カテゴリー: '17-6年生チーム

9/23 6年生茨木RS定期戦

9/23(祝)茨木RS定期戦
万博少年球技場
生徒:14名

今日は豊中RS発足時から毎年続いている茨木RSとの第33回定期戦です。なかなか茨木には勝つことは出来ないのですが、今年も勝利することは出来ませんでした。
最終学年であり、何とか勝利を目指しておりましたが、勝利の女神は微笑んでくれませんでした。負けはしましたが、この1年間の成長をみんなの前で立派に披露出来、十分誇れる内容でした。また茨木の他にも徳島、アウルRSが参加し、開催されました。

1試合目
Avsアウル  11-1 (前半:5-0、後半:6-1)勝ち
今日は3試合だったので、この試合は前後半で5名のメンバーを入れ替えて対戦しました。後半戦力が落ちることなく終始圧勝することが出来ました。1点問題は、ラインの人数が少なくなる事です。常に相手の方が人数が多く外に展開されればTRYをとられてしまいます。幸い相手が展開せずに突っ込んで来たので、TRYを取られなかったですが、密集からいち早く抜け出してラインに戻ることが必要です。

2試合目
Bvs徳島  8-2 (前半:3-2、後半:5-0)勝ち
この試合はB主体で行いました。前半は、大きな相手の突進に苦労していましたが、後半は突進を止めて一気に攻めることが出来ました。この試合では普段あまりTRY出来ない生徒がTRYをしたり、ボールを持って攻めたりと成長がみられた試合でした。個々の成長がチームの成長に繋がりますので、これからが楽しみです。

3試合目
Avs茨木A  2-4 (前半:1-2、後半:1-2)負け
いよいよ今日のメインの試合です。前の試合から時間がかなり空いていましたが、解散することなく、ずっと他の試合を観戦する等、気持ちを切らさないようにし、万全の体制で臨みました。いきなりキックオフを深く蹴られてひやりとしましたが、うまくキャッチしてくれて、難を逃れました。これまでキックオフの練習を何度も行ってきた成果が見られました。その後も一進一退の攻防でしたが、強く素早い相手の攻撃にディフェンスの隙をつかれてTRYをゆるしてしまいました。また豊中もよい攻撃をしていてもミスや反則で継続出来ず、あと一歩のところでTRYまでいかないプレーが何度も続きました。終始、豊中が押し気味で試合を行ってましたが、自身のミスで大きく切り返えされてしまった事が多かったです。

<全体を通して>
集合時から最後までいつもとは異なり、緊張感をもって試合に臨むことが出来ましたし、気持ちの面でも全員が勝ちたいと思う気持ちを持っていました。コーチの反省としては、毎年このグランドで行っているにも関わらず、グランドの特徴(縦が短くボールがよく転がる)を事前に注意出来ていなかったことです。まだまだコーチも反省することが多いです。

またこの1年間の生徒の成長を改めて感じることが出来ました。1年前はこの場でみんなの前で本当に試合が出来るのか心配しかなかったのですが、生徒たちは立派に成長し、とても感動的な試合を見せてくれました。3試合目は負けてしましたが、今日は2勝することも出来ました。いつも負けが多いですが今日は力を発揮して勝ち越すことが出来ました。これから試合が続くので今日の反省を活かし勝利を目指しましょう!

ps.茨木との対戦では、たくさんの方に応援していただきありがとうございました。改めて豊中はいいスクールだと思いました。この定期戦がこれからも延々と続くことを望んでいます。茨木RSのみなさまいつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

最後に生徒へお願いですが、今日の定期戦の内容・感想等をノートに記載し提出願います。最近、ノート提出が少なくなっていますので、参加者全員提出願います。


LINEで送る