カテゴリー: お知らせ

平成20年度(2008-2009)U-12ミニラグビー競技規則改定

日本ラグビーフットボール協会からミニラグビー指導者に対しての指針等がアナウンスされています
指導員の方々は、ご一読ください。

=以下、日本協会WEBからの抜粋=

〔はじめに-ミニラグビー指導者の皆様へ〕

1 用具について
プレーヤーの安全を確保するために、用具について以下のように定めます。
(1) スパイクを使用する場合、プレーヤー及び指導者の靴底は非金属製の固定式スタッド及びブレードタイプのものとします。取替え式スタッドの使用は禁止します。
(2) ショルダーパットの使用は禁止します。
(3) マウスガードを使用する場合は、歯科医の監督指導のもとで製作されたものを使用してください。

2 安全対策について
以下の点に留意して、安全に楽しくプレーできる環境を整えてください。
(1) プレーヤーの年齢、体力や発達段階、天候、グランドコンディション等を考慮した練習・試合を計画、実施してください。特に練習や試合での水分補給については十分に注意を払うこと。
(2) タックルやモール、ラック等コンタクトを伴うプレーを指導する際には、学童・幼児の発達段階を踏まえた上でコンタクト時の正しい姿勢を徹底させるとともに、スキル等の指導を十分に行ってください。
(3) 指導者は積極的に安全対策講習に参加するなどして、安全対策への意識を高めるよう心がけること。

3 指導者の態度について
 ミニラグビーは、ラグビーの普及を第一のねらいとして行われるものです。全てのプレーヤーにラグビーの楽しさを体験させてあげてください。そして、たくさんのラグビー好きな子どもたちを育ててください。
(1) 「全てのプレーヤーに全てのスキルを」を念頭に、試合に勝つことだけを目指した練習よりも、ラグビーの魅力を体感できるようなスキルの習得に時間をかけてください。
(2) 指導に当たっては、自分の経験からだけではなく、プレーヤーの年齢や心理的、身体的発達特性を理解した上で、その時期に適した練習方法を計画してください。
(3) 小学生やその保護者にとって、コーチはラグビー精神の具現者です。
○レフリーに対して
○オフィシャルに対して
○全てのプレーヤーに対して
○ラグビーに対して
どのように振る舞うのが正しいのかを態度・行動によって示してください。
*「普及宣言2008」参照。
(4) レフリー、タッチジャッジは、中立的立場であり、どちらのチームに対しても助言等をしてはいけません。但し、危険なプレー、オフサイド等の反則を予防する為の指導は除きます。
(5) ハーフタイムは、ハーフウェイライン付近にとどまるよう努めてください。

競技規定改正の詳細など、続きはこちら


LINEで送る