カテゴリー: '18-2年生チーム

11/17・18 2年生練習内容

11/17 練習内容 マルチGにて 参加生徒14名指導員5名
11/18 練習内容 豊中3中にて 参加生徒22名指導員7名
練習内容は、両日ともほぼ同じ
1.アクションとランニング
  ラダー+ハードル+ボールピックアップ&ダウンボール2か所復路マーカー6地点にてステップを左右に踏みながらのランニング
2.4人1組ランパス
 ①5mの範囲でのノーマルランパス
 ②4人1組での横の間隔を狭めてのショートランパス
 ③4人1組パス&サポートランパス
 ・ABCD横1列にラインをつくる
 ・AはBにパスするやいなや一番外側に位置するDの外側にサポート次にBはすぐ隣のCにパスし同様に一番外側にサポートし順にC,Dと繰り返す。
 (ポイント)
  丁寧で味方の事を考えた(相手がハンズアップした位置に相手の走るスピードを落とさないよう少し前方に)パスしボールを受ける側はハンズアップし声を出し真直ぐに走りながらキャッチし、すぐ外側の相手のスピードを落とさないよう少し前方にパスしすぐに外側外側に走ってサポートし前方に進んでいく。
  ◎4人の意思疎通がうまく図れないと上手くいきません。誰かがノックオン等のミスを犯しても全員でフォローし合う事が重要です。(声を掛け合う)
3.タックル練習
・顔を上げ相手の腰(お腹)を目がけて自分が一番強く当たれる姿勢(低い姿勢)で次の動きを同時に行う
A) 一歩踏み込んで
B) 肩~胸を相手に当てて
C) しっかりとパックし(手を回して、引く)
D) 次の足を動かし(パワーフット)
E) 相手を必ず倒す
・タックル後はすぐに起き上がり、ボールを取りに行く
4.モール&ピラーの練習
①モールには3名参加して相手を押す、残りの2名はモールの左側と右側に位置する。
(ピラー)モールを組んでいる味方の一番うしろの選手の足の線がオフサイドラインなのでこの位置まで前に出ます。相手側にボールが出たと同時に2名が一緒に前へ出て相手をとめる。(タックルに行く)
②5名が地面に伏せた状態で待ち(AT側のボールがどこにあるかわからない状況でスタート)コーチの笛合図ですぐに起き上がり相手がボールを持って前進するのを止めに入り2名がサポートの位置に入る。その3名でモールを形成し残る2名はモールの左右のピラーの位置にポジショニングし相手にボールが出たら素早く前へ出る。   ③②の状態からコーチ5名がいろんな地点でAtを仕掛けるので、素早く自分自身の役割を認識し(相手に最初に止め入り、モール形成し、ピラーの位置に入るのは誰なのか)全員でタックルに行き相手を止める。
 (ポイント)
このプレーも5名のチームワークが重要です。まず自分自身の役割を素早く認識し位置取りし、仲間に自分の位置を知らせ、位置取りに戸惑って遅れている仲間がいたら大きな声を掛け合い一致団結して前へ前へ出て相手を止める。
5.ミニゲーム
 ・4チームに分かれての試合形式の実践練習
  練習したプレーを実際に積極的に実践する。
  特にポジジョニング、モール&ピラー、タックル

12月16日にマルチGにて兵庫RS、東淀川RSさんを招待しゲームを行います。
6試合組まれています。全員出場です。今年最後の試合です。練習の成果を出し是非勝利
しましょう。

以上    トレンディコーチ記。


LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">