カテゴリー: '16-6年生チーム

5年生 11月29日は南丘小学校で練習でした。

11月29日は南丘小学校で練習でした。 今日は女子7人制ラグビーで男子に続き、女子もリオ オリンピック出場が決まりました。ワールドカップでの日本の活躍、7人制も男女揃って五輪出場などこれからラグビーは注目を浴びるスポーツになりました。またトップリーグも今まで強いチームと言われていたチームが負けるなどトップの試合を見に行くのも面白くなっており、見るのも、プレーするのも楽しくなってきました。この良いムードにしっかり乗っていきましょう!

それでは練習です。このチームであまりちゃんとできていないのが ”ストレートパス”です。彼らが1、2年生の頃からスクリューパスをみて、最初は彼らの才能に驚いておりました。この才能ならストレートパスも時期にできるだろうと選手任せにしていましたが、ターゲットに連続してストレートパスを投げれない生徒がほとんどでした。ストレートパスを投げるのに大事な”手首の返し”ができていない生徒さんの多い事多い事!手首が使えないと ”コントロールの精度”と”パススピード”は上がりません。また、次に教えたい ”パンチパス” の導入時期も遅れてしまい、今後の戦術にも影響します。ここでも ”ついでの自主トレ”を皆さんにお願いします。方法はお風呂の中で手首を回してください。例えばお風呂から上がるときに”30”数えながら手首を回し、30できたらお風呂から上がるようにするなど、手首をもっと柔らかくしておいてください。たのみましたよ!

次にハイパントのキャッチです。少年野球でも現在活躍中のT2、ラグビー以外はサッカーをしていたH9以外の ”キャッチング”は非常に危ないです。(半身って前言いましたけど、まだまだ、前向いてます。これでは相手タックラーの餌食となってしまうので ”半身の姿勢で取るようしてください。またハイパントキャッチは姿勢もまずボールの落下地点は自分より前なのか、後ろなのかの判断が遅れており、前でも後ろでも1歩遅れる人、2歩遅れる人、動けなくなる人などバラバラでした。この遅れを直すためにハイパントのキックの特徴をヒントとして書いておきますので参考にしてください。

蹴った瞬間: 自分が予想していたよりも高くボールが上がる場合

1)ボールの回転が縦とか横とかの時は前!

2)スクリュー回転がかかっている時は後ろ!

蹴った瞬間: 低く、そして速い球すじの場合

1)ボールの回転が縦とか横とかの時でも後ろあり(弾道が低ければ前!)

2)スクリュー回転がかかっている時は後ろ!

(上記には ”強風” などの条件は入れてません。あくまでも確率上のことでボールが高く上がっても後ろの場合もあります。)

見分け方 : 半身になって構えた時いつもより低く構え、低い位置から上を見れば前か後ろか?ボールに勢いがあるか?ないか?が判断できます。ぜひお試しあれ!

最後に タックルです。パワーフットとアタリはできてきましたが ”手のパックが弱いです。これも 何かをしながら自主トレとしてお風呂で柔らかい軟式のテニスボールか?小さいこどもお父さんと公園で野球をするときに使う”ふわふわボール”をお風呂の中で両手30回握ってください。これもお風呂に入っているときにできるのでこのために時間は使いません。皆さん宜しくお願いします。

最後に次回の練習はふれあい緑地で行います。そしてその翌週は今年最後の対外試合があります。それまで、今日ここに書いた”お風呂の中での自主トレ”にチャレンジしてください。この中でもパススピードとパスのコントロールが良くならないと来年強いチームとの試合で勝つことが難しくなりますので、エディーJAPANのようにお風呂でハードワーク、学校では階段を、1段または2段飛ばしで登るなど、時間をかけずに自主トレをしてください。 それでは また来週!


LINEで送る