カテゴリー: 校長ノート

心のこもったパス力をつけよう!

校長 中村夫左央

皆さん 新しい学年になりましたね。シンプルなラグビーを一年間一緒に楽しみましょう。
昨年は、在籍していた生徒さんや指導員の皆様には、計画を立てる力をつけてもらいましたね。今年度は、私は皆さんの「パスの力」に注目したいと思います。

ラグビーは、ゴールラインを越えてボールを”トライ” するゲームです。自分ひとりでボールを持って防御する相手を抜いてトライをしに行くことは、とても基本的で大切なことです。でもボールを持った人が、たった一人で走っただけでは、いつか強い相手に捕まってしまうことが多いのです。そこで倒される前にボールを味方の友達に渡して伝えていくのがパスです。その時は、「はいどうぞ。とってくださいよ」 という気持ちを込めてパスするのが良いのです。ボールを持っている人が、相手に捕まるのが怖くなってパスする時や、自分は捕まる前にタイミング良くパスしたとしても、パスを受けた人がすぐに相手とぶつかる状況だったら、すぐに捕まってしまい、次の味方にパスができませんね。味方に届かないパスをすれば、ゴロゴロと転がって、相手チームにとられてしまいますね。また、すぐ近くに走り寄ってきた味方に勢いの強いパスをしたら、された方はボールを落としてしまいやすいですね。これらのようなパスにならないように、まずはボールを大切に渡して伝える心が大切です。一方でパスを受ける人も、「大切なボールだから絶対に落とさないぞ。どんな球でもとってやる。任せておけ。次の味方にまたつなげるぞ」 と、心を込めてパスを受け取るのです。そして、ボールを持って走って、一歩でも前に進むことができればそのパスは成功です。チームの全員がお互いにそんな心を込めてプレイすれば、連続してボールがつながっていってトライできるのです。
ぜひ、チームの味方・仲間と心のこもったパスをつないでください。これができれば、学校でも、将来の仕事でも役立つのです。

パスには次のようないろんな種類があり、状況に応じて使い分けられます。グランド練習の時だけでなく、おうちや公園でもマイボールで練習して上手になってください。
わからないときはコーチに聞いてみてください。
さあマイボールを使って、今年一年間、いろいろ試してみながら上達しましょう。そして楽しみましょう。

・基本的なパス Basic pass
・ロングパス、スピンパスまたはスパイラルパス Long pass
・ラックなどからスクラムハーフのクリアリングパス Long clearing passes
・ショートパス、ポップパス Short pass
・リバースパス Emergency reverse pass
・片手パス One-handed pass
・オーバーヘッドパス Over-head pass
・ロビングパス 囲まれた時のパス Surrounded pass
・シザーズパス、方向を変えるパス Change direction pass
・ダミーパス、ファントムパス、パスしない No-pass
・カットアウトしてのパス Cut-out pass

そのほかにもいろいろとあると思いますが、あなたの得意なパスはどれでしょう?
まだなければ練習して上手になってみましょう!


LINEで送る