カテゴリー: '15-6年生チーム

第34回北摂大会 豊中5年生チーム

5年生になり9人制なって始めての試合
普段の練習の成果も随所に見られました

パス回しを主体としたプレー
接点での早い展開
声を出すフォロー
相手のディフェンスの状態を見て判断する
ディフェンス時は、相手の動きより素早く動く(気持ちを持つ)

それを実践しようとしていることを、外からも感じられているときは
完全に自分達ペースでの試合運びが出来ていたように思います。

うまく行っているときの感触、そいはプレーしていたメンバー自信が感じていたはず。
その”感じ”をいつも得られるような意識の高いチームになって欲しいと期待しています。

試合結果はしれらの完成度の目安として数字に表れています

第一試合の序盤は先制点を連続で取られました
しかしその後、集中力を高めたことで、更に追加1トライされるも、同点まで返したことは
君達の集中力や判断力が生かされた結果と思います。

第二試合も相手の躊躇なき攻撃に対しても、冷静に判断して、普段の練習を生かせた結果、相手より1トライ上回れたことに現れていると思います。

各自、試合中を思い起こして思うことが沢山あると思います。
次回はそこをなんとか改善させてやろう!と思うことが重要です。
改善方法をみんなで考えて実践できるように練習を重ねましょう。

しっかりがんばっていきましょう!


LINEで送る