カテゴリー: '16-6年生チーム

三年生がいいやり方でいい『結果を出す技術』(前篇)

心配事の9割は起こらないと言いながらも降雨中止を覚悟していたスクール大会が晴れ間も覗く天気となり、予定通り6試合を終えることができました。保護者お世話係さん自称「リアル・テルテル坊主」の霊験がここまであらたかとは恐れ入りました。「チーム今でしょ!ノースフェイス」のS14・T18コンビは欠員の出た四年生チームに助っ人として参戦し大活躍だったそうです。今大会は3チーム各9人構成で各2試合行いましたが、生徒たちは、他のチームの試合にも出たいと駄々をこねる始末。どこまで余力を残しているのか計り知れない三年生です。9人制になればサブスティチュート無しでも3チームで試合ができそうです。

今年の結果は4勝2敗。「チーム今でしょ!オリエンタル」のみが完勝し優勝しました。おめでとう!「チーム今でしょ!サザン」も後半残り5分まで3点差で余裕の優勝と高をくくっていたのか、相手チームの波状攻撃を受け表彰台から引き摺り降ろされてしまいました。勝負はノーサイドの笛が鳴るまでわからない恐ろしさを痛感しました。昨夜の楽天×巨人戦で9回、マー君が志願していなければどうなったかわからかったように、稀代の名将は最後まで決して手を抜くことはありませんでした。今後の戦いの教訓としたいと思います。そんな口惜しさと嬉しさがない交ぜになった試合結果は次の通りです。

①大阪中央RS vs サザン:Y3、K8(TC)、H13、K16、Y17(GC)、R21、M23(IC)、T30、K31(H29は妹の発熱で欠席)

マイボールキックオフで本日の試合開始。ゲームキャプテンY17ご指名のキッカーR21が放ったドロップキックが相手ノックオンを誘い、マイボールスクラムからフライハーフK8がそのままスペースに駆け込み先制トライ。オールブラックス不動のファースト・ファイブ・エイス(=スタンドオフ、フライハーフ)ダン・カーターをイメージしたであろう走りはこの後も随所に見られました。開始2分、昨日の練習から変化を見せるR21がヒット直前にスピンしY17に絶妙のパスでトライ。Y17の確実に相手を倒すタックルに次いで、チームサザンのあまちゃんK16も決して甘くないハードタックル(Woman of the Match)で相手に付け入る隙を与えません。R21、Y17、K8が加点し、メンバー不足で6人構成の相手は前半で「じぇじぇ」だったか。後半は、H13から珍しく(?)ナイスパスがY3に通りトライ。Y17のオフロードパスもK8の懐に収まりトライ。前半温存のイメージキャプテン不思議くんM23も追いタックル、ブレイクダウンターンオーバーで自らトライと、蝶のように舞い蜂のように刺すリズムで存在感をアピール。もう一人の後半交代選手には「どんなことがあってもボールを離さず踏ん張ってみ!」と送り出した通り、ニューフェイスK31がモールから抜け出しゴールを陥れようとする力強い走りを見せ、相手に捕まってもボールを離さない忠実なプレーでMan of the Match初受賞!(今度のラグビーノート提出が楽しみです)最後はM23の左隅トライで11-1の大勝利。

②東大阪RS vs ノースフェイス:T2、K4(TC)、S6、H9、S10、S14、R15(IC)、T18、M19(GC)

風下を選択して始まった本日の大一番。ところが試合前にH9が突如体調不良を訴え、いやな予感でキックオフ。開始早々、ノーガードの打ち合いの様相に。激しいタックルの応酬で気持ちが切れた方が負けの我慢の時間。先にタックルを外しトライを献上したのは豊中。その後も打ち合いが3分続き、ここでも我慢しきれず体格のよい相手に左隅を突かれ2点差に。ゲームキャプテンM19(Man of the Match)を先頭にゲインライン突破を何度も試みるも相手の低いタックル、ブレイクダウンへの早い反応でターンオーバーの連続。7分、止めの追加点を許し折り返し。風上に立った後半、交代のT18が果敢にタックル(Man of the Match)で食い下がるも、タックル後の反応の差でターンオーバーを奪えず2点加点され零封のノーサイド(0-5)。高槻RSさんとの再戦は来月に持越し。ブレイクダウンに課題を残す内容となりました。

③交野RS vs  オリエンタル:S1、Y5、H7、J22(GC)、R24、S25(TC)、R26(IC)、K27、E28(K20は発熱のため欠席)

3チームでエントリーすると花園練習Gから多目的競技場へ移動が大変です。保護者の皆様には分担してケアしていただきました。オリエンタル急行は出発から快調な滑り出し。傷心のゲームキャプテンJ22の先制トライから、S1のトライと繋ぎ、E28が聖地花園で初トライを刻印(ダイブし片手で押さえたので危うくノックオンになりそうでしたがトライ認定)。「2年間も待たせやがって(スラムダンク名言集)」のMan of the Match初受賞おめでとう!後半もJ22、S1の連続トライで突き放して(8-0)決勝進出。3本のタックルで鉄壁のディフェンスをしたチームキャプテンS25がMan of the Match受賞。Y5の縦突進は圧巻。ゴール前J22への手渡しパスがスローフォワードとなったのは惜しかった。

④大阪RS vs ノースフェイス

午前中の大敗から修正し臨んだ3位決定戦。相手キックオフから8分間、我慢比べが続いた末、T2がトライラインを越える(Man of the Match)と、M19もモールから左ショートサイドを抜けトライ。後半は、開始早々相手の大型選手に大外を走られトライ献上し1点差。流れが相手チームに変わろうする中で「目立つプレーをして、トライする」とラグビーノートに書いた通り、R15が中央突破の値千金のトライ(Man of the Match)で2点差に。これを口火に、S6、M19、T18が続けざまにトライし6-1で3位確定。

⑤OTJ vs サザン

四年生混成の生駒チームに勝利し決勝進出したOTJとの対戦。ラグビー名門校名を配した相手に前半は、K8(Man of the Match)、K16のトライでリード。後半早々の相手猛攻をトライライン直前で寸止めしたのは空手キッズR21(Man of the Match)。その後、相手のミスキックをチャンスに変えたK8がトライで勝負あったかに思えました。そこで諦めないのがさすが名門校由来のチーム。残り5分で4連続トライはお見事!(3-4)♫いつの日か この場所で 逢えるなら やり直そう


LINEで送る