カテゴリー: '19-2年生チーム

10/14 2年生の皆さん ➕ ➖ ✖️ ➗ ができるようになりましょう! 

10/14 「豊中市体育の日」イベントととして「ラグビー体験」のコーナーを豊中ラグビーユニオンさんと一緒に実施しました。タグラグビーやゴールキックの体験ができるアトラクションがありました。イベントの横で幼年、1年、2年、3年、4年、中学が練習を行いました。 

今回の体験会は事前にアトラクションを日本協会から貸し出された用具を使っていたので、2年生もアトラクションに連れて行こうと思っておりました。 しかし、昨日ラグビー日本代表がスコットランドに勝利して決勝トーナメントに進出を決めた事、にわかラグビーファンが増えた事、ラグビー体験したい子供が増えた事など気がつけば体験コーナーは人、人、人でいっぱいでした。 タグ体験も予想以上に増え、2年生のタグも全て提供したほどです。

また、いつも毎週毎週色々なアイデアを出してメニューをかんがえておりました。しかし、本日保護者さんと話した時「走るメニュー」が少ないから体力が有り余っているから動きが止まらないでコーチの話を聞かないのでは?という意見を聞きました。確かにそうなんです。このような練習にしていたは理由がありました。それは4月から9月までの天気がかなり暑過ぎ「熱中症が怖くて」どっちかというと練習と練習の間の休暇を多くしていました。

しかし、10月になり気温もぐっと下がりました。保護者さんのご期待に沿えるメニューシフトします。そこで今後の育成重点項目は以下のことをわかりやすく、繰り返し練習に組み込んでいきます。

1)パス&オフロードパス
2)ラン&ステップ
3)チームワーク
4)キック
5)タックル

たくさんやる事があるので自主トレは欠かせませんよ! そこで自主トレで一つすごい話を1つします。
 
これはタカヒロコーチ、ダイチコーチそしてコーチの息子(ユウキ)と同級生で、今は東京の大学で2回生の君たちの先輩の話です。彼が豊中ラグビースクール小学校2年生のとき、彼と彼のお父さんと私の息子と4人で神戸製鋼とワイルドナイツの試合を見に神戸のスタジアムへいきました。試合が終わってスタジアムの横の広場で4人でラグビーをしました。すると彼は君たちと同じように「ボール蹴って!」と言ってきました。最初は今君たちが「蹴って」と言う高さまで蹴っていました。「楽勝、楽勝」と言って軽々キャッチします。するとコーチは少しムキになってもっと高く蹴り上げます。しかし彼はフツーにキャッチします。コーチもこうなったら手加減はしません。フルパワー!でどうや!と大人気ない高さまでボールを蹴り上げました。しかし彼はそれをキャッチしてしまいます。 ここからはコーチはさらにムキになって何十回と高く蹴り上げますが全部とってしまいます。その光景を試合が終わった神戸製鋼の選手も足を止めてみるほどでした。帰るとき彼に何でそんなに上手なん? と聞くと毎日、毎日練習していてボールは毎日500回以上蹴ると決めて自主練習していると言っていました。その証拠に彼が持っていたボールは蹴りすぎてボールのツブツブはすでに無くなってツルツルのボールでした。この話が本当だと思いました。その後の彼は中学でスクール選抜に選ばれ、京都の高校に進学し、全国高校ラグビー選手権で花園に出場し、今は大学選手権9連覇したあの大学でラグビーを続けています。

このように毎日自主トレをする彼は 小学校3年生の時には 

1)パス&オフロードパス
2)ラン&ステップ
3)チームワーク
4)キック
5)タックル  を全て高いレベルでできるようになっていました。

どうです? 君たちはまだ 「トライしかできない」でいいんですか? 「大人サイズのハイパントキック取らなくていいんですか?」 

(あっ いうときますが彼は当然1年生から6年生までずっとこの学年のエースでしたよ。)


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">