カテゴリー: '17-中学生チーム

太陽生命カップ2013全国中学生ラグビーフットボール大会大阪府予選

近畿大学Eキャンパスの人工芝グラウンドで行われた太陽生命カップ2013全国中学生ラグビーフットボール大会大阪府予選に出場しました。

午後から降り出した雨の中、抽選にて決定した1回戦の相手、富田林RSと対戦しました。

富田林のKOでスタート。マイボールをキープし続けるものの、自陣22m地域から前に進むことができない。緊張からか、声も出ず、それぞれに仕事をしているようで、チームとしてのまとまりを欠く中、前半3分、相手ボールから、BK陣が簡単に相手CTBにスワーブを切られ、失点。中央に回り込まれ、コンバージョンも許す。

KOで再開後もなかなか崩せず、逆にまたも自陣ゴール前に貼りつかれる展開に。相手の執拗な密集サイドの攻撃を何度も凌ぐも、密集での立ち位置のオフサイドが続き、前半10分にとうとう失点。

このディフェンスによって、ようやくFW陣が目を覚ます。KOから、相手陣に攻め込み、ペナルティをもらう。ペナルティから最後はWGに入ったMK8につなぎ、前半15分、ゴールポスト右にトライ。

前半終了間際、自陣でペナルティをもらい、前半のうちに追いつくべく攻撃を仕掛けるも、ボールが手につかず、冷や冷やするシーンもしばしば。ターンオーバーもあった中、最後は豊中のノックオンで前半終了。

後半、気を取り直して、臨むものの、後半の先制点はまたも富田林。後半5分にトライを許す。

後半7分、相手陣に少し入ったところで、ペナルティをゲット。タッチに蹴りだし、相手ゴール前でラインアウト。きっちりとキャッチし、モールを形成。これを押し切って、ゴール左隅にトライ。

その後は、一進一退の攻防が続く。何度か富田林WGに外側を抜かれかけるも、FW、BKともによくバッキングアップに帰り、なんとか失点を防ぐ。豊中も何度かラインブレイクをするものの、ビッグゲインに繋がらず。しかし、密集戦でなかなか勝てない豊中は、次第に苦しくなり、富田林のモールをペナルティで止めてしまう。後半16分、ついに富田林にトライを許す。さらに試合終了間際、富田林BKに走られ、万事休す。12-33で初戦敗退となった。

・スコア

豊中RS 富田林RS
前半 後半 前半 後半
1 1 T 2 3
1 0 C 2 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
7 5 14 19

・出場メンバー

PR AY1   HO NM2   PR YT3

LO OK4      LO HS5

SH MK6   SO OA7   CTB KY9   CTB SD11

WG NT11             FB KT12                WG MK8

交代:SD11→YD18(前半、負傷治療一時交代) NM2→KK16(後半6分)

・総評

これまでスクール大会以外の公式戦を戦ったことがないチームだったせいか、試合前から緊張気味で、なかなかエンジンがかかりませんでした。この緊張が原因かはわかりませんが、BKは全体的にディフェンス時に前に上がることができず、簡単に抜かれそうになるシーンが多くありました。また、1対1に弱く、タックルは80%近く外されており、攻撃時もドライブもなく簡単に寝転がるシーンが多く見られました。さらに、FW、BKともに密集戦、特にラックに弱く、両足を揃え、頭を下げ、手だけでボールに絡むシーンばかりで、4月からの取り組みが全く活かされていませんでした。

全く良いところのない試合でしたが、唯一の収穫は、これまで目立っていなかった選手の頑張りです。また、ラインアウトも計算できそうな目処が立ってきました。

今後の練習では、基礎に立ち返り、危険な姿勢をやめ、強い姿勢の作り方を徹底するとともに、密集戦、タックルなど痛い系の練習を重点的に、秋のスクール大会に向けて、チームの再構築をしていきましょう。

最後になりましたが、雨の中、お手伝いいただきました保護者の方、ありがとうございました。また、手伝いにきてくれた1年生、ありがとう。U-15の試合を間近に見れたことは、必ず来年の糧にしましょう。


LINEで送る

太陽生命カップ2013全国中学生ラグビーフットボール大会大阪府予選” への1件のコメント