カテゴリー: '20-5年生チーム

9/22茨木交流戦が終わって

なんとか雨が降らず、予定通りの日程で試合をすることができました。欠席が二人、午後から参加一人で、13人と半分というメンバーで臨みました。

前回の練習が中止で、試合に備えた練習が出来なかったので、試合前には引き続き相手ゴール前5mで、クイックスタートと素早いフォローで押し込む練習(ディフェンス側は素早い飛び出し)の練習をして臨みました。今回の試合では、モールでは押し込むシーンが多く、子どもたちは練習通りやってくれたと思います。子どもたちは教えたことはいつも一生懸命やってくれます。ただ、教えてないことはできないし、教えたことも次週まで覚えている歩留まりは20%くらいという実感でしょうか。これを前提に、将来を見据えてバランスよく練習を組み立てていく必要があるように感じています。

VS大阪中央

前半クレバーハンズチーム 1:5 ●  後半シンキングマッスルチーム 2:3 ●

相手チームの球際での強い当たりと、相手エースの素晴らしい加速と激しいタックルにびっくりしている間に前半が終わってしまった感じでした。後半では、S12の初トライという嬉しいプレーがありました。目の前にボールが出てきて、素早く拾ってかわしながら走り切ったのですが、「前が空いていたから」と後で言ってました。目の前にボールがあっても、そのつもりで準備していないと反応できませんし、行けると判断して走り切ったところにも成長がうかがわれます。

組合せ表通りだと、Bチームが第1と第4試合となっており、Bの試合の間隔が空きすぎて、集中力が切れるのではないかと思い、午前中は前半後半を分けて、どちらのチームもハーフずつ出すようにして試合に慣れてもらおう、という形にしてみました。結果としては、試合に慣れて集中してくる前にどんどん交代させられてしまうことになってしまったのかもしれません。

VS茨木

前半クレバーハンズチーム 2:1 ○  後半シンキングマッスルチーム 0:5 ●

第1試合では、相手の強い当たりのためにノッコンが目立ちましたので、落とさないよう強く当たる練習をして臨みました。ノッコンはぐんと減りましたが、この試合は、どんどんパスでつないでくる相手に対して、ついて行ききれなかったという印象です。

VS大阪中央 7:5○

クレバーハンズチームで再戦です。前半は6:2とリードするものの、後半から相手エースが登場。こちらのランはゴール際で何本も止められ、3本連続で失点しますが、何とか逃げ切りました。

VS茨木 5:5△

シンキングマッスルチーム登場です。この試合だけ、2年以上用のグランドで試合となり、一挙に2倍以上の広いコートですることになりました。事前にコートの広さを見せたうえで、広い方に走ろうと指示をだしたところ、K13のスペースへのラン(2T)やS3の一直線のランなど広さを利用したプレーがみられました。圧巻は、H15のラストワンプレーでのトライでした。相手につかまりながらも、かわして引きずって執念のトライ。同点で終了となりました。

試合後は、Tコーチからのボール授与(もらっている人はのぞく)です。

まず、S5。試合前の練習でやった通りの、コーチ陣の目に焼き付くようなきれいなジャックナイフをしてくれました。彼は、コーチの指示をすぐ理解して、すぐにやって見せる賢さがあります。2個目は、H15。最後の試合での執念の同点トライは素晴らしかった。よくタックルもしていました。別の試合で、スピンして一気に二人を抜いたシーンもありました。3個目は、T16。まだ、走ってくる相手に対しては怖いのですが、タックルしなくてはという気持ちは見えました。俊足を生かしてのトライもありました。自分の弱点をよく分かった上でがんばっています。

全体としては、接点での圧力が弱いのが敗因という印象でした。これは、スクール全体の弱点ですよね。どの学年でも、どのコーチも「もっと前に出ろ」とか口が酸っぱくなるほど言っているはずです。それでもできない訳ですから、「口で言う」という方法論自体がムリということを認めざるを得ないのだと思います。これ以上怒鳴ったら、ラグビー自体がやらされ感満載の、痛くてしんどいだけのスポーツになってしまいます。自然に強く当たらざるを得ないような、楽しいけど緊迫したゲーム的な練習を考えるなど、違った切り口で考えていく必要があると思います。Fコーチがかつてそれに成功したように思うのですが、過去ログを見てもどのような練習をしたかはよく分かりません。知恵を絞っていきたいと思います。

私個人としては、1、接点での強さ、2、パススキル、3、周囲を見ての判断が3本柱で、1、が出来て2へ、1,2ができて3へ、と進歩していくようなイメージを持っています。1年生は、接点での強さを追求しつつ、そろそろパスを投げる方の練習に入る時期かと思うのですがどうでしょうか。

 


LINEで送る

9/22茨木交流戦が終わって” への4件のコメント

  1. 試合お疲れ様でした。
    試合を見ていて、個人的な意見になるのですが、試合感を忘れてしまっていた様な気がしました。実際、後半の試合の方が子ども達も動けていたような気がします。いつもご指導いただいている基本的な練習はとても大切なことだと思いますが、もう少し実践的な練習も大切ではないかと思います。
    練習の際に、ラスト15分か30分は試合をするなど…。練習した内容を実際に公式戦で使うのはなかなか難しいし、試合中どのタイミングで使うのかわからない子も多いかと思います。タックルも、練習で決められた範囲で出来ても、広いコートでは肩を当てるのも難しいかと思います。なら、実践に近い形でした方が、体も自然に慣れてくると思いますし、途中で止めて、こうゆう時はこうする。こう動くなどの指導もわかりやすくていいのかなと思いました。
    今後も、ご指導よろしくお願いいたします。

  2. いつも有難うございます。
    交流戦の後に頂いたボールの効果は絶大で、最近少し低調気味だったラグビー熱が再燃したようです。その後から自宅でパスの練習を再開しています。この事で彼の頭の中にプレーの選択肢が一つ増えたのではないかと思います。フラッシュバルブ記憶といって記憶の前後に何かしらの強いインパクトを与えてあげるとより深い記憶になる典型例なのかなと思っています。何か子供達が覚えて欲しい事をした時にはボールを報酬にしてインパクトを与えてその動作をしっかりと褒めてあげると言うのはとてもいい事なんだなと実感しました。
    これからも宜しくお願い致します。

  3. 15父さん、コメントありがとうございます。
    そうですね。確かに試合前に、紅白戦等の実戦練習が不足している感じがありました。やりたい練習や教えたいことがたくさんあり過ぎて、練習が押してしまったのが原因です。つい時間が押してしまいがちなのも分かっていて、ラダーでは一つの動きは3回まで、とか決めているのですが、それでも紅白戦をする時間が足りなくなってしまいました。なので、試合前の最後の練習は紅白戦主体でどうですか、と提案していたのですが、雨により練習中止。試合当日も1年生コートは下がぐちゃぐちゃで、気分を盛り上げることができないまま試合に臨むことになってしまったように思います。バランスよく練習計画を立てることは大事ですね。
    ところで、見ていていろいろ思うようになったら、そろそろコーチとして参加する時期だと思いますがいかがでしょうか?保護者としても、もうベテランの域に入ってきていると思いますし、コートに入って間近で見ると全然見え方が違いますよ。ラグビーに対する親の理解度と子どもの上達にも明らかに因果関係があるように思いますし。ぜひコーチとしての参加をお待ちしています。

  4. S5父さん、コメントありがとうございます。
    フラッシュバルブ記憶というのですね。確かに、人生において重大な事件があったときに食べたものの匂いや味を鮮明に覚えていて、その匂いを嗅ぐとその時の記憶がフラッシュバックする、なんていう話はよく聞きます。物事の因果関係が解明されてきたのはここ2、300年くらいで、まだそれは人間にとっても遺伝子レベルでは身についていなくて、彗星が見えた時に疫病がはやった、とか土俵に右足から入ったら勝った、なんていう短絡的な結び付けがプログラミングされているので、迷信やらゲン担ぎがなくならないんだ、という話を聞いたことがあります。でもそれをいい方に利用するのは一つの有効な手段ですよね。
     数年前に、Man of the matchを上手に使って盛り上げた学年がありました。今でもその学年はよく前に出ているし、熱心に練習しているし、強いです。
    今の1年生の練習が始まる際に、コーチ陣が集まり1年間の指導方針を話し合いました。その際にも、このMan of the matchを導入してはどうか、という案も出ました。ただ、これをずっと続けていくと、たくさんもらう子と、全然もらえない子がどうしてもできてしまいます。もちろん教育的効果を考えて、もらってない子にも与えるようにするのですが、そうすると判断基準がだんだん訳が分からなくなってきてしまいます。また、子ども達がもう少し理解してくると、今のはパスを出すべきところだったけど、Man of the match狙いで自分でトライを取りにいったよね、なんていうプレイが散見されるようになります。ということで、その学年も現在ではMan of the matchをやめています。1年コーチの会議では、そういう弊害を考えると導入もちょっとためらうよね、という感じになったのですが、今回のTコーチのボール授与はちょっと違っていて、最初から全員に1個ずつあげると宣言しています。不公平は防げるし、使いやすいスポンジボールなので、家でハンドリング練習もしてもらえそうです。合宿で渡した子たちも、本当に大事そうにバスの中でずっとボールを握りしめていました。何か問題が起きるか、効き目がなくなるまではこの制度を続けてみてもいいのではないかという気がしています。
    このように家での子どもの様子などを教えていただけるのはとても参考になります。今後ともよろしくお願いいたします。