カテゴリー: '18-2年生チーム

大阪府スクール大会 1年生

 大阪府スクール大会がJグリーン堺で行われました。参加者は生徒15名、指導員6名、秋のさわやかな一日でした。対戦結果は次のとおりです。
豊中A対箕面  負け3:8 MOMはT1 担当コーチTK
豊中B対OTJ  負け3:6 MOMはR9 担当コーチKT 
豊中A対天王山・摂津  勝ち5:4 MOMはM10 担当コーチFJ
豊中B対箕面 勝ち8:4 MOMはS2 担当コーチTK
 *MOMはこの試合の最高殊勲選手
 今回はAとBの2チームともにトーナメント1回戦で負けて、2回戦では勝つことができました。4試合の総得トライ数19、総失トライ数22でした。

 1年生は2チームのエントリーだったので、茨木定期線と同じくAとBをそれぞれ前半と後半に分けて編成しました。一人が2ハーフの出場を基本として、10人は3ハーフ出場でした。
Aチーム対箕面戦:前半S8、R9、M10、S12、S13、後半T1、T4、S6、Y14、S16
Aチーム対天・摂戦:前半S8、R9、M10、S12、S16、後半T1、S2、T4、S6、S16
Bチーム対OTJ戦:前半T1、S6、S13、Y14、T15、後半S2、S7、R9、Y11、K19
Bチーム対箕面戦:前半T4、S7、S13、Y14、T15、後半S2、S7、Y11、15、K19

試合の内容についてコーチ達が感じたことを以下にまとめます。
○良かった事
 練習の成果は試合に表れていたと思います。すなわち、
 ボールを持って走りまわること、相手に当たって後ろを向いて味方にパスして何度もつなぐこと、ディフェンスでは横一列に並び1、2、3で前に出ること、相手の突進を止めて押し返してボールを奪うことと出させないこと、相手に抜かれてもあきらめずに追いかけることなどです。また、事前にポジションを決めておいたので良い展開ができました。
 仲間が試合している時、スクールの歌を歌って、拍手して、大きな声で一生懸命に応援ができるようになりました。

○特別な反省点
 特別な反省点は、アタックで相手に捕まってからそのままモールアンプレアブルとなって相手ボールスクラムとなるのが多かったこと。Aの第1試合では相手の一人の選手を止めきれなくて走られたこと。相手のペナルティで豊中の防御の並びが遅くてトライをされたことなどです。

 3週連続で練習日が流れたのが原因か、試合感覚が随分薄れていたと思います。試合の入りを良くするために試合前練習をもっと激しめにやってみたらどうかと思いました。
 
○まとめ
 11月は26日に試合が組まれています。今日の負けた試合ではプレーのひとつずつにおいて相手が少しだけ上でした。逆に勝った試合は豊中が少しずつ速くてうまくて力強かった。どちらも大きな差はありません。ひとつでも多くのトライを取れるように、また、相手のトライをひとつでも防げるように、しっかりと練習をしましょう。
 雨などで練習ができない週は、家庭でジョギングとなわとびを行って体力の維持を、ボールジャグリングなどを行ってボール感覚の維持を、習慣にしましょう。


LINEで送る