カテゴリー: '22-5年生チーム

5/29 5年生 スクール大会(Team M編)

5/29 スクール大会Team Mを指揮しました 指導員Mです。まずは 対戦していただいた 八尾RSさん、東大阪RSさんの皆様、レフリーの方、応援していただた 保護者の皆様ありがとうございました。

まずはTeam M の戦績です。
第1試合: 八尾RSさん  1 – 9 Lost
第2試合: 東大阪RSさん 0 – 7 Lost (相手が10本とるぞ!と言ってましたが結果7本でした。がんばりました。)

メンバー : A1, H14, K17, R19, R8, K2, Y24, A10, H23, K15

第1試合は AR, 第2試合は ベンチからみてました。今回対戦した2チームは大阪でも屈指の強豪スクールです。強豪スクールの特徴はコンタクト系が普通のスクールより強いため、試合の入りで「受け」にまわると修正がきかず相手の「イケイケ」モードを止めることが至難の業です。今回のような強いチームと戦うには1対1のディフェンスでは止めれないというのを実感したと思います。そう思っているにも関わらず、まだ「俺が俺が」という考え方から抜けれない試合でした。 

第2試合は第1試合の反省とクールダウンも兼ねてスタジアムの日陰で選手だけでミーティングをおこなってもらました。最初はそれぞれが1試合目についてコメントを述べていましたが、真剣に話し合っているのは数名であるものは立ち上がって違う場所に行ったり、あるものは自分のコメントが終わればチームの輪のなかにはいろうとせず、キャプテン中心につくったメンバーの輪のなかに入ろうとしません。このように選手間でのミーティングでもチームとしてのまとまりが出来ていない状態で第2試合に突入しましたので結果は同じでした。

でも、Team M 結果は大差がつきましたが、個々の能力(ラグビー脳)は高い選手たちです。コンタクトの場面では1対1で止めれた場合でも次に来る2人目のサポートが相手のほうが速いため、ボールを奪われたり、「ジャッカル」か「「ローヘッド」かレフリーでも判断できていないほどこの2チームの下のボールへの働かけが速く、うちの練習してきた「エビ」からの連続攻撃の形をことごとく寸断されたためスペースにボールを運ぶことができませんでした。

今回2試合おこなってTeam M は Y24が花園第1グランドで八尾RSさんから貴重な1トライをとってくれました。この時プレーしていたメンバーは全員が「よっしゃー」って全員で喜んでいましたね!
個人個人バラバラなのにY24のトライを自分のトライのように嬉しさを爆発させていました。これなんです。これが今の5年生に 100%足らないところです。
2 Y24には記念すべきトライとなりましたか? めっちゃよかったですね! 毎日一生懸命おこなう自主トレにラグビーの神様からのビッグなプレゼントだと思ってます! これからもラグビーをもっともっと好きになってください。

さてここからコーチに科せられた今後の練習についてです。 5年生に不足しているスキルは大きく次の3点です。

 1)走力アップ : 今回Team Y の N13とC22が最多トライ王でした。Team Mにも快速ランナーがいますがこの2名との違いは「初速」つまり走り出しのスピードが速い!ことです。 ボールを持ってからトップスピードになるまでの時間が他の選手より短いため相手ディフェンス捕まえようとするタックルが間に合わないシーンをなんども見ました。初速をあげる練習に取組みます! 

2)コンタクト : 主にジャッカル対策です。基本ミニの「ジャッカル」という行為はボールを持って倒れている選手を跨がないと「ローヘッド」という反則を取られると講習会で習いました。しかしながら前述したとおりだし、また子供たちもテレビで大人のラグビーを見ているから見様見マネで試合でも行っている状態です。今回の様に注意もペナライズも無いと想定した 対ジャッカル対策を練習します。  

3)セットプレーの安定: Team M は 大差でまけている= キックオフが多くて !そして定まっていない陣形とボールをキャッチしてからのパス回しが皆無でした。とりあえずキックオフリターンのパターンを数種類体験させて、オリジナルのリターン方法を編み出してもらいたいと考えています。もちろんコンタクトありで練習しますよ!

以上で Team Mの戦闘詳報でした。 負けてくれたから 足らないものがわかりました。 不足分練習して次は勝てるようがんばりましょう! 

———————————————————————————————–
緊急連絡):昨日 「コーチ! 今日の試合勝ったら かき氷おごって!」て言った Team Mの皆さん! 結果負けたので来週から罰ゲームやってもらいます!  「 A1, H14, K17, R19, R8, K2, Y24, A10, H23, K15 」に適用です。

追加緊急連絡) : 優勝したTeam YのメンバーのR12くん 君も罰ゲームです。 
(理由: ボールを持って走っている敵に手の届くところまで追いついたのに、その後、彼にしか見えない「大きな壁」が目の前に現れて前に進むことができなかった! と意味不明な説明をしてくれたこと! 以前大声を出して相手に挑んでいった面影が完全に無くなっていたこと! の2点で罰ゲーム対象にしました。

LINEで送る

5/29 5年生 スクール大会(Team M編)」への2件のフィードバック

  1. いつも活動報告アップいただきありがとうございます。
    春以降練習、試合に参加できない状況ですが、手に取るように内容が分かりありがたい想いです。
    また、ジャッカルとローヘッドの違いについても勉強になりました。

    私も第一グラウンドで走ってみたいです。
    選手たちが羨ましい。

    • S9お父さん 静岡でのお勤めご苦労様です。活動報告は自分の練習メニューの良かったところ、悪かったところを振り返って次週の練習にフィードバックしていくために書いてます。「そりゃあかんで!」という練習内容とかあればどんどん指摘して下しさい。S9君のいた Team Yは優勝しました。スクラムハーフとしてゲームをコントロールできていた結果だと思います。第一グランドめっちゃよかったですよ!
                                                        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA