カテゴリー: '22-5年生チーム

7/24 5年生練習  シロクマの地肌は何色? 

7月24日(日)14:00~16:30 豊中15中グラウンド 生徒20名 指導員3名 (お父さん3名にお手伝いをお願い)

夏まっさかりの午後からの練習、真っ先に心配したのはR18の体調です。最近はしっかり早く寝ているそうで体調は万全みたいでした。確認終了後、まずは全員に次の質問をしてみました。

シロクマの白い毛を全部剃ってみたら、地肌は何色?  1)白 2)黒 3)グレー(灰色)の3択をしてみたところ

1)白は7名、
2)黒は8名 
3)グレー5名でした。 

答えは 2)黒色です。 シロクマは皮膚の色を黒くすることで、太陽の熱を効率よく吸収することができると言われています。寒い北極ならではの工夫でしょう。 また白く見える毛も実はこの毛自体は透明なのですが、毛の中が空洞になっていて、光を乱反射するために白く見えているそうです。動物園に行く機会があればシロクマ見てきてください。

と! シロクマのネタで生徒の心を冷ましておいてから練習開始です。参加20人を4人1チームに分けてからタッチフットを2面でおこないました。(1度に4チームがプレー、1チームが休憩で3分間プレーしてローテーションします。)小人数でのタッチフットは選手1人1人のボールタッチの回数がも増えるため、パスのタイミングや、スペースを作りに行く創造力、攻め続ける集中力、ディフェンスもさぼれない! などなどにメリットは沢山あります。この練習ではトライの取り方が「ウマイ」と思うシーンが見られました。9人制だと1人でぐいぐい行くのではなく、4人でうまくスペースを作ってそこに走りこむ、そうです教えたかったこと(スペースにボールを運ぶ)ができています。しかしながら少人数のゲームだと5年生はこのように抜群の動きをしますが、これを9人制だとまた1人で持っていきます。原因はタッチフットでも見られましたが、積極的に動けていない選手がいます。この選手が9人制でも動かないので1人で持っていかないといけないということが判明しました。今日は指導員が3人でしたので1人がサポート、2人がレフリーで回すと4人1チームでした。 次回は3人1チームにして、1人にかかる責任をさらにを大きくして全員が動けるようにしたいと思います。

次にキックの練習です。今度は5人1組で4チームつくり、直径5メートルの円を描いて、さらに円の中心に直径50cmのサークルを作ります。1人はその円のサークルに入り、残り4人が円の外からキックパスをします。サークルからはみ出ずにキャッチできれば1点、1分間で何点取れるか競ってもらいました。サッカー経験者のA10、キャプテンR8,副キャプテンL4のキックパス成功率は高かったです。3人ともバックスなので蹴る機会がある経験の差がでました。他の生徒さんもラグビーフットボールっていうフットボールスポーツなのでキックスキルは5年の時に「ギリギリ」上達してください。今後練習メニューでもいれていきます。

このあとはタックルを練習しました。いつも教えている、手、肩、足を同時っていうワンパターンの指導であまり効果なかったのでちょっと各パーツを集中的に教えてみることにしました。 第1弾は「手」です。というか? 「手」ができたらタックルは80%できたようなものです。今まで 0.1秒で相手を捕まえろ!といってきましたがちゃんと0.1秒でつかめるか?捕まえるスピードをあげてほしかったので、「手」だけに集中して指導をおこない、練習にも緊張感をもたせて1本1本集中して取り組んでもらいました。「相手を捕まえてはなさない!」倒さなくても捕まえるだけでもできれば小学生のスキルレベルでは合格です!クワガタのように挟む気持ちを持って相手を捕まえてみてください。
(オリャーは練習ではスゴイタックルするけど試合はまだまだ必殺技のようで見ることができません。いつか見せてください。)

最後に5人制ラグビーをおこないました。といってもルールは9人制とかわりません。キックもありです。4チームで総当たりでおこないました。 白、黒、緑、青の4チームを均等に分けファイトしてもらいました。どのチームが優勝するか?と煽ってみたところやる気120%で取り組んでくれました。 5年生は本当に負けず嫌いの生徒が多いと思います。 1番とか優勝とかいうとすぐに燃えてくれます。この行動パターンは今後のメニュー作りに活用できそうです。 とりあえず合宿までにスキルをMAXまで上げて6年生にチャレンジと4年生には貫録を見せることができるように準備してください。

最後にこれから大きなイベント(試合)がめっちゃあります。しかし、まだ5年生として最低限成長してほしいレベルにまだまだ達していない状態です。今年5月の花園で体験したと思いますが、いわゆる「コンタクト」が年々強くなってきています。毎回腹筋や首トレ、体幹を練習前におこなっていますが、このトレーニングで「弱い」=「危険」な生徒をコーチは既に見切っています。今後合宿から毎月試合がありますが。「Aチームに入りたい」など思っている選手諸君へメッセージ! 今後のチーム編成の基準は「ラグビーが上手いから」だけで選抜しません。「タックルされても倒れない」選手も選考基準となりますのでしっかり、自分の骨を強化するように夏バテしないように毎日しっかりご飯を食べて下さい。

追伸: まきたコーチ的見解 「夜遅くまでテレビゲームや携帯スマホゲームしている選手へ!」 

    「絶対あなたたちはA
 


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">