カテゴリー: ’19-6年生チーム

1年生 ふれあい広場 交流戦

9/7.みんなの思いがつまった芝生のグランドで1年生は箕面ラグビースクールさんと4試合を元気に走り回りました。箕面の選手たちは低い姿勢でタックルに入るなど見習うべきところが多く、これからも切磋琢磨しながらともに成長して行きたいと思ういいチームでした。対する豊中一年生は14名全員参加で一人一人全力で試合に向かい、今まで見られなかったようないいプレーがたくさん出たナイスゲームだったと思います。
試合前、ボールを持って抜け出た選手に出来るだけ早く助けに行こうと伝え、ゲームに入りました。ゲームの流れを感じ、次はどこへ動くべきかを考えてプレーをして欲しいと思い、そう伝えたのですが、子供達の想像以上のセンスに驚かされる一日でした。
各プレイヤーのレポートはこちらです。

1 カンタロウ 最も試合前に伝えたサポートのプレーが出来ていました。理解力が高く、全体をみてプレー出来ていました。
2 コウダイ ディフェンスを一気に抜き去ったトライは今回のベストトライ。第三試合では、タックルしてすぐに立ち上がり、トライに。第三試合のMVP
3 ユイト 第三試合で繋いで繋いでのトライはいいプレーでした。独走のシーンも多く、大健闘。
4 ヒロト サポートのプレー、繋ぎのプレー、劣勢で始まった第二試合で逆転の原動力でした。第二試合のMVP
6 ユウタ モール内での力強いプレーと、ディフェンスを振り切るスピードと全てのプレーにおいてトップレベルでした。
7 ケイ 第一試合の最初の彼のトライが豊中一年生全員が今日はいけると勇気を与えたプレーでした。その後もトライを量産。第一試合MVP
8 チカラ モールの中での積極的な動きが良かった。ディフェンスにおいても怖がらずに行けていました。
9 ユウノスケ 一人ドライビングモールでくるりと回転しながらのしなやかな動きで、合宿からの好調を維持。第四試合のMVP
10 カイキ モールからの股下から味方へボールを供給するプレーは今回もチームに貢献。
11 タイチ 第四試合で見せてくれた積極的に向かって行く姿が印象的でした。スピードを活かした動きでチームに勢いをつけてくれました。
12 ヒロノリ この日の最も頑張ったプレイヤー。殻を破った、急成長しました。
13 タイヨウ ピンチでのタックルでチームを助けました。勇気を持ったプレーは他のプレイヤーの見本になりました。
14 ヒロユキ 始めての対外試合でしたが、ボールを持って前に出る姿勢は立派でした。次回はトライを目指して走り回ろう。
15 ランタロウ 第一試合でタッチラインに出てしまったプレーからその後の修正でトライを量産。持ち前の運動神経だけでなく、センスが光っていました。

なかでも、3ユイト、9ユウノスケ、12ヒロノリの活躍が印象的でした。みんなでトライを目指すいいチームに向かって行っています。


LINEで送る