. 深イイ~!!!
    感動して思わず書き込みしています!!!
    ホントその通りだと思います。
    幼年さんは できた!→褒める! の繰り返しで知らない間にルールを覚えて上達していますよね

    娘は試合が苦手なようで…前日は必ず「明日はるかもやるの~?」と聞いてきますが、今年はクラスメイトやいとこの加入もあってか、1度も聞いてきません(^^)v
    北摂大会の日もお兄が日曜参観で試合に行けなかったので当然娘も休みの段取りでしたが、「試合行きた~い!」と言ってくれましたヽ(^o^)丿
    我が家ではそれだけでハナマルです❁当日は相変わらずの棒立ちでしたが相当緊張したようで次の日から1週間熱で寝込みました(*^_^*)
    ホントよくがんばりました!!!

    マイペースすぎますが今年も1年間よろしくお願いいたします

  2. 深イイ~!!
    「行きた~い!」と言ってくれましたか!!
    素晴らしい。嬉しいです。
    その一言の為ならどれだけ誉めても誉めたらないです。どれほどのトライやタックルにも勝るファインプレーです!!!!

  3. コーチの皆様、保護者の皆様お疲れさまでした。

    またまたの全員参加での全勝!本当に素晴らしい!!
    前回の試合よりも積極的に密集やボールに近付こうとするオムツ組の姿も微笑ましかったです(^_^)
    まさに成長しているって感じですね!!

    今でこそ偉そう?にしてるR4も年少の入会当初は、逃げるわ、泣くわで、コーチの皆様に手を焼かせ、親も頭を抱えてましたが、今やあんな感じにまで成長しました。
    保護者に皆様、まだまだ小さすぎて訳が分からずやっている子も多いと思いますが、コーチも仰ってるようにできるできないではなくて、やること=継続が一番だと思います。そして、できたことを誉めておだてる(^^ゞ
    ラグビー普及のためにもみんなで盛り上げていきましょう!!

    5mamaさん
    H5の前向き発言、本当に嬉しいですね(^_^)v
    ずっと続けてもらいたいですね(*^_^*)

  4. 幼年指導員YHです。
    書き込みありがとうございます。
    H5が「試合行きた~い!」と言ってくれましたか! 嬉しいですね。

    ボールを持つと相手が自分をめがけて目の色を変えて殺到しますので、まだ怖いんでしょうね。でも、スクラムの最前列の球出し係とか、ゲーム中に脱走しようとするオムツ組と手をつないでくれていたりと、ちゃんと自分の役割を見つけて貢献してくれています。
    実はオムツ組の面倒を見てくれるのは大変ありがたいのですが、あまり誉めるとそこに逃げ道を見つけ出してしまいそうで、微妙な感じです。
    でも、なんとか参加しようとして気を使っているからこそ熱も出してしまうんでしょうね。
    よくがんばっている、とコーチが言っていたと伝えておいてください。

  5. 幼年指導員DTです。
    5月27日の練習で、紅白戦中に、積極的に
    自分がボールを持って走りたいとアピール
    してくれる子が増えてきました。
    No3、4、9、15、そして、No5も
    「走りたい!」と声を上げてくれました。
    そして、No5は、見事、トライにも成功
    しました。
    No5が、積極的に試合に参加しようと
    する姿を見て、指導員としては、うれしい
    限りです。